ダイエットに適した食べものとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

tanpakusituダイエット中だといっても、なにがなんでもカロリーを減らせばいいというわけではあ
りません。
とくにタンパク質はとらなければなりません

タンパク質がないと、やせではなく、衰弱という病気になってしまいます。

ここでは、ダイエットに適した食べものについて詳しく解説します。

ダイエットに良いタンパク質は?

肉類のなかでは、鶏肉、赤身の牛肉つまり肩やももの部分の肉が、脂肪が少なく高タン
パクなので、ダイエットに適しています。niku
霜降り肉のサーロインやバラ肉は、脂肪が多く避けるほうが無難です。

豚肉もカロリーが多いといわれていますが、もも肉やヒレは脂肪分は少なく、ダイエットに適しています。

もタンパク質を多くふくむ食品ですが、たい、ひらめ、かれい、あじなど白身の魚は
脂肪分が少なく、ダイエットにいいようです。
まぐろのトロは脂肪分が多く、避けるべきです。

いか、たこ、貝類は

ika-tako
いか、たこはコレステロールが多いということで敬遠されていますが、100グラム中にふくまれるコレステロールは鶏卵の半分以下で、それほど心配する必要はありません。

それよりも、コレステロールを下げるタウリンというアミノ酸をふくんでいることや、ブドウ糖の腸管吸収を抑制するべタインがあること、さらにカロリーが少ない点で、ダイエットにふさわしい食品です。

低脂肪・低カロリーのあさり、赤貝などの貝類もあります。

ダイエットに良い野菜などに含まれる食物繊維

diet-food野菜類は、低カロリーでしかもビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富にふくんでい
るので、ダイエットには欠かせない食品です。ほうれんそう、白菜、キャベツ、レタスな
どは、100グラムのカロリーが10~25キロカロリーにすぎません。

食物繊維の多い野菜類はよくかまなければ食べることはできませんが、このかむことに重要な意味があります。
かむことで、歯や口腔粘膜(こうこうねんまく)、味蕾(みらい)、咬筋(こうきん)
からの刺激が満腹中枢にいたり、満腹感が早くえられるからです。

食物繊維といえば、これを多くふくむ海藻、きのこ類、こんにゃくは、カロリーが極端
に低いノンカロリー食品であり、ダイエットに大いに利用しなければなりません。kaiso

わかめ、ひじき、あおき、浅草のり、もずくなどは、食物繊維ばかりでなく、カルシウム、カリウム、ヨードなどのミネラルやビタミンAとCを多くふくんでいます。

 

しいたけ、えのきだけ、しめじ、まつたけ、なめこ、きくらげなどのきのこ類も、食物繊維ほかに ビタミンB1・B2、ナイアシンや、紫外線の作用えでビタミンDに変化するエルゴステロールをふくんでいます。

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にとってもメタボ解消は関心が高いで

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。 脂質もとりすぎれ

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

うどんを食べ過ぎると太る?地中海食のパスタは?スパゲティ レシピご紹介

日本は世界に冠たる麹大国です。 多種多様な麺料理がありますが、そば以外はGlが高くて太りやすい

記事を読む

好きなものを食べる ダイエットとは?食べるタイミングと食べ過ぎに注意!

太っている人でダイエットに挫折してしまう理由として、「好きなものが食べられなくなるから」とい

記事を読む

痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした

記事を読む

太らない 体質の作り方|食材の買い物の頻度は?買い物上手なダイエッターは?

太る理由の1つとして食べ過ぎが考えられます。 従って、もしあなたが太らない体質を手にしたいのな

記事を読む

ダイエットでリバウンドするメカニズムは? きれいに 痩せるには?体重維持の方法は?

ダイエットに成功した人の9割はリバウンドしているという事実をご存知ですか? 短期間で体重を減ら

記事を読む

正しい 糖質制限とは?タンパク質の若返り・美肌効果とは?

最近、糖質制限ダイエットなどで、糖質制限を実践する方が増加しています。 ところで、あなたは「糖

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑