肥満予防の食べ方とは?太る食べ方と痩せる食べ方はここが違う!

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。tabekata
わたしたちは、この傾向から学ぶべきことがたくさんあります。
つまり、太っている人の食べ方を教訓にして、肥満を予防するための食べかたを見つけることができるからです。
それが痩せるための食べかたなんです。

ここでは太る食べかたと痩せる食べかたの違いをご紹介することで、肥満予防の食べ方を明らかにします。

太る 食べかたとは?

気晴らし食い

 
まず、「気晴らし食い」です。kibarasigui
これは、おなかがすいたわけでもないのに、ついそばにあるお菓子やくだものに手がのびるという行動です。
間食をすることで、いらいらをしずめ、気晴らしをしているのです。

このような間食がつづくかぎり、やせることはできません。

早食い

太っている人は、一般に食べるのが早い傾向があります。futorutabekata
早く食べると、食べた量におうじた満腹感がえられません。

というのは、ふつう食べものを口でかんでいるあいだに日脛粘膜(こうこうねんまく)、味蕾(みらい)、咬筋(こうきん)などから大脳皮質へ信号が送られ、さらに皮質から空腹中枢を抑制する信号が出されます。

ところが早くのみこむと、この信号が送られるひまがないために、空腹中枢が抑制されない、つまりはたらきっぱなしとなり、いつまでたっても空腹感がなくならないのです。

どか食い

太っている人はよく「どか食い」をします。
朝と昼の食事をぬいて、夕食にどかっと食べたりします。

どか食いが太りやすい理由は、どか食いによって血糖とインスリンの量が急上昇し、脂肪細胞の脂肪合成が高まるからです。

痩せる 食べかたとは?

痩せる食べかたとは、先にあげた太る食べ方を予防する食べかたです。
それは、すなわち肥満予防のための食べ方なんです。

気晴らし食い予防対策

気晴らし食いを予防するには、間食をやめるかあるいは間食しにくい環境にすることです。
どうしても間食をしたくなったら、水やお茶などカロリーのないものを飲んで気を落ちつかせるとか、お菓子やくだものなどを近くにおかないようにする必要があります。

早食い予防対策

早食い予防にはゆっくりよくかんで食べるようにすることです。 yaserutabekata2
ゆっくりかんでいると、食べた量におうじて空腹中枢が抑制され、空腹感がなくなってきます。
一口について30回はかむようにする必要があります。

また、食事の途中で箸をおいてゆっくりかむようにしてみるのもいいでしょう。
食事時間が10分以上になると、血糖やインスリンが上昇し、これらが満腹中枢を刺激して満腹感がでてきます。

よくかみ食事に時間をかけることで、空腹感がなくなり、満腹感がでてくることで食事の量を減らすことが可能になるのです。

どか食い予防対策

どか食いを予防するには複数回に分けて決まった時間に食べることです。yaserutabekata
たとえ一日にとるカロリーは同じであっても、それを3回に分けて食べるほうが、1回で食べるどか食いよりも太らないのです。

3回に分けて食べると、血糖やインスリンの上昇が低くおさえられるので、脂肪の合成も比較的ゆっくりで、肥満を予防できるからです。

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

「甘いものは別腹」の 意味は?別腹の正体とは?食べ過ぎを防ぐには?

お腹がいっぱいでも「甘いものは別腹」とよくいわれます。 これは、どういうことでしょうか?

記事を読む

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした

記事を読む

リバウンドの繰り返しは痩せにくい体に!食べないダイエットの悪影響とは?

ダイエット中は痩せたがダイエットを中断するとまもなく元の体重に戻ってしまった。 このような、いわゆ

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄養学の研究のなかで解明されてき

記事を読む

ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

これまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。

記事を読む

炭水化物が多い 食事は太る?ダブル炭水化物は?とんかつ屋とそば屋では?

あっさりした食事のほうが太らないと思われがちですが、実はそうとは限りません。 あなたは、たとえ

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエネルギー源として動いているので

記事を読む

脂質が肥満の原因?コレステロールで動脈硬化は嘘!糖質オフで脂肪が燃える?

糖質オフ健康法(糖質制限ダイエット)のメリットとして、脂質を食べてもOKであることも挙げられます。

記事を読む

ダイエットで目標体重は必要か?「なりたい自分」をイメージしやる気を継続する方法

ダイエットをする際には、一般的に 「目標体重を持つこと」が大切だとされています。 そのため、「

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑