肥満予防の食べ方とは?太る食べ方と痩せる食べ方はここが違う!

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。tabekata
わたしたちは、この傾向から学ぶべきことがたくさんあります。
つまり、太っている人の食べ方を教訓にして、肥満を予防するための食べかたを見つけることができるからです。
それが痩せるための食べかたなんです。

ここでは太る食べかたと痩せる食べかたの違いをご紹介することで、肥満予防の食べ方を明らかにします。

太る 食べかたとは?

気晴らし食い

 
まず、「気晴らし食い」です。kibarasigui
これは、おなかがすいたわけでもないのに、ついそばにあるお菓子やくだものに手がのびるという行動です。
間食をすることで、いらいらをしずめ、気晴らしをしているのです。

このような間食がつづくかぎり、やせることはできません。

早食い

太っている人は、一般に食べるのが早い傾向があります。futorutabekata
早く食べると、食べた量におうじた満腹感がえられません。

というのは、ふつう食べものを口でかんでいるあいだに日脛粘膜(こうこうねんまく)、味蕾(みらい)、咬筋(こうきん)などから大脳皮質へ信号が送られ、さらに皮質から空腹中枢を抑制する信号が出されます。

ところが早くのみこむと、この信号が送られるひまがないために、空腹中枢が抑制されない、つまりはたらきっぱなしとなり、いつまでたっても空腹感がなくならないのです。

どか食い

太っている人はよく「どか食い」をします。
朝と昼の食事をぬいて、夕食にどかっと食べたりします。

どか食いが太りやすい理由は、どか食いによって血糖とインスリンの量が急上昇し、脂肪細胞の脂肪合成が高まるからです。

痩せる 食べかたとは?

痩せる食べかたとは、先にあげた太る食べ方を予防する食べかたです。
それは、すなわち肥満予防のための食べ方なんです。

気晴らし食い予防対策

気晴らし食いを予防するには、間食をやめるかあるいは間食しにくい環境にすることです。
どうしても間食をしたくなったら、水やお茶などカロリーのないものを飲んで気を落ちつかせるとか、お菓子やくだものなどを近くにおかないようにする必要があります。

早食い予防対策

早食い予防にはゆっくりよくかんで食べるようにすることです。 yaserutabekata2
ゆっくりかんでいると、食べた量におうじて空腹中枢が抑制され、空腹感がなくなってきます。
一口について30回はかむようにする必要があります。

また、食事の途中で箸をおいてゆっくりかむようにしてみるのもいいでしょう。
食事時間が10分以上になると、血糖やインスリンが上昇し、これらが満腹中枢を刺激して満腹感がでてきます。

よくかみ食事に時間をかけることで、空腹感がなくなり、満腹感がでてくることで食事の量を減らすことが可能になるのです。

どか食い予防対策

どか食いを予防するには複数回に分けて決まった時間に食べることです。yaserutabekata
たとえ一日にとるカロリーは同じであっても、それを3回に分けて食べるほうが、1回で食べるどか食いよりも太らないのです。

3回に分けて食べると、血糖やインスリンの上昇が低くおさえられるので、脂肪の合成も比較的ゆっくりで、肥満を予防できるからです。

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑