炭水化物ぬきダイエットでリバウンドの繰り返しを克服!その効果とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

フミカさん 50歳 主婦 身長165㎝

私の肥満歴は小学校2年生の頃からですので、もう40年以上になります。

4人家族の次女で7歳年上の姉は私が中学校の頃に結婚したので、一人っ子同然で育ちました。himan4

食べるものが身近にある環境だったので、小学校6年の頃には身長150㎝体重64㎏にもなりデブと言われいじめられたこともあります。
中、高とバレー部で活動していたのと、母に相談しても、食べないと体を壊すと言って協力もしてもらえず、ダイエットすることはできませんでした。

ここではその後、私が試したさまざまなダイエットの体験をご紹介します。

ダイエットーリバウンドの繰り返し

いつか、みんなから「もうちょっと食べなあかんよ」と言われたいと思い、あらゆるダイエットにチャレンジしてきました。試したダイエットは数知れず、両手で足りないくらいです。

22歳の時身長165㎝、体重70㎏で、ゆでたまごダイエットをしました。
2週間のメニューが決まっていて、1日に朝、昼、夕にゆでたまごを3個ずつ食べます。その他にグレープフルーツやラム肉なども食べられるのですが、これで10キロやせることができましたが、それをやめてしまうとまた徐々に太って体重70㎏に。結局はリバウンドです。

23歳の時、朝、昼は普通に食事をし、仕事終わりにジムに通い、ランニング、プールで運動、夕食はカフェオーレのみというダイエットをしました。
これも見事に成功5キロはやせましたが、仕事が忙しくなり、ジムに行かなくなり、そのうち、またもやリバウンド
dieto3
1つのダイエットで効果はあるものの、その後リバウンドしてしまうので、やせた分以上に太ってしまうことの繰り返しでした。

23歳で結婚し、24歳で第1子、25歳で第2子を出産し、28歳頃からママさんバレーをしていたので、やせてはいませんでしたが、それなりに運動をしていたので、体重の増加はありませんでした。

30歳の時リンゴダイエット、ただリンゴだけを食べるというダイエットでは、リンゴを食べることに疲れてしまい、すぐに挫折。体重の増減もありませんでした。

35歳の時野菜ばかりを食べるダイエットをしましたが、あまり効果が見られず、鳥になった気分になるので、すぐにやめてしまいました。体重の増減もありませんでした。

炭水化物ぬきダイエットの効果とは

炭水化物をぬく食事療法とは

46歳の時には体重82㎏にもなっていましたが、炭水化物をぬく食事療法をしました。
米、麺、パンは食べませんが、野菜、汁物、たんぱく質を取ることで、空腹感はなく、又、肉を食べるとすごく腹持ちも良く、急激に痩せることはありませんが徐々に体重を落とすことができ、食後に襲う睡魔もなく、快調にやせることができました。

yaseta
5キロおとすことができ、リバウンドもなしでした。
現在、炭水化物を完全に抜くことはありませんが、維持できています。

いわゆる糖質制限という部類のダイエットになるのではないかと思います。糖質(炭水化物ー食物繊維)を食べると血糖値を急激に上がり、この時どっと分泌される肥満ホルモンともいわれるインスリンの働きにより余った糖質が脂肪に変換されて体内に蓄積して太るようです。

食べ方 ダイエットで食べる順番にも注意

食べ方にも注意が必要で、まずは野菜、汁物、主菜、そして炭水化物を最後に食べると血糖値の上昇が緩やかで、ダイエット効果があるようです。

また、食前に炭酸水を500ml飲んでから食事をすると、過食することがありません。
脂肪が燃焼するのに水が必要とのことで、これもおすすめです。

 

ストレスをためないダイエット法を選択して継続中

最近、50歳になり80㎏で肥満状態ですが、きれいになるということより、健康でいつまでも動けるように、寝たきりにならないようにということを意識するようになり、偏ったダイエットは怖くてできなくなりました。

最近、続けているのは、深呼吸をする炭水化物はなるべく、控える
野菜、たんぱく質、汁物を必ず食べる。

生姜を入れた野菜スープを作り、代謝を上げるようにしています。

痩せた時の感動はありますが、もともと食べることが好きな私には、甘い物をすべて我慢するということもストレスになるので、食べたい時には食べる。

なるべく、ストレスをためないこともダイエットには必要ではないかと思います。

私は食べても太らない。と言葉にするというのも、効果があるかもしれません。

きっちりより、ざっくりで楽しみながら、続けていけるダイエットを選ぶことが大事ではないかと思います。

 

ダイエットアドバイザーの寸言

若い時から、ダイエットは一生の課題ととらえ、継続しとり組まれている姿勢は素晴らしいですね。いろいろ試し、たどり着いたのが糖質制限食とのこと。
新陳代謝の盛んな若いときや運動をしっかりやっていれば、炭水化物を食べてもOKです。
でも50歳を過ぎると健康や老化対策としても、糖質制限は有効な選択肢と言えるでしょう。
糖質制限もいろいろなやり方がありますが、最近は必要な栄養素をしっかり摂る緩い糖質制限(ロカボ)が、効果があり続けやすいと注目されています。フミカさんの選択は妥当といえるでしょう。

ロカボの参考文献ご紹介
糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ て (幻冬舎新書)

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

イモ類

糖質制限で食べてはいけないものは穀物とイモ類!コンニャクイモはOKとは?

ダイエットに効果的!ということで近年注目されている糖質制限食。 では、糖質制限で食べてはいけな

記事を読む

意識改革ダイエットとは?過食防止の食事は?意識改革の効果は?

brownさん ダイエット実践時の年齢33歳、男、身長170cm 私はシステムエンジニアなので

記事を読む

回転寿司はヘルシーか?健康上の問題点は?ヘルシーな食べ方は?

回転寿司はヘルシーか? いまや寿司は「SUSHI」という国際語になり、欧米ではヘルシーメニューとし

記事を読む

カロリー制限で痩せた!ウォーキングも徹底!リバウンド対策は?

tmさん 41歳女性  専業主婦 41歳になったばかりの一昨年の話です。 健診結果を見て、愕

記事を読む

3大栄養素のエネルギー比率は?日本人は糖質の摂りすぎか?寿司やカレーはOKか?

以前は”異端”とされてきた糖質制限食でしたが、近年、糖尿病治療や糖質制限ダイエットを実践してきた多く

記事を読む

コンビニ食で低カロリー・置き換えダイエット!成功の秘訣は?

okadaytさん 28歳 男性 ダイエットに挑戦したのは私が23歳の時でした。 当時の

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」って

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

炭酸水ダイエットのメリットとデメリット?実践方法は?効果は?

infoさん 26歳、会社員、女性、158センチ 私は最近炭酸水ダイエットを始めました。 炭

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

→もっと見る

PAGE TOP ↑