炭水化物≠糖質:炭水化物抜きが便秘の原因?低糖質ダイエットは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

最近注目されている糖質制限ダイエット。
でも類似の言葉として炭水化物抜きダイエット、低糖質ダイエットという言葉もよく目にします。

これらは同じなのか、違うのか、違うとしたらどこが違うのか?

ここでは、よくある誤解を紹介し正しい糖質制限を理解していただきたいと思い
糖質制限に関連する用語を整理しました。

炭水化物=糖質+食物繊維 とは

さて、栄養の議論で、誤解されるのが「炭水化物」という言葉です。tansuikabutu
じつは、この「炭水化物」は、「食物繊維」と「糖質」を合わせたものです。

炭水化物=糖質+食物繊維」なのです。

従って、「炭水化物ダイエット」とか「炭水化物制限」という言葉と「糖質制限」という言葉には違いがあります。

キノコは「炭水化物」ですが、そのほとんどが食物繊維です。逆に、白米は「炭水化物」とはいえ、糖質がほとんどです。それを同じ分類にするからややこしいことになります。

栄養指導で「炭水化物を60%」というときには、糖質の割合がまるで不明です。
つまり、お米60%でも、キノコ60%でも、同じ「炭水化物60%なのですが」、この2つでは「糖質量」はまったく違うのです。

血糖を上げる唯一の栄養素は、糖質です。食物繊維は食べても血糖値は上がりません。

従って、糖質量が隠された「炭水化物ダイエット」という言葉は不適切といえるでしょう。

なお食品に含まれる糖質量を知って、しっかり糖質をコントロールしましょう。

以下の本は大変わかりやすく参考になりますよ。

炭水化物抜きが便秘の原因って?

ここで、糖質制限と混同されがちな「糖質制限」と「炭水化物抜き」について整理しておきたいと思います。

いずれも高血糖や血糖の激しい上下動を抑えるための食事法であるということは共通しています。
もっとも分かりやすく、ダイエット法として最初に広まったのは、「炭水化物抜き」でした。
しかし炭水化物抜きだと、糖質だけではなく、炭水化物の中に同時に含まれる食物繊維までも抜くことになってしまいます。

食後の血糖値を上げているのは炭水化物の中の糖質だけで、食物繊維はたんばく質や脂質と同じく、一緒に食べることによって、糖質摂取に伴う血糖上昇をなだらかにすることができるということが分かっています。

また、植物繊維は腸内細菌のえさとなるので、腸内細菌の働きによって腸内環境を良くするという大事な働きもあります。

従って、食物繊維は決して控えるべきではないのです。

食物繊維まで食べないことが「炭水化物抜きダイエット」が便秘になりやすい原因なのです。

低糖質ダイエットは糖質制限ダイエットと同じ?

「糖質制限」といえば、食物繊維は制限しないということになるので、より正確性は増すのですが、その一方で「制限」という言葉は、どうしても人にネガティブな印象を与えてしまいます。

制限と言われると身構えてしまう人が多いようで、特に食品メーカーなどではあまり使いたくない用語になり、避けられる傾向にあります。

そこで「低糖質」という言葉に置き換えればいいのではないかという考えが出てきます。
しかし「低糖質」という言葉の正確な定義はありません。

一方、近い言葉で消費者庁が定める「低糖類」という言葉があります。
これは、糖類が食品の重量100グラムあたり5グラム未満であるという定義がなされています。

そもそも、糖類とは糖質の一部を指すものですから
糖類ゼロだからと言って糖質ゼロではないのです。

こうしてみ見てくると糖質制限とは選択肢の広いダイエット法であることが分かりますね。
糖質を制限する程度によって性格が異なります。
目的により使い分けることができます。

糖質制限の定義のいろいろ(参考情報)

●糖質ゼロ食・・・最も強い糖質制限
1食の糖質量は最大で5g未満 しかも1日1食
糖質制限の教祖的存在である釜本先生が推奨
健康長寿目的

糖質制限食・・・江部先生が推奨、さらに下記の3分類している
糖質制限食は1食当たり20g以下の糖質
・スーパー    1日の内3食とも糖質制限食:糖尿病治療目的
・スタンダード  1日の内、夕食と朝と昼のどちらか2食を糖質制限食
・プチ      1日の内、夕食のみを糖質制限食:ダイエット目的

ロカボ・・・緩い糖質制限食
1食当たり20~40gの糖質を1日3食+間食10g
安全性と継続のし易さを強調したもので山田先生が推奨
糖尿病改善、美容、ダイエット、老化予防目的

ケトジェニックダイエット
糖質制限だけダイエットは間違っているとし、タンパク質などの栄養素をしっかり摂る
強い糖質制限で発生するケトン体の働きを強調したもので斎藤先生が推奨
健康的で美しく痩せることができる

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

「朝の太陽の光」が内臓脂肪を減らすってどういうことなのでしょうか? 実は、自律神経の乱れが内臓

記事を読む

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。

記事を読む

40代は太りやすい!よくあるダイエット方法の間違いとは?間違いのまとめ

40代は「太りやすい体」になっている! 40代は働き盛りで忙しい年代ですが、ついてしまった脂肪を早

記事を読む

タンバク質の役割は?不足の 影響は加齢による回復力低下ではないとは?

前回の記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

記事を読む

カロリー理論の嘘とは?カロリーの定義から見える健康常識の嘘とは?

あなたは、「カロリーの収支バランスをマイナスにすること」がダイエットだと思って食事制限をしていません

記事を読む

ケトン体はいつから増加する?ダイエット効果をカロリー制限と比較すると?

今、本屋さんには、さまざまなダイエット方法を紹介する書籍が並んでいます。 しかし、そのほとんど

記事を読む

カロリー制限ダイエットで成功しない理由は脳が食欲をコントロールしているから?  

あなたは おなかがすいたからではなく、脳を満足させるために、食べていませんか? 前回の記事「カ

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

糖質制限ダイエットは危険?有効?そのメリットとデメリットとは?

いま、巷では、従来のカロリー制限ダイエットに比べて効果がある上、続け易いと評判の糖質制限ダイエットが

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パ

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからと

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を2

→もっと見る

PAGE TOP ↑