コレステロール神話の崩壊:悪玉説の嘘を支える利益構造とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

タンパク質や脂質はしっかり食べて痩せるという「糖質制限食」を実践して、メタボ解消に成功した私は、それまでよく耳にしていた従来の常識「コレステロール 悪玉説」を怪しく思うようになりました。
そしていろいろ調べたところこれが誤りであることを確信しました。

ここでは私が、「コレステロール 悪玉説」を誤りであることを確信した理由をご紹介します。

コレステロール=悪は嘘ではないか?

糖質制限に関するいろんな著書を読むと三大栄養素の内、食後、血糖値を上げる栄養素は唯一糖質だけであることが説明されています。

実際、タンパク質や、コレステロールを含む脂質をいくら食べても、食後の血糖値は上がりません。
それは、自己血糖測定で調べれば、容易に自分で確かめられる事実です。

血糖値が上がらなければ、肥満ホルモンと言われるインスリンの分泌も少ないので肥満になることもなく、むしろ、体内の脂肪燃焼に繋がり肥満解消に向かいます。
これも、糖質制限を実践すれば容易にわかることです。

それならば、「コレステロールは体に悪いという」コレステロールってなぜ悪者なんでしょうか?
コレステロール=悪は嘘ではないのか?
これが、私が従来の「コレステロール 悪玉説」に疑問を持った理由です。

コレステロール神話の崩壊|悪玉説とは

コレステロール悪玉説(神話)の背景

著書「ケトン体が人類を救う」で著者宗田哲男先生は
コレステロール悪玉説(神話)はどうしてできたのかが詳しく説明されています。

『1913年、ロシアの病理学者ニコライ・アニチコワが、ウサギにコレステロールを与える実験をおこなったところ、大動脈にコレステロールが付着して動脈硬化が起こったことから、コレステロールが動脈硬化の原因であるとして発表しました。

しかし、その後の研究で、ウサギは草食動物であり、普段はコレステロールなどはまったく摂取しない動物であるため、コレステロールを授与した場合、それがそのまま血中コレステロールを急上昇させてしまうことがわかりました。

一方、人間はそもそも肉食だったと考えられ、普段から肉などを食べてコレステロールを摂取しており、摂取量に応じて体内で合成する量を調節し、コレステロール値を一定に保つ仕組みができているため、ウサギの実験がそのまま当てはまるわけではないことがわかっています。

100年前の低レベルな動物実験の結果を、検証することなくそのまま信用した最初の 「コレステロール悪玉説」が間違いなのですが、じつは、間違いだとわかってからも、薬の販売や普及での利権とつながっていますから、修正が効かない状況に陥っていたのでした。
コレステロールのとりすぎが健康に悪いと言われ始めたのは1960年くらいからです。
まだそのころは、「コレステロール」 という言葉もあまり知られていなかったのですが、洋食が増えて、動物性の油をとるようになったので、注意が必要だというまことしやかな話が出てきて、脂身の肉や、コレステロールを多く含む卵などは、健康によくないと言われるようになったのです。』

そういえば、少し前までは我が家でも、コレステロールが高いから玉子は1日にひとつまで、脂身の多い豚肉は避け、ヘルシーな鶏のササミがよいなどと言われていましたが、これは、「コレステロール悪玉説」を耳にしていたからですね。

コレステロールの評価の変遷|悪⇒善へ

さらに、宗田先生は著書のコレステロールの評価の変遷を次のように説明されています。

『一方で、コレステロールの研究が進んでくると、1990年ごろから、それまで血管に血栓などを作ると考えられていたコレステロールが、じつは損傷した血管を修復していることがわかり、コレステロールを 「善玉」 (HDLコレステロール)と「悪玉」(LDLコレステロール)の2種類に分けて評価するようになりました。
しかし、最近では、この「善玉」と「悪玉」の区別もおかしい、と言われており、LDL(悪玉)が多くても死亡率に変化はなく、逆にLDLが低すぎると死亡率が上がる、ということもわかっています。

東海大学名誉教授の大櫛陽一先生によれば、細胞にコレステロールを運ぶのがLDLで、古くなった細胞からコレステロールを肝臓に戻す役割をしているのがHDLで、その両方が必要だとしています。akudama

また、コレステロールの8割は体内で合成されており、食事の種類を変えても体内のコレステロール量は変化がないことがわかっており、また、コレステロールが減るとがんや認知症の発病率が跳ね上がる可能性も示唆され、「コレステロールは悪」から「コレステロールは必須なものつまり善」に変わってきているのです。

しかし、コレステロール降下薬の売り上げは3000億円とも言われ、莫大な利益を生む構造があるため、「コレステロール悪玉説」 の否定は大きく遅れてしまったのでした。』

コレステロール悪玉説の嘘を支える利益構造とは

前述したことは要するに「コレステロールは悪」どころか「コレステロールは必須なもの」であることはわかっているのに莫大な利益を生む構造のため、今も「コレステロールは悪玉説」が生き残っているとの主張です。

かって、大手製薬会社でSEの仕事をしたことのある私にはこの状況はよく理解できます。

新薬開発のため莫大な研究開発費を使う製薬会社のお客は、開発された新薬を使ってくれる病院やお医者さんです。新薬売込みのため、莫大なお金が販売促進費として病院やお医者さんに流れます。

一方、病院やお医者はその販売促進費により、薬を使う治療をすればするほど儲かる仕組みになっています。

また、製薬会社は医者の治療方針に大きな影響力をもつ各種の○○学会の偉い先生のスポンサーにもなっていますし、政界にも政治献金により影響力があるでしょう。

日本動脈硬化学会が「コレステロールは悪玉説」を否定したがらない理由もこのへんにありそうです。

この話は、糖質制限食で薬なしで容易に患者の糖尿病病が改善してしまうと困ってしまう日本糖尿病学会などの組織の構造と同じでしょう。諸外国でもこの傾向はありますが我が国の「組織が1度決めたものは変えにくいという体質」には特に根深い利益の構造があるようです。

このような利益構造の下では善良なお医者さんがたとえ事実を知っていても、従来の常識「コレステロール悪玉説」を否定するのは勇気がいることなのです。

しかも、日本動脈硬化学会は、今でも脂質異常症の人はこれからも食事ではコレステロールは取らないようにすべきだとしているのです。
要するに、今までの誤った指導方針を急に変えることはできないのです。

まとめ

abata_5
 

結論:“コレステロールは体に悪い”は嘘だった
注意点:問題はコレステロール値が高いことではありません。オメガ3(魚油やアマニ油、シソ油、動物性脂肪などに含まれる)とオメガ6(紅花油、コーン油、大豆油、菜種油などの植物油)の比率です。
理想は「オメガ3:オメガ6=1:4(1:2という説もあり)」ですが日本人はオメガ6の摂取量が非常に多く1:8、人によってはなんと1:40になっているそうです。ですから、オメガ3を増やしてオメガ6を控えるのが良いのです。

 

 
スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

3大栄養素のエネルギー比率は?日本人は糖質の摂りすぎか?寿司やカレーはOKか?

以前は”異端”とされてきた糖質制限食でしたが、近年、糖尿病治療や糖質制限ダイエットを実践してきた多く

記事を読む

リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

前回の記事では、糖質制限では従来からの常識、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂

記事を読む

ケトジェニックダイエットとは?4つのルールとは?効果は?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方によってはデメリットもあります。

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

美禅食で置き換えダイエット!その効果は?食事制限ダイエットはもう古い?

ダイエットのための補助食品って、TV通販などの宣伝のせいか利用する人が増えてきています。 でも

記事を読む

食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう!

腸をスッキリさせるためには、食物繊維は欠かせません。 以前の記事 食物繊維の多い食品にダ

記事を読む

必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

今 注目されているケトジェニックダイエットやケトン体食事法では、糖質摂取を控えるとともに、たんぱく質

記事を読む

カロリー制限で体重が減らない理由は?栄養不足による現代型栄養失調とは?

ダイエットと聞いてまず思い浮かべるのが「カロリー制限」ではないでしょうか。 「ダイエットにはカ

記事を読む

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

ケトン体はいつから増加する?ダイエット効果をカロリー制限と比較すると?

今、本屋さんには、さまざまなダイエット方法を紹介する書籍が並んでいます。 しかし、そのほとんど

記事を読む

牛乳は飲み方次第で骨を弱くする!?おすすめの飲み方は?摂取の適量とは?

前回の記事: 牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも

牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも摂取できないとは?

牛乳神話の崩壊とは? 牛乳神話とは 「牛乳やヨーグルトなどの乳製品

揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機

飲み会続きには「腸を強くするメニュー」がおすすめ!納豆や酢の健康効果とは?

忘年会、新年会、送別会、新人歓迎会、同窓会、…など 仕事上のつき

大豆の健康&ダイエット効果に注目!イソフラボンが女性をきれいにするとは?

日本では昔から豆腐、みそ、納豆など、大豆を原料とした食品がよく食べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑