カロリー制限&糖質制限+運動でダイエット!その方法って正しいか?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

2chipさん 38歳 専業主婦 女性 身長160cm

健康診断で悪玉コレステロール値が高く出てしまいました。

自分としては、普段生活していて特に体調の不調を感じたことがなかったため、とてもびっくりしました。
yojigatahiman
そうはいっても、30代後半から中年太りが加速していることも事実でした。

若い頃は好きなものを好きなだけ食べても日常生活の中でそれがきちんと消費されていたせいか、全く太らなかったのに気づけば体重77kgの見事なメタボ体型になっていたのです。

ここでは、医師に勧められて取り組んだ、私のダイエット体験をご紹介します。

ダイエットの方法|医師に勧められた方法は?

医師からは健康のためにダイエットを勧められました。
私自身は、おしゃれにも興味を失くして自分自身を諦めているようなところがあったのですが、これをきっかけに頑張ってみようと思いました。

とはいえ、実はこれまでも何度かふと思い立ってダイエットしてみたものの、短期間でリバウンドを繰り返しています。
そのため、どのような方法でダイエットしたらよいのか自分では分かりませんでした。
そこで先生に相談をしながらダイエットに励むことにしたのです。

医師に勧められたダイエット方法はカロリー制限と糖質制限を併用するものでした。

 

カロリー制限&糖質制限の食事療法とは?

まず、日ごろの食事内容の見直しをするため、一週間の食事メニューを写真に撮影して医師に見せたところ、肥満の原因は脂肪と糖質の過剰摂取であると指摘されました。

そのため、3か月のダイエット中指導された食事療法はカロリー制限と糖質制限(炭水化物)を併用するものでした。その要点はつぎのとおり。

1.コレステロールの高い食品(魚卵・鶏卵など)を摂らない(カロリー制限)、
2.夕食には炭水化物を摂らない(糖質制限)、
3.野菜中心で揚げ物を控える(カロリー制限)
puti
夜に炭水化物を全く摂らないということは、最初はかなり抵抗がありました。
いくら食べてもお腹いっぱいにならないという感覚があり、ついおかずを食べ過ぎてしまうこともありました。
やはりこれまで満腹になるまで食べていた習慣が抜けきれず、腹八分目を守れなかったのです。

先生に相談したところ、最初は満腹感を感じるまで食べても良いと言われました。
ただし、満腹感を出すために沢山食べても良いのは、糖分の少ない野菜類のみという注意を受けました。
そのため、キャベツ・もやし・海藻類など、色々なかさ増し用の野菜が食卓にならぶようになりました。
また、脂肪燃焼効果のあるトマトを使った、野菜スープを作って胃を温めることで満足感を得るなどの工夫をしました。

カロリー制限は運動も必須なダイエット法!

運動は苦手だったのですが、「少しでも体を動かす努力はしてください」と医師に言われていました。aruku2
そのため、脂肪燃焼効果を狙って一日おきに一時間程度のウォーキングをしました

ゆっくり一時間ほどかけて4キロほどの道のりを歩くようにしましたが、息切れすることなく楽に続けることが出来ました。

日ごろ、家事以外は自宅でゴロゴロしていた私ですが、外に出ることによって、散歩中に色々な人と挨拶やおしゃべりをすることが気分転換になり、これがストレス解消になりました。

また、身なりにも気を配るようになりました。

 

ダイエット成功の秘訣とは?

このような生活を3か月続けて、悪玉コレステロール値は、147mg/dLから正常値の83mg/dLまで下がりました。

体重は77kgから12kg落ちて65kg、腹囲は10cmサイズダウンしました。tabekata

今はコレステロールを多く含む魚卵・鶏卵などの食事制限が解けましたが、

飯の炭水化物を摂らないことと、2日に一度のウォーキングは続けています。

そのためリバウンドはありません

こうして痩せてみて実感したことは、膝の痛みや腰痛がなくなったこと、以前よりも食事量が減ってもストレスを感じなくなったこと、階段の上り下りで息切れしなくなったことなど色々です。
bihada
また、これまで着ていたチュニックのような服がダボダボになり、スカートやパンツも全て買い替える必要が出てきました。痛い出費ではありますが、自由におしゃれを楽しめる自分に嬉しい悲鳴を上げているところです。

焦らずゆっくりと時間をかけて続ければ、ここまで効果が出るということが分かった今、ダイエットが楽しくて仕方ありません。

成功の秘訣は、痩せた時にしたいこと(おしゃれ等)をいくつかイメージして、それを現実にしようと前向きに頑張る気持ちを保つことだと思います。

 

ダイエットアドバイザーの寸評

abata_5

本件の成功の秘訣は2chipさんの痩せた時をイメージして前向きに頑張ったことでしょう。
でも、ここ10年栄養学に関する常識が真逆に変化している点に注意する必要があります。この医師の指導内容は旧来の常識に従ったものでしょう。
医師だからと言って、最近の栄養学の変化を理解されているとは限りません。
できるだけ、最近の科学的な知見に基づいて自分のダイエット方法を見直す必要があると思われます。

今回のケースでは新しい栄養学の常識によると
・コレステロール悪玉説や脂質悪玉説は否定されています。
・糖質制限ではカロリーの制限は不要(常識の範囲で)
・むしろタンパク質と脂質(特にオメガ3系)はしっかりとる。
・食物繊維、ビタミン、ミネラルはたっぷり摂る。 など
一般に、若いときはカロリー制限+運動も効果的でしょうが中高年になれば糖質制限の方がダイエット効果が大きいと言われています。
本体験談では狙いや考え方の異なるカロリー制限と糖質制限が併用されていますので本来の糖質制限の効果が出ていないかもしれません
以下の参考文献をお薦めします。

 

 

 

食物繊維、ミネラル等の必須栄養素を摂るために
糖質制限中の私が継続して利用している補助食品はこれです。
↓ ↓クリック ↓ ↓
 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ジュースダイエット失敗!その後病院での流動食のみで痩せた!

takachiさん 45歳女性 地方公務員 私は35歳の時、薬局で購入したジュースを飲んで48時間

記事を読む

 ケトン体の健康効果は?「ケトン体が増えると危険」の誤解とは?

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。

記事を読む

糖質制限ダイエットの リバウンド理由は?糖質過剰摂取の症状は?注意点は?

ご飯、パン、麺類、砂糖などの「糖質」をできるだけ控えて、肉、魚、豆腐などから「たんぱく質」と「脂質」

記事を読む

酵素ドリンクとむくみサプリで痩せた?その飲み方と効果は?

baldinaさん 55歳女性、フォトジャーナリスト、身長158センチ。 食べ過ぎから太り始め

記事を読む

3大栄養素のエネルギー比率は?日本人は糖質の摂りすぎか?寿司やカレーはOKか?

以前は”異端”とされてきた糖質制限食でしたが、近年、糖尿病治療や糖質制限ダイエットを実践してきた多く

記事を読む

タンバク質の役割は?不足の 影響は加齢による回復力低下ではないとは?

前回の記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

記事を読む

脂質・脂肪酸の種類と働きは?構造は?「脂質を食べたら太る」は大きな誤解とは?

脂質は太るもの、体に悪いものという一部間違った情報がひとり歩きしてきましたが、近年、オメガ3などの良

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

ハンバーガー+ポテトのカロリーは?+マヨネーズなら?ヘルシー対策は?

ファストフードの代名詞といえば、ハンバーガーでしょう。 安い値段も手伝って、食欲旺盛な若い人に

記事を読む

ダイエット法のおすすめは置き換え ダイエット!採用した補助食品は?効果は?

mana_mさん ダイエット開始時22歳 OL 身長 163CM ダイエットを始めたのは、体重

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パ

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからと

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を2

→もっと見る

PAGE TOP ↑