日本人の死因 ランキングは?メタボリックドミノとは?メタボ患者数は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

なぜ、ダイエットが必要なのでしょうか?yojigatahiman
それは、肥満が見た目がかっこ悪いだけでなく健康に重大な悪影響があるからです。

そこで、ここでは、ダイエットの基本として、日本人の肥満の状況や、肥満による健康への影響を概観します。
まず、日本人の現状の死因のランキングを確認した上で、メタボリックドミノ図により、肥満が及ぼす健康への影響、具体的な病名とその患者数を確認します。

日本人の死因 ランキングは?

今、日本人の死因ランキングは、1位 がん、2位 心臓病、3位 脳卒中となっています。sin
つまり、がん・心臓病・脳卒中の3つが日本人の死につながる主な病なのです。

2013年に日本糖尿病学会と日本癌学会が合同委員会作り、糖尿病とがんに関する因果関係について報告を行いました。
その結果、糖尿病患者の中で様々なガンが増えていることが明らかになりました。

かっては成人病と呼ばれていた生活習慣病とは、食事、運動、喫煙、飲酒など、日々の生活習慣が発症や進行に関与する病気の総称です。

現在の社会では、生活習慣病の増加が非常に大きな問題になっています。高齢者になるほど頻繁に病院にかかり、多大な医療費がかかるようになりますが、その大半が生活習慣病によるものです。

一口に生活習慣病といっても様々な病気がありますが、糖尿病と高血圧と脂質異常症の3つが8割がたを占めると言われています。そしてこの3つの疾患は全く無関係の独立した病気かというと、実はそうではないと言うこともわかっています。

メタボリックドミノとは?

metabo1上の画像は慶応技術大学の伊藤裕教授が、 10年ほど前に作成した生活習慣を原因として起こる様々な問題を示した「メタボリックドミノ」という概念図です。

これを見ると、生活習慣を元にしてまず肥満が起こり、その下流で血糖・血圧・脂質の異常が、ちょうど三つ子のように起こっていることがわかります。
この段階のことを、メタボリックシンドロームと呼んでいます。
そこから、さらに下ると糖尿病があり、糖尿病からさらに下がってきて透析、失明、足の切断、脳卒中、認知症など、いろいろなことが起こっています。

メタボリックドミノの頭の1番上流に、生活習慣と書かれていることからもわかるように、過食や運動不足という日々のちょっとした悪しき習慣による肥満が、ドミノ倒しのもっとも根っこの部分にあるのです。

メタボの患者数は?

そして生活習慣をきっかけに始まったドミノ倒しが、中流に来てメタボリックシンドロームの段階になります。himan現在の日本では実に数多くの人がメタボリックシンドロームに悩まされているという現実があります。

その患者数の内訳は、血圧異常者4,000万人、血糖異常者2,000万人、脂質異常者1,400万人と言われています。

このうち例えば糖尿病に限定すると、だいたい日本人の6人1人は血糖異常者、40歳以上に限定したらおおよそ3人に1人の割合となります。

そして糖尿病の増加は日本だけの問題ではありません。
2006年、国連が糖尿病撲滅に向けての決議を行いました。

合言葉は Unite for Diabetes。
糖尿病のために一致団結しなければ世界が滅ぶされてしまう」という決意が込められています。

糖尿病増加の問題は世界のほぼ全ての国で同じような状況により国際的な課題となっているです。

 

 

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからといって、朝食を抜く人がいます。

記事を読む

「もったいない」が太るもと!食べる量を減らすには?残す マナーとは?

「もったいない」が太るもと!とは 食べ物を粗末にしてはいけません。 しかし、もったいなからと

記事を読む

ダイエットの停滞期っていつ? なぜ来る?脱出の方法は?

ダイエットを実践したあなたは、こんな経験はないだろうか? 開始した当初は順調に体重が減るのに、

記事を読む

糖質制限のダイエット 効果は?体脂肪が減る理由は?インスリンが脂肪分解を抑制する? 

近年、糖質制限のダイエット効果を示すエビデンス(科学的根拠)が内外で発表され、注目されています。

記事を読む

ダイエットで目標体重は必要か?「なりたい自分」をイメージしやる気を継続する方法

ダイエットをする際には、一般的に 「目標体重を持つこと」が大切だとされています。 そのため、「

記事を読む

痩せるための食品とは?肥満の原因は脂肪細胞?高タンパクは太らない?

食品の消化・吸収は、ダイエットにとってたいへん重要なことです。 ダイエットで、痩せるためにはどんな

記事を読む

お酒のカロリーで太る?アルコールの適量は?飲み過ぎを予防するには?

お酒は「エンプティ・カロリーだから太らない」という説を信じている人がいます。 ところが、エンプ

記事を読む

ストレスに強い人とは? ストレスの解消法は?ストレス対策に効くサプリとは?

既にご紹介しました記事、 ⇒ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

記事を読む

ご飯のカロリーは?食べ過ぎると?玄米で便秘解消できる?

「お米は世界でも類を見ないほどおいしい主食だ」といわれています。 たとえば、焼きノリだけでもお

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑