意識改革ダイエットとは?過食防止の食事は?意識改革の効果は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

brownさん ダイエット実践時の年齢33歳、男、身長170cm

onaka私はシステムエンジニアなので、通勤以外は基本、椅子に座りっぱなしです。

慢性的な運動不足で夜は飲み会に参加することが多い。

年齢的なこともあってか、お腹まわりの脂肪がなかなかとれず、

服を着た上からでもお腹のぜい肉がわかるようになってきたため、ダイエットしようと決意しました。

ここでは、そんな私のダイエット体験をご紹介します。

意識改革するだけダイエットとは?

これまでの意識を変えるだけ

いろいろなダイエット方法を調べたのですが、
私が実践したダイエット方法は食事制限とちょっとした意識改善をするだけです。

だから、誰にでも簡単にできます。

好きなものは食べたい、運動はしたくない、運動したいけど時間が無い、そんな人にお勧めです

私が実践したのは「これまでの意識を変える」ことに重点を置いたダイエットです。

食事に対する意識改革は?

では食事に対する意識改革ですが、まず、きっちり三食食べるという意識を変えました。

単純に三食食べると食べすぎだと気づいたからです。

スポーツ選手や体を動かす仕事の方なら、当然たくさんのエネルギーを使うわけですから、その分食べないとだめですが、私のようなデスクワークの場合、通勤時以外はほとんど動きません。
そんな私が、体を使う方々と同様の食事をすれば、当然、太るわけです。

それでは、どんな食事にしたらよいのでしょうか?

過食防止のための食事とは?

カロリーも糖質も特に意識せずに、基本は食べる量を減らすことに重点をおいてます
できるなら、腹8分目程度にします。
カロリーも糖質も押さえた方が良いですが、野菜中心の食事であれば、どちらもそれほど気にせずとも大丈夫です。

では、具体的にどのような食事制限をしたかというと、

  • 朝食は果物やヨーグルト。
  • 昼食は食べないか、サラダなど軽食程度。
  • 夕食はしっかり食べますが、できるだけ野菜中心。
夕食のメニュー例
・主食はお米(できれば玄米)を夕食のみ食べます。
私の場合は白米に玄米を混ぜてお茶碗一杯。
・おかずは、肉よりも魚、野菜を多めに。お味噌汁も良いです。
  • 間食はとらないほうが良いですが、食べてもクッキーなどを数枚程度。

食事に関してはこれだけです。

意識改革するだけダイエットってなにを意識する?

空腹による恩恵を意識する

最初は空腹に耐えられず食べてしまうかもしれませんが、実は空腹時にはダイエットに効果的なホルモンが分泌されたり、アンチエイジングに効果的な成長ホルモンが分泌されたり、集中力が増したりと、空腹による恩恵がかなりあるらしいのです。

この空腹による恩恵を意識すると、空腹も楽しめるようになりました。
ぐぅ~とお腹が鳴るのが嬉しくなります。

「三食食べるのが当たり前」の意識を変える

朝食、昼食、夕食と三食食べるのが当たり前になっていますが、そもそも、お腹が減っていないのに食べる必要はありません。

また、食材によってはエネルギーに変る効率が悪いものもありますから、単純に「食べる」という事への意識を変えるのも良いと思います。

食べ合わせを意識する

食べ合わせによっては、栄養効果が増したり、逆に食べ合わせが悪いと体調を崩したりすることもあるようなので、こういったことも意識して食事すると、さらに良いと思います。

痩せたい部分を意識する

そして、次にやることは痩せたい部分(部位)を意識する事です。

私の場合、お腹まわりが気になっているので腹筋を意識しました。

具体的にどうするかというと、
例えば通勤時、腹筋に少し力を入れ引き締めるよう意識しながら歩いたり、
デスクワーク中も通勤時と同様に腹筋、特に下腹あたりを上に持ち上げるよう意識するだけです。
ずっと意識しておくのは大変なので、最初は気づいた時で良いと思います。

腹式呼吸を意識する

それと、お勧めは腹式呼吸です。fukusiki

やり方は、背筋をピンと伸ばして鼻から息を吸って口から吐く、吸う時はお腹を膨らませ、吐くときはお腹を凹ますイメージでゆっくり息を吐き出します。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくると意識しなくても自然とできるようになります。

デスクワークをしていると、姿勢が悪くなっていたり、呼吸が浅くなっている事が多くなっていると思います。

これが、ストレスを増やす要因にもなるようです。

腹式呼吸の効果とは
腹式呼吸をするだけで、姿勢も良くなり、酸素を多く取り込んで血行を促進させたり、集中力が増したり、リラックス効果があったりと、いろんな効果が期待できます。 さらに、横隔膜をしっかりと動かす事によって内臓の血行、新陳代謝が良くなり、結果、内臓脂肪を燃焼させてくれます。

意識改革のダイエット効果とは?

dietbaこういった事を1ヶ月ほど続けた頃には、お腹まわりの脂肪も気にならなくなりました。
そして体重は59kgから56kgくらいまで3キロ落ちました

さらに、食事を減らした事によって、体調もよくなりました。

朝の目覚めが良くなり、倦怠感や疲労感もかなり取れ、肌の調子も良くなりました。

 

しかし、気を抜いて元の生活に戻ってしまうと、あっという間にお腹まわりが元に戻ってしまいます。

ですので、日々の習慣として意識するよう心掛けています。

以上のように、ちょっとした意識改革を継続して習慣化することがこのダイエット成功のポイントなんです。

ダイエットアドバイザーの寸言

ダイエットはまず、食事療法、次に運動というのが常識ですが、実はメンタル面の意識を変えることも大変重要です。
brownさんの意識改革ダイエットはそこに注目したもので、「これまで意識を変える」だけでだれでも簡単にできるものですね。
なお、朝食や昼食を食べないことで栄養面で心配な場合は、適切な健康補助食品やサプリを用いればよいでしょう。
そして、ダイエット成功の鍵となるリバウンド防止の最善策はダイエットを継続することですが、brownさんは意識改革を習慣化することで、これを実現されようとしていますね。

なお、私が使用している健康補助食品は「すっきりフルーツ青汁」ですが以下の記事も参考になるでしょう。

「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

 

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

プチ断食ダイエット|1日1食ダイエットの方法と効果とは?

nautari11さん 49歳 男性 ライター 私は一年前に1日1食断食ダイエットに挑戦しまし

記事を読む

置き換えダイエット選択理由は簡単だから?その方法と効果は?

7015kkさん 45歳、女性 会社員 私がダイエットを行ったのは、30歳の時です。 その時

記事を読む

ファスティングダイエットは継続することこそ成功への近道!

iolilyさん 21才 女性 学生 3日間で四キロの減量 大抵の女性にとってダイエットは永遠

記事を読む

肥満の原因はカロリーオーバー?おかゆダイエットで8kg痩せた!

hushashさん 23歳女性 OL 社会人になって2年の23歳の時、私は10Kg体重が増えて

記事を読む

カロリー制限で痩せた!ウォーキングも徹底!リバウンド対策は?

tmさん 41歳女性  専業主婦 41歳になったばかりの一昨年の話です。 健診結果を見て、愕

記事を読む

ココナッツオイル ダイエットのやり方は?痩せない?効果は?

abeji10さん 38歳、専業主婦、身長は165㎝ 私は3年前に子どもを妊娠、出産しました。

記事を読む

炭水化物ぬきダイエットでリバウンドの繰り返しを克服!その効果とは?

フミカさん 50歳 主婦 身長165㎝ 私の肥満歴は小学校2年生の頃からですので、もう40年以

記事を読む

ベルタ酵素ダイエットの効果は?口コミは?置き換えのやり方は?

体重が気になっている、私(23歳、女性。職業は事務職。身長150センチ。)が、ベルタ酵素でダイエット

記事を読む

クレンジング酵素0 ダイエットで痩せた?購入方法や置き換え方は?効果は?

miitaさん 25歳、会社員、女、身長157センチ 恥ずかしい話、太りすぎが原因で自分を律し

記事を読む

ファスティング 体験談!ジュースを飲むだけでOKのプチ断食とは?

yukoさん 32歳 女性 プロ野球選手やボクサーなどのスポーツ選手から、絶大の信頼を得ている

記事を読む

免疫力を上げる 酵素生活とは?酵素の種類と働きは?酵素不足の症状は?

今、酵素がブームとなっています。 私たちの休の中には、必ず酵素が

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

→もっと見る

PAGE TOP ↑