3大栄養素の比率は妥当か?糖質は必須栄養素?糖質過剰は危険?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ヒトを含む、すべての動物は血液中の栄養素をエネルギーに変えて燃焼させながら生きています。
従来はその栄養素の中で最も重要なのがブドウ糖といわれていました。これはタンパク質や脂肪と違い、すぐに燃やすことができて、燃えかすを残さないクリーンなエネルギー源だからだそうです。
でも糖質って本当に必須な栄養素なのでしょうか?糖質の取り過ぎは太るので危険ではないのでしょうか?
ここでは、これらの疑問を検証します。

3大栄養素の現状の比率は妥当か?

eiyohiritu現代の栄養学では、摂取カロリーから計算した3大栄養素の好ましい摂取比率として、炭水化物は60~65%、脂肪は20~25%、たんばく質は10~20%という数値割合が提唱されています。

しかし、この比率の科学的根拠はどこにもありません

人間は生理的には肉食動物に近い性質をもっているので、植物由来の炭水化物を中心とする、糖質の多い食事を推奨する方向性には、むしろ科学的根拠が乏しいと考えるほうが自然です。
トラやライオンのような生態系において上位の野生肉食動物では、摂取栄養素のほとんどがたんばく質と脂肪であり、糖質は極めて少ないことがわかっています。

糖質をほとんど摂取しなくても、肉食動物にとってはまったく健康上の問題はおきません。
この事実は、肉食動物はもちろん、肉食動物に近い性質をもつ人間にとっても、糖質は必須栄養素ではないことを示唆しています。

糖質って必須栄養素?

人間が生命維持するために必須の栄養素は、水、必須アミノ酸(たんばく質)、必須脂肪酸 (脂肪)、ビタミン、ミネラルなどということになっています。

つまり、糖質は必須栄養素のリストの中に入っていないのです。
もちろん、脂質やたんばく質に比べて、糖質は少ない酸素消費量でエネルギーを生み出すことができるため、エネルギー源として役には立っています。
しかし、脂肪やアミノ酸は糖質の代わりとしてエネルギー源となれますし、肝臓での糖新生によって、必要なブドウ糖は生み出せますので、仮に糖質を食事から外してしまっても、血糖は正常に維持でき、私たちは問題なく生きていけます。

また、細胞はブドウ糖がなくても、脂肪やアミノ酸を燃焼させることでエネルギーを生み出すことができるので、脂質とたんばく質、それにビタミンとミネラルがあれば、新しい細胞をつくり、体を正常に維持することができます。

つまり、脂質とたんばく質、ビタミンとミネラルは、身体にとって必須ですが、糖質は食事からの摂取が必須ではないといえます。

エネルギー源として使いやすいという理由だけで、糖質の多い炭水化物が主食とされていますが、糖質の摂り過ぎによる有害作用を考えれば、むしろ糖分を食事から減らすほうが健康によいといえます。

糖質の過剰摂取は危険

世界保健機関(WHO) は「1日の糖類の摂取量を25グラム以下にすべき」であると厳しく制限する指針を発表しています。
「糖類」とはブドウ糖や果糖や砂糖など単糖類と二糖類の総称です。「糖類」にデンプンなどの多糖類が加わったものが「糖質」です。

しかし、日本には、それでも砂糖や糖質を摂取するメリットを声高に主張する人が少なくありません。tosiuoffkiken
「脳は、血液中のブドウ糖しかエネルギー源にできない」という意見は、ケトン体の存在を完全に否定しています。

「血糖値が下がれば、脳の働きが悪くなり、疲労を感じたり、イライラしたり、集中力が低下する」という意見がありますが、むしろこれらの症状は糖質中毒の禁断症状であり、日頃から糖質を摂取していなければ、起こりません。

「糖質は吸収がよいので、脳の働きをすぐに活発化させる」という論理は、脳のエネルギー源としての短期的な作用に目を向けているだけで、糖質の摂取がインスリン分泌を刺激して、肥満や糖尿病、メタポリック症候群・さらには各種のがんなど、多くの疾患を増やす有害作用になっている現実をまったく無視しています。

tositudiet2

 

また、長期的に見れば、日常的な糖質の過剰摂取が、認知症を増やしてしまうことも、すでにあきらかになっているのです。

つまり、糖質の過剰摂取は、健康を損なう危険性があることを認識すべきなんです。

 


 
 

麺好きの私は以下の大豆麺を食べることにより、糖質の摂取を控えています。
↓ ↓ ↓
ソイドル

>

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

3大栄養素のエネルギー比率は?日本人は糖質の摂りすぎか?寿司やカレーはOKか?

以前は”異端”とされてきた糖質制限食でしたが、近年、糖尿病治療や糖質制限ダイエットを実践してきた多く

記事を読む

コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

あなたは、卵は「コレステロールの多い卵は1日1個までにして2個以上食べてはダメ」ということを言われた

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄養学の研究のなかで解明されてき

記事を読む

栄養バランスは和食の豆腐より地中海食の豆料理!インゲン豆の煮物のレシピは?

前回まで、麺、魚料理、肉料理、野菜料理について和食と地中海食を比べてみました。 その結果、健康

記事を読む

糖質制限時、調味料の糖質にも注意!マヨネーズは?マーガリンとバターは?

糖質制限ダイエット実践者にとって、ダイエット効果を上げるためには糖質含有量の多い食材を避けることが大

記事を読む

健康常識の嘘とは?カロリー制限ダイエットはリバウドを招く、健康的でないとは?

これまで何度もダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返して来たという人は、むしろダイエットに成功して

記事を読む

ココナッツオイルとはヤシ油?中鎖脂肪酸や飽和脂肪酸が豊富とは?

今、ダイエットで注目されているケトン体食事法とは、文字通りケトン体を体内でたくさん生み出すことを目的

記事を読む

食べ物の消化 経路は?小腸の構造と特徴は?大腸における腸内細菌の役割とは?

私たちが食事をしたとき、食べ物はどういう経路で、どんな消化管に入っていって、 どう処理されてい

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑