たんばく質と脂肪 の摂取量を減らすと肥満が増加する!その理由とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

tonyoカロリー計算に基づいた古い常識からすると肉などたんぱく質や脂肪の摂取量を減らせば、摂取カロリーが減るので痩せると思いませんか?

でも、実際にやってみるとかえって太ってしまうことが分かります。

ここでは、その理由を明らかにします。

たんばく質と 脂肪 を減らすと肥満が増加する原因は?

アメリカではかって、アメリカ人に心臓病が多いのは、油の摂取量が多いからでとみなされていました。

それを受けて、1977年にアメリカが国としてまとめた研究レポートでは、「肉や脂肪の摂り過ぎが、生活習慣病の発生に深く関与している」と報告されました。

このレポートを機に、健康的な食生活改善の指針として、「肉や脂肪の摂取を減らそう!」という運動が起こります。

しかし、その運動は皮肉な結果をまねいてしまいます。

多くの人が肉や脂肪の摂取量を減らした結果、肥満や生活習慣病は減るどころか、逆に急増してしまったのです。

肥満度の指標として世界中で使われているBMI(ボディマス指数)は、「体重(キロ)÷身長(メートル)÷身長(メートル)」という数式で求められ、その標準値は「BMI=22」とされています。
carbohi
この運動の結果を報告する論文によると、BMI30以上の肥満の割合は、

1971~1975年の調査では男性が11.9%、女性が用16.6%であったのに対して、

2005~2006年の調査では男性が33.4%、女性が36.5%激増してしまったことが報告されてたのです。

 

食事内容を見てみると、そのカロリー比率は、

1971~1975年の調査では、炭水化物が44.0%、脂肪が36.6%、たんばく質が16.5%だったのに対し、

2005~2006年の調査では炭水化物が48.7%、脂肪が33.7%、たんばく質が15.7%となりました。

 

つまり、たんばく質と脂肪の摂取量を減らした結果、糖質を多く含む炭水化物の摂取量が増え、それが肥満を爆発的に増加させてしまった原因であることが、この調査によってあきらかになりました。

要するに、糖質の摂取量が増えたことが肥満の爆発的増加の原因だったのです。

インスリンの過剰分泌が肥満の原因とは

では、たんばく質と脂肪の摂取を減らすことで、糖質の摂取が増加したときに、体内ではどんなことが起こるのでしょうか。futorureason
まず、糖質は体内で分解されて、ブドウ糖になります。
ブドウ糖はインスリンの分泌を刺激して、分泌されたインスリンは脂肪の合成とその貯蔵を促進するので、体脂肪が増えて肥満になります。

インスリンは肥満を引き起こすホルモンなのです。

また、インスリンの働きを抑える物質は脂肪細胞から分泌されているので、肥満によって体脂肪が増えると、当然インスリンの働きが低下します。
つまり、体脂肪が増えると「インスリン抵抗性」が高まり、インスリンの効き目が弱くなるので、体はインスリンの分泌量を増やし、さらに血中のインスリン濃度が高くなるという悪循環を引き起こします。

この症状を「高インスリン血症」といいますが、メタポリック症候群や糖尿病はもちろんのこと、がんや動脈硬化の発症リスクも高くなることが、多くの研究で確認されています。

さらに糖質が脳内報酬系を活性化させて、快感を生んでしまうので、体が次から次へと糖質を求め、食事の量そのものも増加してしまうのです。

たんばく質が減るとカロリー増で太る理由は

また、たんばく質の摂取量が減ることも、全体の食事量を増やす結果をまねきます。

たんばく質は、体の細胞や組織をつくる材料として、人体にとって最も優先順位が高い栄養素です。

つまり、糖質の割合が増えることで、食品中のたんばく質の含有量が減ると、私たちはそれだけ多くの食事を摂らなければなりません。
摂食量が増えれば、当然摂取カロリーも増え、ますます肥満になります。

食事中のたんばく質の含有量が1.5%低下するだけで、摂取カロリーが14%も上昇するという試算も報告されています。

まとめ

・肥満の原因はたんばく質と脂肪の取り過ぎではなかった。
・肥満の原因は糖質摂取によるインスリンの過剰分泌であった。
・たんぱく質や脂肪の摂取量(比率)を減らすと糖質の摂取量(比率)が増え肥満になる。
・たんぱく質の摂取量を減らすと食事量が増え肥満になりやすい。

 

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

肉食は健康に悪い?日本人の寿命が長い理由は?肉食の起源は?

大腸ガンは日本人にはあまり縁のない病気でした。 ところが最近は、それが年々増えてきています。

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」になら

記事を読む

うどんを食べ過ぎると太る?地中海食のパスタは?スパゲティ レシピご紹介

日本は世界に冠たる麹大国です。 多種多様な麺料理がありますが、そば以外はGlが高くて太りやすい

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

これまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

お酒の飲み過ぎ予防法は?おつまみの選び方は?食べすぎや飲みすぎの調整法は?

「お酒をよく飲むから体重が増える」と言う人がいますが、じつは、アルコールはそれほどカロリーは高くあり

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑