ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

fukuda-ketonこれまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。

ところがその糖質制限よりもケトン体食事法の方が、
さらに減量しやすく、健康面に良いと注目されています。

ここではケトン体が空腹感を抑える理由、ケトン体の食欲抑制機能と消費エネルギーを増やすことをご紹介し、ケトン体食事法が減量しやすい訳を明らかにします。

ケトン体が空腹感を抑える理由は?

糖質の多い食事では、食事全体の摂取量が増加してしまうので、摂取カロリーが増えやすくなります。
逆にたんばく質の多い食事は、満腹感を得られやすく、食事の摂取量を楽に減らすことができます。
ここでは、ケトン体が活躍しているのです。
ケトン体に含まれるβ-ヒドロキシ酪酸」という物質には、食欲を低下させる効果があることが報告されています。
つまり、ケトン体食事法を行うと体内にケトン体が発生するので、食事の量が減り、摂取カロリーは自然に低下するのです。

ケトン体の食欲抑制機能とは?

また、空腹時には食欲を高める働きをする「グレリン」の分泌が増えるのですが、ケトン体はこのグレリンの産生を抑制するという報告があります。
グレリンは、胃から分泌されるホルモンで、脳下垂体というところに働きかけて、成長ホルモンの分泌を促進し、それが視床下部に作用して、食欲を増進する作用があります。
このグレリンの血中濃度は、絶食時に上昇し、摂食時に低下します。
糖質量を抑えたケトン体食事法をおこなっていれば、絶食状態のときに生み出されるケトン体がグレリンの上昇を抑制するので、食欲を抑えるというメカニズムです。

ケトン体は消費エネルギーを増やすとは?

ケトン体による以上の作用によって、食事による摂取カロリーは減少しても、つらい空腹感はほとんどなく、体を動かすエネルギーは体脂肪の燃焼によって生み出されるので、運動時の持久力や身体能力は低下しないのです。
もちろん、肝臓で糖新生されることで、必要なブドウ糖はしっかり生成されます。
従って、血糖値は正常範由の低値で維持されるので、低血糖にもなりません。

また、糖新生するためのエネルギー量として、1日400~600キロカロリーほど消費されることから、基礎代謝が大幅に向上します。
つまり、糖新生するためのエネルギー量に基礎代謝による消費エネルギが加わるので、ケトン体は消費エネルギーを増やすのです。

おわりに

これらのケトン体の効果を踏まえれば、これまでの単純なカロリー制限によるダイエットよりも、ケトン体食事法のほうが減量しやすく、健康面にもよいことがおわかりますね。

以下の記事も参考にしてください。
↓  ↓  ↓
カロリー制限ダイエットは痩せない?糖質制限の効果は?ケトン体食事法は?

なお、私は肉や魚をしっかり食べてストレスなく糖質制限を継続中ですが、

食物繊維、ミネラル等の必須栄養素を摂るためにこれを継続して利用しています。
↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

肥満の種類は?皮下脂肪型と内臓脂肪型の違いは?病気になりやすいのは?

肥満の種類と見分け方は? 肥満の種類は 肥満は脂肪のつき方によって2種類にわけられます。

記事を読む

ケトジェニックダイエットとは?4つのルールとは?効果は?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方によってはデメリットもあります。

記事を読む

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト

記事を読む

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

痩せるための食品とは?肥満の原因は脂肪細胞?高タンパクは太らない?

食品の消化・吸収は、ダイエットにとってたいへん重要なことです。 ダイエットで、痩せるためにはどんな

記事を読む

朝ごはんが大事な理由は?昼食はしっかり?食事のエネルギー配分の理想は?

1日の食事の配分は3対4対3の食べ方が理想的だと言われています。 私たちの普段の食事は、朝食は

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

基礎代謝を上げる方法|日常生活 の活動レベルを上げるには?

寒い冬は、つい屋内にこもりっきりになり、運動不足になりがちです。 一方、飽食の時代、食料は豊富

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑