ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

fukuda-ketonこれまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。

ところがその糖質制限よりもケトン体食事法の方が、
さらに減量しやすく、健康面に良いと注目されています。

ここではケトン体が空腹感を抑える理由、ケトン体の食欲抑制機能と消費エネルギーを増やすことをご紹介し、ケトン体食事法が減量しやすい訳を明らかにします。

ケトン体が空腹感を抑える理由は?

糖質の多い食事では、食事全体の摂取量が増加してしまうので、摂取カロリーが増えやすくなります。
逆にたんばく質の多い食事は、満腹感を得られやすく、食事の摂取量を楽に減らすことができます。
ここでは、ケトン体が活躍しているのです。
ケトン体に含まれるβ-ヒドロキシ酪酸」という物質には、食欲を低下させる効果があることが報告されています。
つまり、ケトン体食事法を行うと体内にケトン体が発生するので、食事の量が減り、摂取カロリーは自然に低下するのです。

ケトン体の食欲抑制機能とは?

また、空腹時には食欲を高める働きをする「グレリン」の分泌が増えるのですが、ケトン体はこのグレリンの産生を抑制するという報告があります。
グレリンは、胃から分泌されるホルモンで、脳下垂体というところに働きかけて、成長ホルモンの分泌を促進し、それが視床下部に作用して、食欲を増進する作用があります。
このグレリンの血中濃度は、絶食時に上昇し、摂食時に低下します。
糖質量を抑えたケトン体食事法をおこなっていれば、絶食状態のときに生み出されるケトン体がグレリンの上昇を抑制するので、食欲を抑えるというメカニズムです。

ケトン体は消費エネルギーを増やすとは?

ケトン体による以上の作用によって、食事による摂取カロリーは減少しても、つらい空腹感はほとんどなく、体を動かすエネルギーは体脂肪の燃焼によって生み出されるので、運動時の持久力や身体能力は低下しないのです。
もちろん、肝臓で糖新生されることで、必要なブドウ糖はしっかり生成されます。
従って、血糖値は正常範由の低値で維持されるので、低血糖にもなりません。

また、糖新生するためのエネルギー量として、1日400~600キロカロリーほど消費されることから、基礎代謝が大幅に向上します。
つまり、糖新生するためのエネルギー量に基礎代謝による消費エネルギが加わるので、ケトン体は消費エネルギーを増やすのです。

おわりに

これらのケトン体の効果を踏まえれば、これまでの単純なカロリー制限によるダイエットよりも、ケトン体食事法のほうが減量しやすく、健康面にもよいことがおわかりますね。

以下の記事も参考にしてください。
↓  ↓  ↓
カロリー制限ダイエットは痩せない?糖質制限の効果は?ケトン体食事法は?

なお、私は肉や魚をしっかり食べてストレスなく糖質制限を継続中ですが、

食物繊維、ミネラル等の必須栄養素を摂るためにこれを継続して利用しています。
↓ ↓クリック ↓ ↓

 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

ヤセ菌・ デブ菌の働きは?短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ?痩せ体質の作り方は?

同じ食事内容であっても、太りやすさは、その人の筋肉量や体温、食べ方によっても変わります。 さら

記事を読む

三大栄養素のカロリー数の疑問?食物毎の測定方法や計算結果はうさんくさい?

糖質制限では、なぜカロリー制限をしなくてよいのでしょうか。 糖質制限をすると、どうしても以前より脂

記事を読む

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

ロカボは北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している糖質制限食の一種です。

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

 ケトン体の健康効果は?「ケトン体が増えると危険」の誤解とは?

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

私たちは、日々たくさんのストレスを受けながら生きています。 これは仕事をしていても専業主婦でも

記事を読む

ダイエットの目的とは?太りやすい生活をチェックして生活習慣病を予防しよう!

あなたは太りやすい生活、していませんか? ここでは、まず、ダイエットの真の目的を確認した上で、

記事を読む

らっきょうの驚くべき健康効果とは?らっきょうの産地は?購入方法は?

らっきょうには「畑の薬」と言われるぐらい、驚くべき健康効果があるって事をご存じですか? そしてそん

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑