癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

3dailifubyo1ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロールを減らす効果が期待できます。

つまり「サラサラ血」にする効果もあるのです。

ここでは、まず三大生活習慣病について確認し、ココナッツオイルが血管の病気を防ぐと同時にがんの予防にも期待されていることをご紹介します。

癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効く

三大生活習慣病とは

3dailifubyo生活習慣によってかかるリスクが増大する病気の中で、死亡原因の割合が大きいものを「三大生活習慣病」と呼んでいます。
それは「がん」「心疾患」「脳血管疾患(脳卒中)」です。
この3つだけで、日本人の約6割が亡くなっているというのですから、その重大さがわかろうというものです。

生活スタイルが要因

もちろん 「がん」も患部により、種類がさまざまですし、脳卒中にも症状としてだけでも脳出血(血管が破れる)と脳梗塞(血管が詰まる)があり、心疾患も多様な原因や症状がありますから、単純に2種類というわけではありません。

gangenin

ただし、生活スタイル(飲酒、喫煙や社会的ストレス) が要因となって発病する場合も多く、その改善によって予防、重症化を回避できる可能性が高まります。

中性脂肪やコレステロールを減らす

中鎖脂肪酸の性質上、中性脂肪になりにくいココナッツオイルの利用は、血中の中性脂肪やコレステロールを減らす効果が期待できます。
いわゆる「サラサラ血」にする効果、です。
dorodorochi

つまりココナッツオイルは、血管の病気やある動脈硬化を起こしにくい脂質なのです。

心疾患や脳卒中の多くはこの動脈硬化から、血管が詰まったり、柔軟性を失って破れたりすることで起きます。

ですからココナッツオイルの利用と、それに伴う食生活の健全化が、動脈硬化の予防、ひいては心疾患や脳卒中のリスクを減らすことになるでしょう。

ココナッツオイルは癌を防ぐ

coconatuoil前記のようにがんにも発生部位や重症度などによりいろいろありますが、多くのがんで 「老化」がその要因とされていることはよく知られています。

つまり「体のサビ」などと称される、酸化による老化現象が、がんを発生させるひとつの鍵ではないかといわれているのです。

ココナッツオイルは、抗酸化酵素の活性化と、抗酸化作用のダブル効果により、がん予防にもいい影響を与えるのではと期待されています。

 

 

VCOサプリメント

 

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

らっきょうの驚くべき健康効果とは?らっきょうの産地は?購入方法は?

らっきょうには「畑の薬」と言われるぐらい、驚くべき健康効果があるって事をご存じですか? そしてそん

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

食後高血糖が危険!糖尿病3大合併症、動脈硬化、ガンの原因は?

糖尿病とガンが密接な関係にあることがわかってきました。 そして、前回、ご紹介した悪しき生活習慣

記事を読む

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか? 非加熱食品を重視する考え

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのための体」(解糖エンジンがメイン)

記事を読む

肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。 高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう? 「糖質制限

記事を読む

ダイエット 挫折の理由は?食べたい 衝動を抑えるなど挫折克服方法は?

ダイエットは孤独なマラソンようなものです。 鉄の意志でダイエットに臨んでも、どうしても食欲に負ける

記事を読む

ココナッツオイル ダイエットで中性脂肪を減らし便秘解消もできる訳は?

肥満は、いろいろな病気の原因となります。 ココナッツオイルは肥満を解消するダイエットや便秘に効

記事を読む

急激なダイエットでリバウンドする理由は?原因は?対策は?

ダイエットにはつきものとされるのがリバウンドです。 ダイエット実践者の60%の人が、リバウンドを経

記事を読む

早食い防止法|噛む回数が少ない食材、多い食材は?噛む回数を増やすには?

早食いは満腹になりにくく、血糖値の上昇が早いので、「ゆっくり時間をかけて食べたほうがよい」とよく言わ

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑