うなぎの健康効果は?栄養価は?蒲焼(市販)の美味しい調理法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

kabayaki江戸時代から、夏の土用の丑の日に食されてきたウナギですが、
ウナギには、疲労の回復や風邪の予防などに役立つ高い健康効果があります。
栄養満点のウナギで、蒸し暑い夏を元気に乗り切るために、
ここでは、うなぎを食することの健康効果、含まれる栄養価、美味しい調理法などをご紹介します。

うなぎの健康効果とは

夏パテ解消によい食材として知られるウナギには、ビタミン群がたっぷり含まれています。
中でも豊富なのが、体内でビタミンAとして働くレチノール。
ビタミンA1は、皮膚や粘膜を強くし、ウイルスに感染しにくくする働きがあります。
また、疲労回復効果のあるビタミンB1も含まれているため、夏の暑さを乗り切るスタミナがつきま
す。
さらに、カルシウムの吸収を高めるビタミンDのほか、脳の働きをよくするDHAも含まれており、まさに栄養の宝庫といえます。

うなぎに含まれる栄養価は

ビタミンA

皮膚や粘膜を強くして、ウイルスなどから体を守り、免疫力を高める働きがあります。
ほかに、眼の機能をよくする働きも。
ウナギには体内に入るとビタミンAとして働く栄養素・レチノールが豊富。
ウナギの蒲焼き100g(1尾分)でレチノールを1500〃gRE(マイクログラムレチ
ノール当量)含むため、50歳以上の1日分のビタミンA摂取推奨量をまかなえます。
vitamin1

ビタミンB1

糖質をエネルギーに変えて、体を疲れにくくしたり、脳や神経の働きを助け、
記憶力を高めたりします。

ビタミンD

カルシウムの吸収を助け、骨を強く丈夫にする働きがあります。
ウナギにはカルシウムも豊富に含まれているため、 骨を強くする効果もあります。

DHA

脳の働きをよくし、記憶力や学習能力を高めます。LDL(悪玉)コレステロールや中性胎肪を減少させたり、血管の柔軟性を高めたりして、血流をよくする効果もあります。

ワンポイント
DHAはウナギのほか、クロマグロ(脂身・生)‡ブリ(生)などにも豊富に含まれています。

うなぎの蒲焼(市販)の美味しい調理法とは

市販のウナギの蒲焼きをおいしく調理するコツ!
unagi1)ウナギの蒲焼きをバットなどの
平たい器に入れ、熱湯をかけて
すぐに引き上げ、余分な水分(タ
レ)をキッチンベーパーなどで
しっかり拭き取る。

2)アルミホイルに油を薄く塗り、
その上にウナギを置き、酒を小
さじ2ふりかけて包む。

3)2)をグノルまたはオーブントー
スターで3~5分程度蒸し焼き
し、タレを塗って、ホイルを開
けたまま、再び1分程度加熱する。

 

父の日の贈答に国産 絶品うなぎはいかがですか?
↓ ↓ご注文はこちらから↓ ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

カロリー制限で体重が減らない理由は?栄養不足による現代型栄養失調とは?

ダイエットと聞いてまず思い浮かべるのが「カロリー制限」ではないでしょうか。 「ダイエットにはカ

記事を読む

リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

前回の記事では、糖質制限では従来からの常識、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂

記事を読む

カロリー理論の嘘とは?カロリーの定義から見える健康常識の嘘とは?

あなたは、「カロリーの収支バランスをマイナスにすること」がダイエットだと思って食事制限をしていません

記事を読む

腸内細菌がビタミンをつくるとは?ビタミンB群の働きは?食物繊維が多い食べ物は?

前回の記事 食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう! でもご紹

記事を読む

油抜きダイエットの効果は?炭水化物 が体脂肪に変わる!低脂肪食で糖尿病が3倍に?

昼食にとんかつ定食をガッツリ食べて、夕食はフライドチキンやフライドポテトなどでビールを飲む。

記事を読む

ITの進化がストレスの原因とは?眼精疲労に効く栄養は?サプリのおすすめは?

「綺麗に痩せる」ためのダイエットでは、まず、健康な体を維持することが大前提です。 そのためには

記事を読む

肉食は健康に悪い?日本人の寿命が長い理由は?肉食の起源は?

大腸ガンは日本人にはあまり縁のない病気でした。 ところが最近は、それが年々増えてきています。

記事を読む

ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

これまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。

記事を読む

大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由?

6月になりました。ダイエットの季節です。 ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。 でも、空腹

記事を読む

脂質=悪者は誤解か?脂質エネルギー比の理想は?量より質が大切なわけは?

「脂質=悪者」は誤解か? 旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑