太るホルモンインスリンを出さないことでダイエット!追加分泌と基礎分泌とは

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖質を大量に摂るとどうなると思いますか?
yojigatahiman実は、過剰な糖質は脂肪に変換され体内に蓄積される、つまり太るのです。

ここでは、まず、過剰な糖質摂取で太るメカニズムをまず確認するため、インスリンと呼ばれる
ホルモンの追加分泌、基礎分泌のしくみを紹介します。、

そして、現在人にとって、ダイエット=肥満防止のポイントは何かを明らかにします。

インスリンの追加分泌、基礎分泌のしくみとは

食べ物に含まれる糖質は、体内に入ると「ブドウ糖」というものに分解されてやりとりされますが、血中のブドウ糖のことを「血糖」と呼び、その血中濃度のことを「血糖値」と言います。

ブドウ糖が多い状態、すなわち濃度が高い状態を「血糖値が高い」と呼ぶのです。

ブドウ糖はカラグのすべての細胞が利用できるもの。
そのため、いつでもブドウ糖が血液に乗ってあちこちに届けられるよう、常に血糖値が一定になるように調整されています。

血糖値を一定に保ってくれているのは膵臓のランゲルハンス島から分泌される「インスリン」というホルモンです。

インスリンは24時間休みなくほんのわずかずつ分泌され、血中を漂って糖を細胞に取り込ませます。
このことをインスリンの「基礎分泌」と言います。

糖質を摂ると、一気に血中のブドウ糖が増える、つまり血糖値が上がります。
するとインスリンが追加で分泌され、血糖値を下げようと働きます。
こちらを「追加分泌」 と呼びます。

血糖値が高い状態が続くと、血液の浸透圧が上昇して致死的状態に陥るため、危険を察知してインスリンが追加されるというしくみです。

インスリンはなぜ太るホルモン?

インスリンが追加分泌されると、ブドウ糖はすみやかに細胞に取り込まれ、血糖値が正常値に戻ります。

細胞から体内に吸収されたブドウ糖の大半は、エネルギーとして筋肉や脳の活動のために使われます。
食事で摂った糖質がすべて処理され、エネルギーとして使われるならよいけれど、大抵使い切れずにあまってしまいます。

あまったブドウ糖は引き取り手がなくなりますが、それではもったいないからと、貯蔵専門タンクに運んでいきます。

その貯蔵タンクこそが、脂肪細胞!

ご丁寧にブドウ糖を脂肪に変えて脂肪細胞にどんどんため込んでしまうのです。

そのしくみを皮肉って、インスリンには 「肥満ホルモン」というあだ名がつけられたのです。

インスリン 出さないことがダイエットのポイント!?

太古の人類は狩猟生活で運よく糖質を多く含む食べ物が手に入ったときには、インスリンによって糖質を体脂肪としてストックしました。

そして、食べ物がない間は、蓄えた脂肪をエネルギーとして使いながら飢えをしのいでいたのです。

それが我々が先祖から引き継いだDNAなのです。

ところが、狩猟生活を生き抜く「武器」 だったインスリンは、1日3食食べられるようになった現代では、「出したくないもの」 の代名詞になってしまったのです。

つまり、現在人にとってダイエットのポイントとはインスリンを出さないことになったのです。

ですから、今、追加インスリン分泌の原因である糖質の摂取を制限する食事療法、つまり糖質制限ダイエットが普及してきているのです。

また、糖質制限を前提としたその発展形であるケトン体食事法も注目されています。



【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足りなくなりがちです。 特

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

ダイエットの停滞期っていつ? なぜ来る?脱出の方法は?

ダイエットを実践したあなたは、こんな経験はないだろうか? 開始した当初は順調に体重が減るのに、

記事を読む

ケトン体 食事法とは?糖質制限との違いは?その健康効果とは?

最近、よく見聞きする「ケトン体食事法」ですが、 これって、糖質制限食とよく似ていますが、微妙に

記事を読む

太る原因は糖質!糖質制限食は主食をカットしたんぱく質と脂質をしっかりとる!

従来の常識では太る原因は摂取カロリーが消費カロリを上回ることと考えられていました。 ところが、

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

ダイエットに成功する食事のコツは?不規則な食事、夜遅い食事はどうする?

遅い夕食、アルコールとおつまみでカロリーオーバーと、ビジネスマンの食生活はおよそダイエットには不向き

記事を読む

ダイエットで リバウンドするのはなぜ?原因は?エネルギーが不足するとは?

雑誌の広告やテレビのコマーシャルでよくみかけるのが 「私こんなに痩せました!」 という、太っていた

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑