太るホルモンインスリンを出さないことでダイエット!追加分泌と基礎分泌とは

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

糖質を大量に摂るとどうなると思いますか?
yojigatahiman実は、過剰な糖質は脂肪に変換され体内に蓄積される、つまり太るのです。

ここでは、まず、過剰な糖質摂取で太るメカニズムをまず確認するため、インスリンと呼ばれる
ホルモンの追加分泌、基礎分泌のしくみを紹介します。、

そして、現在人にとって、ダイエット=肥満防止のポイントは何かを明らかにします。

インスリンの追加分泌、基礎分泌のしくみとは

食べ物に含まれる糖質は、体内に入ると「ブドウ糖」というものに分解されてやりとりされますが、血中のブドウ糖のことを「血糖」と呼び、その血中濃度のことを「血糖値」と言います。

ブドウ糖が多い状態、すなわち濃度が高い状態を「血糖値が高い」と呼ぶのです。

ブドウ糖はカラグのすべての細胞が利用できるもの。
そのため、いつでもブドウ糖が血液に乗ってあちこちに届けられるよう、常に血糖値が一定になるように調整されています。

血糖値を一定に保ってくれているのは膵臓のランゲルハンス島から分泌される「インスリン」というホルモンです。

インスリンは24時間休みなくほんのわずかずつ分泌され、血中を漂って糖を細胞に取り込ませます。
このことをインスリンの「基礎分泌」と言います。

糖質を摂ると、一気に血中のブドウ糖が増える、つまり血糖値が上がります。
するとインスリンが追加で分泌され、血糖値を下げようと働きます。
こちらを「追加分泌」 と呼びます。

血糖値が高い状態が続くと、血液の浸透圧が上昇して致死的状態に陥るため、危険を察知してインスリンが追加されるというしくみです。

インスリンはなぜ太るホルモン?

インスリンが追加分泌されると、ブドウ糖はすみやかに細胞に取り込まれ、血糖値が正常値に戻ります。

細胞から体内に吸収されたブドウ糖の大半は、エネルギーとして筋肉や脳の活動のために使われます。
食事で摂った糖質がすべて処理され、エネルギーとして使われるならよいけれど、大抵使い切れずにあまってしまいます。

あまったブドウ糖は引き取り手がなくなりますが、それではもったいないからと、貯蔵専門タンクに運んでいきます。

その貯蔵タンクこそが、脂肪細胞!

ご丁寧にブドウ糖を脂肪に変えて脂肪細胞にどんどんため込んでしまうのです。

そのしくみを皮肉って、インスリンには 「肥満ホルモン」というあだ名がつけられたのです。

インスリン 出さないことがダイエットのポイント!?

太古の人類は狩猟生活で運よく糖質を多く含む食べ物が手に入ったときには、インスリンによって糖質を体脂肪としてストックしました。

そして、食べ物がない間は、蓄えた脂肪をエネルギーとして使いながら飢えをしのいでいたのです。

それが我々が先祖から引き継いだDNAなのです。

ところが、狩猟生活を生き抜く「武器」 だったインスリンは、1日3食食べられるようになった現代では、「出したくないもの」 の代名詞になってしまったのです。

つまり、現在人にとってダイエットのポイントとはインスリンを出さないことになったのです。

ですから、今、追加インスリン分泌の原因である糖質の摂取を制限する食事療法、つまり糖質制限ダイエットが普及してきているのです。

また、糖質制限を前提としたその発展形であるケトン体食事法も注目されています。



【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

私たちは、日々たくさんのストレスを受けながら生きています。 これは仕事をしていても専業主婦でも

記事を読む

痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした

記事を読む

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。

記事を読む

冷や ご飯 ダイエットとは?保温式弁当箱はNG?冷えた おにぎりは?

糖質制限がダイエットに有効である事はわかっていても、ごはん好きのあなたは「痩せることはできない」と思

記事を読む

小太りの方が長生きって本当か?BMI判定の限界は?肥満の判定は体脂肪率で!とは?

あなたは、小太りくらいの方が長生きできるから・・・と思ってメタボを放置していませんか? 事実、

記事を読む

白いご飯は日本の伝統食か?日本人の食事の変遷から見える現在の問題点は?

「日本人の主食はコメ」というのが、ごく一般的な”常識”となっています。 専門の学者のなかにも、

記事を読む

太らない体作りを意識するには?味付けは?素材の味を生かすには?

あなたがダイエットに成功しない理由の1つは、おそらく「食べ過ぎ」でしょう。 では、なぜ、あなた

記事を読む

フルーツの糖分はダイエットにNG?牛乳でカルシウム補給は嘘?生野菜は体を冷やす?

「今まで何度もダイエットを試みているのに、なかなか成果が上がらない」 「カロリー計算をきっちり

記事を読む

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑