太るホルモンインスリンを出さないことでダイエット!追加分泌と基礎分泌とは

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

糖質を大量に摂るとどうなると思いますか?
yojigatahiman実は、過剰な糖質は脂肪に変換され体内に蓄積される、つまり太るのです。

ここでは、まず、過剰な糖質摂取で太るメカニズムをまず確認するため、インスリンと呼ばれる
ホルモンの追加分泌、基礎分泌のしくみを紹介します。、

そして、現在人にとって、ダイエット=肥満防止のポイントは何かを明らかにします。

インスリンの追加分泌、基礎分泌のしくみとは

食べ物に含まれる糖質は、体内に入ると「ブドウ糖」というものに分解されてやりとりされますが、血中のブドウ糖のことを「血糖」と呼び、その血中濃度のことを「血糖値」と言います。

ブドウ糖が多い状態、すなわち濃度が高い状態を「血糖値が高い」と呼ぶのです。

ブドウ糖はカラグのすべての細胞が利用できるもの。
そのため、いつでもブドウ糖が血液に乗ってあちこちに届けられるよう、常に血糖値が一定になるように調整されています。

血糖値を一定に保ってくれているのは膵臓のランゲルハンス島から分泌される「インスリン」というホルモンです。

インスリンは24時間休みなくほんのわずかずつ分泌され、血中を漂って糖を細胞に取り込ませます。
このことをインスリンの「基礎分泌」と言います。

糖質を摂ると、一気に血中のブドウ糖が増える、つまり血糖値が上がります。
するとインスリンが追加で分泌され、血糖値を下げようと働きます。
こちらを「追加分泌」 と呼びます。

血糖値が高い状態が続くと、血液の浸透圧が上昇して致死的状態に陥るため、危険を察知してインスリンが追加されるというしくみです。

インスリンはなぜ太るホルモン?

インスリンが追加分泌されると、ブドウ糖はすみやかに細胞に取り込まれ、血糖値が正常値に戻ります。

細胞から体内に吸収されたブドウ糖の大半は、エネルギーとして筋肉や脳の活動のために使われます。
食事で摂った糖質がすべて処理され、エネルギーとして使われるならよいけれど、大抵使い切れずにあまってしまいます。

あまったブドウ糖は引き取り手がなくなりますが、それではもったいないからと、貯蔵専門タンクに運んでいきます。

その貯蔵タンクこそが、脂肪細胞!

ご丁寧にブドウ糖を脂肪に変えて脂肪細胞にどんどんため込んでしまうのです。

そのしくみを皮肉って、インスリンには 「肥満ホルモン」というあだ名がつけられたのです。

インスリン 出さないことがダイエットのポイント!?

太古の人類は狩猟生活で運よく糖質を多く含む食べ物が手に入ったときには、インスリンによって糖質を体脂肪としてストックしました。

そして、食べ物がない間は、蓄えた脂肪をエネルギーとして使いながら飢えをしのいでいたのです。

それが我々が先祖から引き継いだDNAなのです。

ところが、狩猟生活を生き抜く「武器」 だったインスリンは、1日3食食べられるようになった現代では、「出したくないもの」 の代名詞になってしまったのです。

つまり、現在人にとってダイエットのポイントとはインスリンを出さないことになったのです。

ですから、今、追加インスリン分泌の原因である糖質の摂取を制限する食事療法、つまり糖質制限ダイエットが普及してきているのです。

また、糖質制限を前提としたその発展形であるケトン体食事法も注目されています。



【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑