オメガ3脂肪酸の効果とは?オメガ3を含む食品は?サプリメントは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

DPA・EPADHAやEPAという名称を最近よく目にしませんか?

体の 〝めぐり″ をよくするという話題が取り上げられたり、記憶や認知機能に
深い関係があるなど、中高年の方には気になる働きも紹介されていますね。

これらの成分はオメガ3脂肪酸という脂肪の仲間です。

今回は、この脂肪酸オメガ3についてご紹介します。

オメガ3脂肪酸のすごい効果とは?

人間の体内には、「脂肪酸」、「中性脂肪」、「コレステロール」、「リン脂質」という4つの脂肪が存在しています。
それぞれが体を動かすエネルギー源、備蓄用のエネルギー、細胞やホルモンの材料など、私たちの体にとって大切な役割を担っていま
す。

近年、健康成分として注目を集めているDHAやEPAは「オメガ3」という脂肪酸の一種です。omega3

脂肪酸は、常温で固まりにくい「不飽和脂肪酸」と、固まりやすい「飽和脂肪酸」に分類されます。チーズや肉の脂身などは固まりやすい飽和脂肪酸です。

また不飽和脂肪酸の中でも、「必須脂肪酸」は体内で合成できないため食事など補う必要があります。

DHAやEPAなどのオメガ3は、この必須脂肪酸なのです

DHAは学習能力・記憶力に深く関与し、認知症、視力、アレルギーや炎症などに対しての働きが知られています。

またEPAは、体のクめぐりをよくし、細胞をしなやかに保ち、細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。

増えすぎた中性脂肪が原因となって、さまざまな健康トラブルを招きかねない脂質異常症対策に、

悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスをよくする働きもあるオメガ3は、とても頼もしい味方なのです。

オメガ3が含まれる食品は?

オメガ3を多く含む食材としてよく知られているのが青魚です。
以前は、体のめぐりをよくするサラサラ成分として注目されていましたが、最近では、脳機能に働くとされる機能性表示食品が出るなど、高齢になればなるほど、必要とされる栄養素だと言えるでしょう。

じつは、以前から厚生労働省でも、「日本人の食事摂取基準」の中で、DHA・EPAを1日に1g摂取することが望ましいと発表してきました。

実際にDHAやEPAが魚にどのくらい含まれているのかを見てみると、以下のとおりです。

・マグロトロ1さく(150g)で6.9g、
・サケ・サーモン1さく(200g)で4.5g、
・サバ一尾(300g)で3.6g。

オメガ3 サプリメントの効果とは

これらの魚を毎日食べていれば、摂取基準を十分に満たすことができるのですが、魚中心の和食が縁遠いものになりつつある今日、魚から必要な量を毎日摂るのは、なかなか困難だと言わざるを得ません。

ですから、サプリメントなどを利用するのも効果的でしょう。

また、オメガ一3は、魚のほかにもえごま油や亜麻仁油などからも摂取できます。

これらに含まれるα-リノレン酸が、体内でDHAやEPAに変わるのです。

毎日の食事に、オメガ3のパワーを積極的に取り入れて、健康的な生活を送りましょう。

 

魚の食べ方を工夫しましょう。
魚の脂は、肉に比べて酸化しやすい特徴を持っています。
酸化した脂は、動脈硬化を促進させる働きを持ってしまうので、鮮度のよいものを選び、新鮮なうちに食べるようにしてください。
また、刺身として食べる場合はDHAやEPAを100%摂取できますが、煮たり焼いたりするときに流失してしまうので、小麦粉をまぶすといった工夫をするようにしましょう.

 

DHAをサプリメントで摂るなるこちら
↓  ↓  ↓
DHA&EPAサプリ!どちらがお得!? みやびvsマイケアvsさくらの森

dhakinari

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
ファイトケミカルの効果的な摂り方は?野菜でとるには?摂取の効果を上げるには?

近年、ファイトケミカルがガン予防に効果がある「第7の栄養素」として注目

肉でキレイに痩せる理由|その健康・美容効果とは?肉ダイエットのレシピをご紹介!

前回の記事:食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招

食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で約10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

→もっと見る

PAGE TOP ↑