ダイエット中のアルコールの影響は?適量とは?守るコツは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

「アルコールは体脂肪に変わりにくい」「ごはんはアルコールで摂る」……
酒好きは、自分で勝手に理屈をつけて、とにかく飲むことを正当化するもの。
そこでここでは、ダイエット中でも、アルコールOKとなる条件を確認し、それを守るためのコツをご紹介します。、

ダイエット中のアルコールの影響は?

アルコールはご飯の代用にはならない

osakedietアルコールは人体にとっては「毒物」なので、体内に入ると肝臓ですぐに解毒され、最終的には水と二酸化炭素に分解されて排泄されるため、体内には蓄積されにくいと言われているが、一緒に食べたつまみの栄養素が体脂肪として蓄積されてしまう。

つまみを食べずにアルコールだけ飲んでいれば、あまり太らないという理屈になるが、こんどは肝臓を傷めてしまうので、とても勧められるものではない。

また、アルコールを飲んだ分、ご飯を減らせばいいともよく言われるが、これはあくまで摂取エネルギーの数字上でのこと。

ご飯には糖質、たんばく質、脂質のほか、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの豊富な栄養素がたくさん含まれているのに
対し、アルコールには体に必要な栄養素はほとんど含まれていない。

アルコールはご飯の代用にはならないのです。

 

ダイエット中、アルコールの適量とは

osakecalアルコールをあきらめずにダイエットするには、適量を守ることしかない。

適量とは、1日に飲む量をご飯1杯分(110且にあたる160キロカロリー以下に抑えること。

日本酒0・8合、ビール中ピン0・8本、ウイスキーシングル2杯半、ブランデーグラス
2杯、ウオッカグラス2杯、焼酎節度コップ1/2杯、ワイングラス2杯程度に相当する。

「たったこれだけ!?」と思うなかれ。

あなたはいま、体脂肪と闘っている最中なのだから!

アルコールの適量を守るコツは?

冷蔵庫で冷やしておくのを1本だけにする

 
osakehiyasu1日の適量を理解しても、気がつくと飲んでいるという場合、飲むことが習慣化してしまっていることに原因がある。

この壁を乗り越えるにはアルコールを遠ざける工夫を自分で考え出し、実行していくことが特効薬だ。

例えば、いつも数本冷蔵庫に冷やしておいたビールを1本だけにし、飲み終わったら次の1本を冷やす、というようにしてみたらどうだろう。

次の1本が冷える頃には、飲みたい気持ちがおさまっていることもある。

また、ビール中ビンを350ミリリットル缶に替えてみるのもひとつの手。
これで約60キロカロリー減らせる。

ただし、これも冷やしておくのは1缶だけに。

帰り道のルートから赤提灯を排除する

 帰り道に行きつけの飲み屋があるなら、そのルートは今日からやめにしよう。

赤提灯のない道順で帰れば、飲まずに家にたどり着く。

家で飲めばお金の節約にもなり、酒量も抑えられる。

いままでの飲酒習慣を意識的に変えていくことがダイエットには必須なのだ。

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

GI値とは?低インスリン ダイエットとは?炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵!とは?

GI値 とは? GI値とは、グリセミック・インデソクスの略で、炭水化物が糖に変わる比率を数値化した

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

あなたは、睡眠と肥満の関係ってご存知ですか? たっぷり睡眠をとれば、ダイエットに良いと思ってい

記事を読む

ダイエットを成功の秘訣|食事制限のやり方は?運動は何をすればよい?

お肌の露出機会が多い夏にむけて、ダイエットに取り組む女性や メタボ検診で肥満を指摘されて、生活習慣

記事を読む

過食防止のため、 気晴らし食いや早食い、ドカ食いをやめる方法は?

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。 それは、気晴らし食い、早食い、ドカ

記事を読む

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからといって、朝食を抜く人がいます。

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑