リバウンドの繰り返しは痩せにくい体に!食べないダイエットの悪影響とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ダイエット中は痩せたがダイエットを中断するとまもなく元の体重に戻ってしまった。
このような、いわゆるリバウンドの経験はあなたにはありませんか。

ある調査によるとダイエット経験者の内約60%の人がリバウンドも経験しているそうです。

ここでは、そんなリバウンドを繰り返すことの体や健康への悪影響をご紹介します。

リバウンドの繰り返しで痩せにくい体になる?

ribaunndoせっかく体重を落としたのに、数カ月もたたないうちに元に戻ってしまった経験はないでしょうか。
体重の減少と増加を繰り返すことをウエイトサイクリングと呼びます。

そして、ウエイトサイクリングを繰り返しているうちに体が変わって、
太りやすくやせにくい体になってしまうことが指摘されています。

 

ウェイトサイクリングの意味は
減量しては体重が戻り、また減量するというリバウンドを繰り返すことです。
ヨーヨー現象とも呼ばれています。

食べないダイエットの悪影響は?

tabenaidiet摂取エネルギーを極端に制限した「食べないダイエット」や、「○○を食べてやせる」式の単品ダイエットを試すと、体脂肪だけでなく筋肉や骨まで減少してしまいます。

そしてこの状態から体重が戻ると、体脂肪だけが増加し、筋肉はほとんど増えないことになります。
つまり、同じ体重になっても、体の中身は変わってしまっているのです。

これを繰り返していると、回数を重ねるごとに筋肉が落ちて体脂肪が増えていきます。
その結果、プロポーションが悪くなるだけでなく、筋肉量が減ることで基礎代謝も減少し、消費エネルギーが低下します。

その結果、ますますやせにくく、太りやすい体になってしまうのです。

元来、ダイエットの必要がない人がいたずらに減量とリバウンドを繰り返し、隠れ肥満に陥っているケースも多いのです。

リバウンドの健康上への悪影響は?

ウエイトサイクリングについてはまだ裏が曖昧で、
体脂肪量や基礎代謝の変化との関係についても目下研究が進められているところです。

dieto3しかしアメリカのある調査によると、BMI値の変動が大きい人(リバウンドを繰り返している人)は
男性で1・7倍、女性で1・3倍も死亡率が高くなることが確認されています。

特に虚血性心疾患による死亡率が高まることが確認されています。

リバウンドを繰り返すウエイトサイクリングは、太りやすくなるだけでなく、健康上も大きな問題となっていることから、最近ではウエイトサイクリングをするくらいなら、はじめから減量などしないほうがマシという意見さえ問かれるようになっています。

いずれにしても、リバウンドに陥らないようにすることは、体重を落とすことと同様ににダイエットにとって肝心であることに心する必要があるのです。

 

以上から結論は、リバウンドを避けてこそ、ダイエット成功といえるのです。

 

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄養学の研究のなかで解明されてき

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

健康常識の嘘とは?カロリー制限ダイエットはリバウドを招く、健康的でないとは?

これまで何度もダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返して来たという人は、むしろダイエットに成功して

記事を読む

イモ類

糖質制限で食べてはいけないものは穀物とイモ類!コンニャクイモはOKとは?

ダイエットに効果的!ということで近年注目されている糖質制限食。 では、糖質制限で食べてはいけな

記事を読む

太る原因は糖質!糖質制限食は主食をカットしたんぱく質と脂質をしっかりとる!

従来の常識では太る原因は摂取カロリーが消費カロリを上回ることと考えられていました。 ところが、

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

免疫力を上げる 酵素生活とは?酵素の種類と働きは?酵素不足の症状は?

今、酵素がブームとなっています。 私たちの休の中には、必ず酵素が

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

→もっと見る

PAGE TOP ↑