リバウンドの繰り返しは痩せにくい体に!食べないダイエットの悪影響とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

ダイエット中は痩せたがダイエットを中断するとまもなく元の体重に戻ってしまった。
このような、いわゆるリバウンドの経験はあなたにはありませんか。

ある調査によるとダイエット経験者の内約60%の人がリバウンドも経験しているそうです。

ここでは、そんなリバウンドを繰り返すことの体や健康への悪影響をご紹介します。

リバウンドの繰り返しで痩せにくい体になる?

ribaunndoせっかく体重を落としたのに、数カ月もたたないうちに元に戻ってしまった経験はないでしょうか。
体重の減少と増加を繰り返すことをウエイトサイクリングと呼びます。

そして、ウエイトサイクリングを繰り返しているうちに体が変わって、
太りやすくやせにくい体になってしまうことが指摘されています。

 

ウェイトサイクリングの意味は
減量しては体重が戻り、また減量するというリバウンドを繰り返すことです。
ヨーヨー現象とも呼ばれています。

食べないダイエットの悪影響は?

tabenaidiet摂取エネルギーを極端に制限した「食べないダイエット」や、「○○を食べてやせる」式の単品ダイエットを試すと、体脂肪だけでなく筋肉や骨まで減少してしまいます。

そしてこの状態から体重が戻ると、体脂肪だけが増加し、筋肉はほとんど増えないことになります。
つまり、同じ体重になっても、体の中身は変わってしまっているのです。

これを繰り返していると、回数を重ねるごとに筋肉が落ちて体脂肪が増えていきます。
その結果、プロポーションが悪くなるだけでなく、筋肉量が減ることで基礎代謝も減少し、消費エネルギーが低下します。

その結果、ますますやせにくく、太りやすい体になってしまうのです。

元来、ダイエットの必要がない人がいたずらに減量とリバウンドを繰り返し、隠れ肥満に陥っているケースも多いのです。

リバウンドの健康上への悪影響は?

ウエイトサイクリングについてはまだ裏が曖昧で、
体脂肪量や基礎代謝の変化との関係についても目下研究が進められているところです。

dieto3しかしアメリカのある調査によると、BMI値の変動が大きい人(リバウンドを繰り返している人)は
男性で1・7倍、女性で1・3倍も死亡率が高くなることが確認されています。

特に虚血性心疾患による死亡率が高まることが確認されています。

リバウンドを繰り返すウエイトサイクリングは、太りやすくなるだけでなく、健康上も大きな問題となっていることから、最近ではウエイトサイクリングをするくらいなら、はじめから減量などしないほうがマシという意見さえ問かれるようになっています。

いずれにしても、リバウンドに陥らないようにすることは、体重を落とすことと同様ににダイエットにとって肝心であることに心する必要があるのです。

 

以上から結論は、リバウンドを避けてこそ、ダイエット成功といえるのです。

 

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

ダイエットに適した食べものとは?

ダイエット中だといっても、なにがなんでもカロリーを減らせばいいというわけではあ りません。 とく

記事を読む

ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

これまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。

記事を読む

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」になら

記事を読む

酵素阻害剤とは?薬は異物?薬剤師が薬を飲まないわけとは?

病気をよくするはずの薬が、あなたの体を悪くしているかもしれない。 そんな恐ろしい事実を、あなた

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

便秘は腸内環境悪化のサイン!腸内細菌の数や種類は?腸内フローラとは?

あなたは、1000兆個という膨大な数字をイメージできますか? 実は、コレは最近わかってきた人の

記事を読む

ご飯のカロリーは?食べ過ぎると?玄米で便秘解消できる?

「お米は世界でも類を見ないほどおいしい主食だ」といわれています。 たとえば、焼きノリだけでもお

記事を読む

リバウンドする原因は?繰り返しが怖い理由は?ウエイトサイクリングとは?

ダイエットのための食事制限、一大決心してダイエットに臨む、必死に頑張るダイエット、 短期(速攻

記事を読む

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由は?

メタボはお腹まわりだけでは決まらない? 脂肪の種類は 人間の脂肪には、2つの種類があります。

記事を読む

牛乳は飲み方次第で骨を弱くする!?おすすめの飲み方は?摂取の適量とは?

前回の記事: 牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも

牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも摂取できないとは?

牛乳神話の崩壊とは? 牛乳神話とは 「牛乳やヨーグルトなどの乳製品

揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機

飲み会続きには「腸を強くするメニュー」がおすすめ!納豆や酢の健康効果とは?

忘年会、新年会、送別会、新人歓迎会、同窓会、…など 仕事上のつき

大豆の健康&ダイエット効果に注目!イソフラボンが女性をきれいにするとは?

日本では昔から豆腐、みそ、納豆など、大豆を原料とした食品がよく食べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑