ダイエット 挫折の理由は?食べたい 衝動を抑えるなど挫折克服方法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ダイエットは孤独なマラソンようなものです。
鉄の意志でダイエットに臨んでも、どうしても食欲に負けることもあるでしょう。
そんなとき、気合や根性だけでは決して乗り切れないものですね。
ダイエット成功には、それなりのテクニックが必要なのです。
ここでは、ダイエットの主な挫折理由を確認し、食べたい衝動を抑えるなど、その克服方法を紹介します。

ダイエット 挫折の理由は

ダイエット最大の敵は、「食べたい!飲みたい!」という衝動でしょう。
himan4これが、ダイエットで挫折してしまう最大の理由と言えます。

この欲求はとりあえずしばらく我慢していれば通り過ぎてしまうものです。

ある心理学者は衝動を波に、衝動を克服することをサーフィンに例えました。

波は小さく始まり、やがて大きな波頭になり、壊れ、なだらかに消えてゆく。
波と闘ってひっくり返されるのではなく、波に「乗る」技術を身につけることを考えましょう。
ダイエットをしている人にとって、食欲の波が通り過ぎるのを待つのがいちばんかもしれないが、さらに波に乗る技術を習得すれば、どんな衝動が来てもそれなりに対応できるようになるでしょう。

食べたいという衝動を抑えるには

食欲の波に乗る方法は簡単です。
食べたい!という衝動に駆られたときに何か別のことをするだけでよいのです。
別のことをして気を紛らわせているうちに、波は砕け、小さくなって消えてしまう。

以下にいくつかサーフィンに役立ちそうな手段をあげてみました。
このほかにも、ぜひあなた自身の方法を考え、実行してみてください。
working①たまっていた仕事を猛烈にに片付ける
②自分ののカラダ日記を読み返す
③知人に電話したり、メ―ルや手紙を書く
④歯を磨く
⑤ストレッチなど軽い運動をする
⑥散歩する
⑦音楽をを聴いたり、楽器を演奏する
⑧読書をする。
⑨ドライブに行く
⑲車を洗う
⑪シャワーを浴びる
⑫庭の手入れをする
⑱映画を見に行ったり、ビデオを見る
⑭ダイエット本本を読む
⑯犬と散歩に行く

ダイエットでの挫折の克服方法は

ダイエットに付きものなのが、目標どおりに行かなかったときの挫折感です。
挫折感にさいなまれず、気楽にダイエットを進めるためには、完璧主義をやめ、楽天主義でのんびり構えるのがコツです。bihada
できなかったことより少しでもできていることや、新しく始めたことに日をむけ、「案外、頑張れているじゃないか!」とどんどん自分をほめましょう。
ちょっとした失敗にとらわれ、「もう終わりだ」とこれまで積み上げてきたものを丸ごと放り出してしまうのはもったいないことです。
何かを達成したとき、私たちの脳内にはドーパミンという神経伝達物質がたくさん分泌されます。
ーパミンが分泌されると嬉しいとか楽しいといった感情が引き起こされ、さらにやる気もわいてくるので、通称「やる気ホルモン」などと呼ばれています。

このドーパミンをうまく分泌させ、ダイエットのやる気を持続させるためには、達成可能な小
さな目標を常に目の前にぶら下げておくことが大切です。
「3カ月で3kg減」「アルコールを減らす」「できるだけ歩いたり、階段を使う」など、現在の自分にとって身近で達成可能な目標を掲げることがダイエット挫折を防ぐ最大のコツだと心得ましょう。

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。 その実践のポイントはご飯やパ

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

糖質制限でタンパク質をしっかりとる理由は?カロリー制限では?満腹感や満足度は?

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットについて。 前回の記事では、糖質制減食ではタンパク質や

記事を読む

痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした

記事を読む

ダイエットの運動は何をすれば良い?消費エネルギーや自律神経の関係は?

ダイエット目的で運動を始めるなら、やはりフィットネスクラブに入会したほうがいいのでしょうか。 たし

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

脂肪の吸収をおさえる物質|プロタミンと塩基性タンパク質の効果とは?

脂肪を摂りすぎると肥満に繋がると考えられています。 でも、脂肪と一緒にあるたんぱく質を食べると

記事を読む

代謝アップに効果がある栄養成分は? サプリは?運動+BCAAの効果とは?

綺麗な体を作るためには、体内で起こるさまざまな代謝を活性化する必要があります。 そこで、ここで

記事を読む

ストレスに強い人とは? ストレスの解消法は?ストレス対策に効くサプリとは?

既にご紹介しました記事、 ⇒ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

記事を読む

糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。 今回

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

→もっと見る

PAGE TOP ↑