ダイエットを成功の秘訣|食事制限のやり方は?運動は何をすればよい?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

fuyufutoriお肌の露出機会が多い夏にむけて、ダイエットに取り組む女性や
メタボ検診で肥満を指摘されて、生活習慣病予防のために
ダイエットに取り組む男性も増えてきています。

そこで、ここでは、ダイエットを成功の秘訣として、食事制限のやり方
と、運動は何をやればよいかをご紹介します。

ダイエットを成功させる秘訣は

 keto0ダイエットを成功させる秘訣は、あせっていっぺんにやせようとするのではなく、
やせるための新しい習慣を身につけながら、ゆっくりとやせようとすることです。

そこで、問題は、やせるための新しい習慣です。
自分の生活をふりかえって、太る原因になっているものをのぞかねばなりません。

太る原因としては食事の摂り過ぎ、食べ方、タイミングなど。
また、運動不足も太る原因になりますね。

ダイエットの食事制限のやり方は?

間食をやめる

himan4まず間食をやめることです。
どうしても口になにかを入れたいときは、カロリーのないお茶や、砂糖をぬいた紅茶やコーヒーでがまんしてください。
甘味のあるソフトドリンクなどは避けるべきです。

食事のタイミング 

食事も夜寝る前のどか食いはやめて、朝・昼・夕の決められた時間に食事をし、夕食のあと少なくとも二時間以上たってから床につくようにしましょう。

受験勉強などで夜ふかしするときも、夜食にカロリーの多いものは食べてはいけません。
お茶や砂糖ぬきのコーヒー、軽いスナックでがまんしましょう。

腹八分目でやめる

三度の食事も、もう少し食べたいと思うところでやめる腹八分目がたいせつです。
腹八分目とは人によってちがいますが、ふつうの大人で1600~1800キロカロリー、成長期の若者では1800~2000キロカロリーの食事に相当します。
このとき、かたよった食品ばかりをとるのではなく、
いろんなものをバランスよく食べることが必要です。

ダイエットで運動は何をすればよい?

運動せざるをえない新しい習慣をつくる。

 
jyogingu運動もたいせつです。
ダイエットだけで運動をしないと、体重は一時的には減りますが、あとで減らなくなります。
いわゆる、リバウンドですね。

そこで、日常生活のなかでこれまで以上に運動せざるをえないような新しい習慣をつくるようにしましょう。

新しい習慣の例

新しい運動習慣の例
・通学や通勤でいままでのバス停より遠い停留所を利用する
・エレベーターをやめて階段をつかう
・一週間に一度スポーツクラブにかよう

まとめ

これまでの生活のなかで太る原因になっていたと思われるものをとりだし、それをなくしたり変える方法を自分なりに工夫し、時間をかけて気長に実行することがたいせつです。

1カ月に2~3キログラム体重が減るのを目標にすべきです。

極端な減量をのぞんで絶食に近いダイエットをしても、そのような行為は長つづきせず、たとえ一時的に体重が減少することはあっても、またもとにもどってしまうからです。

 スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

ダイエットに成功する食事のコツは?不規則な食事、夜遅い食事はどうする?

遅い夕食、アルコールとおつまみでカロリーオーバーと、ビジネスマンの食生活はおよそダイエットには不向き

記事を読む

腸内環境を整える食事は?油抜きダイエットの弊害&良質の油を適量摂るとは?

女性の中には、頑間な便秘や下腹の張りなど、腸の調子が今ひとつすぐれないという悩みを抱えている人が多い

記事を読む

メタボの腹囲基準の男女差は?内臓脂肪は女性も注意?落とし方は簡単?

前回紹介したメタボの診断基準の第1の基準である腹囲については男女差があります。 男性85センチ

記事を読む

リバウンドする原因は?繰り返しが怖い理由は?ウエイトサイクリングとは?

ダイエットのための食事制限、一大決心してダイエットに臨む、必死に頑張るダイエット、 短期(速攻

記事を読む

肉食は健康に悪い?日本人の寿命が長い理由は?肉食の起源は?

大腸ガンは日本人にはあまり縁のない病気でした。 ところが最近は、それが年々増えてきています。

記事を読む

糖質制限で痩せるメカニズム|脂肪の摂取が増えても痩せる理由とは?

実践してみればわかりますが、糖質制限をすると、ほとんどの人は面白いように体重が減り、お腹回りがスマー

記事を読む

ダイエット 挫折の理由は?食べたい 衝動を抑えるなど挫折克服方法は?

ダイエットは孤独なマラソンようなものです。 鉄の意志でダイエットに臨んでも、どうしても食欲に負ける

記事を読む

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1番!とは?

あなたは、デトックスという言葉の意味をご存知ですか? デトックスの英語表記は「detox」。「

記事を読む

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由は?

メタボはお腹まわりだけでは決まらない? 脂肪の種類は 人間の脂肪には、2つの種類があります。

記事を読む

牛乳は飲み方次第で骨を弱くする!?おすすめの飲み方は?摂取の適量とは?

前回の記事: 牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも

牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも摂取できないとは?

牛乳神話の崩壊とは? 牛乳神話とは 「牛乳やヨーグルトなどの乳製品

揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機

飲み会続きには「腸を強くするメニュー」がおすすめ!納豆や酢の健康効果とは?

忘年会、新年会、送別会、新人歓迎会、同窓会、…など 仕事上のつき

大豆の健康&ダイエット効果に注目!イソフラボンが女性をきれいにするとは?

日本では昔から豆腐、みそ、納豆など、大豆を原料とした食品がよく食べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑