ダイエットを成功の秘訣|食事制限のやり方は?運動は何をすればよい?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

fuyufutoriお肌の露出機会が多い夏にむけて、ダイエットに取り組む女性や
メタボ検診で肥満を指摘されて、生活習慣病予防のために
ダイエットに取り組む男性も増えてきています。

そこで、ここでは、ダイエットを成功の秘訣として、食事制限のやり方
と、運動は何をやればよいかをご紹介します。

ダイエットを成功させる秘訣は

 keto0ダイエットを成功させる秘訣は、あせっていっぺんにやせようとするのではなく、
やせるための新しい習慣を身につけながら、ゆっくりとやせようとすることです。

そこで、問題は、やせるための新しい習慣です。
自分の生活をふりかえって、太る原因になっているものをのぞかねばなりません。

太る原因としては食事の摂り過ぎ、食べ方、タイミングなど。
また、運動不足も太る原因になりますね。

ダイエットの食事制限のやり方は?

間食をやめる

himan4まず間食をやめることです。
どうしても口になにかを入れたいときは、カロリーのないお茶や、砂糖をぬいた紅茶やコーヒーでがまんしてください。
甘味のあるソフトドリンクなどは避けるべきです。

食事のタイミング 

食事も夜寝る前のどか食いはやめて、朝・昼・夕の決められた時間に食事をし、夕食のあと少なくとも二時間以上たってから床につくようにしましょう。

受験勉強などで夜ふかしするときも、夜食にカロリーの多いものは食べてはいけません。
お茶や砂糖ぬきのコーヒー、軽いスナックでがまんしましょう。

腹八分目でやめる

三度の食事も、もう少し食べたいと思うところでやめる腹八分目がたいせつです。
腹八分目とは人によってちがいますが、ふつうの大人で1600~1800キロカロリー、成長期の若者では1800~2000キロカロリーの食事に相当します。
このとき、かたよった食品ばかりをとるのではなく、
いろんなものをバランスよく食べることが必要です。

ダイエットで運動は何をすればよい?

運動せざるをえない新しい習慣をつくる。

 
jyogingu運動もたいせつです。
ダイエットだけで運動をしないと、体重は一時的には減りますが、あとで減らなくなります。
いわゆる、リバウンドですね。

そこで、日常生活のなかでこれまで以上に運動せざるをえないような新しい習慣をつくるようにしましょう。

新しい習慣の例

新しい運動習慣の例
・通学や通勤でいままでのバス停より遠い停留所を利用する
・エレベーターをやめて階段をつかう
・一週間に一度スポーツクラブにかよう

まとめ

これまでの生活のなかで太る原因になっていたと思われるものをとりだし、それをなくしたり変える方法を自分なりに工夫し、時間をかけて気長に実行することがたいせつです。

1カ月に2~3キログラム体重が減るのを目標にすべきです。

極端な減量をのぞんで絶食に近いダイエットをしても、そのような行為は長つづきせず、たとえ一時的に体重が減少することはあっても、またもとにもどってしまうからです。

 スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。 脂質もとりすぎれ

記事を読む

ダイエットに成功する食事のコツは?不規則な食事、夜遅い食事はどうする?

遅い夕食、アルコールとおつまみでカロリーオーバーと、ビジネスマンの食生活はおよそダイエットには不向き

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

糖質制限とカロリー制限の併用は間違い?リバウンドや痩せない理由は?

従来、カロリー制限でダイエットしていた方が糖質制限する際、よくある間違いがあります。 それは、糖質

記事を読む

ご飯のカロリーは?食べ過ぎると?玄米で便秘解消できる?

「お米は世界でも類を見ないほどおいしい主食だ」といわれています。 たとえば、焼きノリだけでもお

記事を読む

基礎代謝を上げる方法|日常生活 の活動レベルを上げるには?

寒い冬は、つい屋内にこもりっきりになり、運動不足になりがちです。 一方、飽食の時代、食料は豊富

記事を読む

肥満の種類は?皮下脂肪型と内臓脂肪型の違いは?病気になりやすいのは?

肥満の種類と見分け方は? 肥満の種類は 肥満は脂肪のつき方によって2種類にわけられます。

記事を読む

リバウンドの繰り返しは痩せにくい体に!食べないダイエットの悪影響とは?

ダイエット中は痩せたがダイエットを中断するとまもなく元の体重に戻ってしまった。 このような、いわゆ

記事を読む

人類の食の歴史から見る!糖質の過剰摂取が糖尿病を増やすわけは?

私たちは、物心がついた頃から白いご飯やパンを食べ続けてきたので、「糖質は体に悪い」と言われてもなかな

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑