過食防止のため、 気晴らし食いや早食い、ドカ食いをやめる方法は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。
それは、気晴らし食い、早食い、ドカ食いです。
ダイエットを成功させるために、わたしたちは、この傾向から学ぶべきことがたくさんあります。

そこでここでは、気晴らし食い、早食い、ドカ食いを防止する方法をご紹介します。

過食防止のため、 気晴らし食いをやめるには?

kibarasigui太っている人の食べかたの代表的なものは、「気晴らし食い」です。
おなかがすいたわけでもないのに、ついそばにあるお菓子やくだものに手がのびるという行動です。
間食をすることで、いらいらをしずめ、気晴らしをしているのです。

このような間食がつづくかぎり、やせることはできません。

どうしても間食をしたくなったら、水やお茶などカロリーのないものを飲んで気を落ちつかせるとか、お菓子やくだものなどを近くにおかないようにする必要があります。

早食いを止める方法は?

hayagui太っている人は、一般に食べるのが早い傾向があります。

早く食べると、食べた量におうじた満腹感がえられません。

というのは、ふつう食べものをロでかんでいるあいだに、口脛粘膜、味蕾、咬筋などから大脳皮質へ信号が送られ、さらに皮質から空腹中枢を抑制する信号が出されます。

ところが早くのみこむと、この信号が送られるひまがないために、空腹中枢が抑制されない、つまりはたらきっぱなしとなり、いつまでたっても空腹感がなくならないのです。

ゆっくりかんでいると、食べた量におうじて空腹中枢が抑制され、空腹感がなくなってきます。
一口について30回はかむようにする必要があります。

また、食事の途中で箸をおいてゆっくりかむようにしてみるのもいいでしょう。

食事時間が10分以上になると、血糖やインスリンが上昇し、これらが満腹中枢を刺激して満腹感がでてきます。

よくかみ食事に時間をかけることで、空腹感がなくなり、満腹感がでてくることで食事の量を減らすことが可能になるのです。

ドカ食いをやめる方法は?

dokagui太っている人はよく「どか食い」をします。

朝と昼の食事をぬいて、夕食にどかっと食べたりします。

たとえ一日にとるカロリーは同じであっても、それを三回に分けて食べるほうが、一回で食べるどか食いよりも太らないのです。

理由は、どか食いによって血糖とインスリンの量が急上昇し、脂肪細胞の脂肪合成が高まるからです。

三回に分けて食べると、血糖やインスリンの上昇が低くおさえられるので、脂肪の合成も比較的ゆっくりで、肥満を予防できるのです。

なお、食べ過ぎ防止にはこんな方法もありますよ
↓ ↓  ↓
炭酸水ダイエットのメリットとデメリット?実践方法は?効果は?

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

太らない 体質の作り方|食材の買い物の頻度は?買い物上手なダイエッターは?

太る理由の1つとして食べ過ぎが考えられます。 従って、もしあなたが太らない体質を手にしたいのな

記事を読む

ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

これまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

ダイエットの停滞期っていつ? なぜ来る?脱出の方法は?

ダイエットを実践したあなたは、こんな経験はないだろうか? 開始した当初は順調に体重が減るのに、

記事を読む

ダイエットで リバウンドするのはなぜ?原因は?エネルギーが不足するとは?

雑誌の広告やテレビのコマーシャルでよくみかけるのが 「私こんなに痩せました!」 という、太っていた

記事を読む

人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

以前ご紹介した記事 正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘? では、

記事を読む

腹八分目の おすすめ理由は?腹八分目に抑える方法、コツは?

食べ過ぎることが太る原因であるってことは誰でも知ってる常識です。 でも、好きなものを目にすると

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

糖質制限で食べれるご飯の量は?厳しい制限は危険か?実践上の注意点は?

昨今、糖質制限のダイエット効果が認められてきて、実践される方が増えてき

→もっと見る

PAGE TOP ↑