でんぷん、タンパク質、脂肪の消化吸収のしくみとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

わたしたちが食べたものは、どんなしくみで消化され、吸収されるのでしょうか。
じつは、食品の消化・吸収は、ダイエットにとってたいへん重要なことです。
食品の量や質だけでなく、どのようなスピードで消化・吸収がおこなわれるかが問題です。
同じ量を食べても、早く吸収されれば血糖も急に上がり、それにおうじてインスリンも急に増えます。
インスリンのはたらきで血糖がさかんに脂肪細胞にとりこまれ、脂肪としてたくわえられるのです。
一方、ゆっくりと吸収されれば、血糖やインスリンの上昇も少なく、脂肪として体内にたまる危険は少なくなるというわけです。
ここでは、でんぷん、タンパク質、脂肪のそれぞれの消化吸収のしくみをご紹介します。

デンプンの消化吸収のしくみは?

denpun-bunkai

まず食品にふくまれるデンプンの消化・吸収をみてみましょう。

デンプンは、そのままのかたちでは体内に吸収されません。

まず、かむ過程で唾液腺から分泌されるアミラーゼの作用をうけて分解がはじまりますが、胃にいくと酸性になるので、アミラーゼによるデンプンの分解は止まってしまいます。

デンプンの分解は、おもにすい臓から分泌されるアミラーゼによって小腸内でおこなわれます。デンプンはブドウ糖が連なったものですがアミラーゼによって、ブドウ糖が二つだけ連なったマルトースにまで分解されます。

マルトースはつぎに、小腸粘膜にあるマルターゼのはたらきでブドウ糖にまで分解されたのち、小腸から吸収されます。
そして毛細血管に入り、門脈を通って肝臓へはこぼれます。
一部はそのまま血管内に出ていきますが、のこりはグリコーゲンに合成され、たくわえられます。

そして必要におうじて、グリコーゲンを分解してブドウ糖にして血液のなかにはこびだし、からだのいろいろなところに送りだされます。

タンパク質の消化 分解のしくみは?

タンパク質はどうなるでしょうか。胃から分泌されるペプシン、すい臓から分泌されるトリプシンの二つの分解酵素のはたらきで、ポリペプチド(アミノ酸が数個つながったもの)に分解され、さいごに小腸粘膜にあるペプチダーゼで一個ずつばらばらのアミノ酸にされます。
tapaku-bunkai

アミノ酸は、毛細血管に入り、門脈をへて肝臓にはこぼれます。そこから血液に入ってからだのあちこちにはこぼれ、細胞をつくる構造タンパク質になります。
また、肝臓や下垂体などでは、とくべつのはたらきをもった機能タンパク質がつくられます。

脂肪の消化吸収のしくみは?

食品にふくまれる脂肪も、リパーゼのはたらきで分解されたのち、小腸から吸収されます。
まず、かんでいる過程で、舌下腺から分泌される舌下腺リパーゼの作用をうけます。
食べたものが胃にいくと、胃リパーゼがあります。
胃は酸性ですが、舌下腺リパーゼも胃リパーゼも、酸性条件でよく脂肪を分解します。

sibou-bunkai

しかし、おもに分解されるのは、やはり小腸です。
胆管から分泌された胆汁酸やリン脂質が脂肪とまじって、ミセル(小さな脂肪の粒子)をつくります。

この脂肪ミセルにすい臓リパーゼが作用することで、脂肪が分解され、脂肪酸とベーターモノグリセリドのかたちで小腸から吸収されます。

胆汁酸は、脂肪をミセルにすることで、すい臓リパーゼがはたらきやすいようにするとともに、リパーゼがよわって活性を失うのを防ぐはたらきをしています。

脂肪酸やベーターモノグリセリドは小腸粘膜の上皮細胞で吸収され、この細胞のなかでふたたび脂肪につくりかえられ、リポタンパクの一種であるカイロミクロンとなってリンパ管を通って静脈へ流れこみます。

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

糖質制限とカロリー制限の併用は間違い?リバウンドや痩せない理由は?

従来、カロリー制限でダイエットしていた方が糖質制限する際、よくある間違いがあります。 それは、糖質

記事を読む

人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

以前ご紹介した記事 正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘? では、

記事を読む

ストレスでなぜ食べ過ぎる?満腹中枢と摂食中枢って?ストレス解消法のランキングは?

前回の記事「ストレスで太るのはなぜ?空腹でない食欲とは?過食を防止するには?」で 空腹でないのに食

記事を読む

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

記事を読む

腸内環境の悪化で起こる異常とは?便秘、肌荒れ、肥満になる?

腸内環境を整えることは便秘を解消して肥満や肌荒れを防ぐだけではなく、私たちの健康に大きく関わっている

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」になら

記事を読む

ごはんの太らない 食べ方は?食べ合わせは?太る原因はカロリーではないとは?

ごはんの太らない 食べ方は? 日本人のダイエットだからこそ、ごはんを上手に食べることは重要課題です

記事を読む

朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」って

記事を読む

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエ

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

→もっと見る

PAGE TOP ↑