痩せるための食品とは?肥満の原因は脂肪細胞?高タンパクは太らない?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

食品の消化・吸収は、ダイエットにとってたいへん重要なことです。
ダイエットで、痩せるためにはどんな食品を摂ったらよいのでしょうか
それは、その食品が消化吸収されて分解されるプロセスと密接に関係します。

ここでは ダイエットで痩せるために摂るべき食品や栄養素についてご紹介します。

ダイエットで痩せるための食品とは?

脂肪の材料となる血糖やリポタンパク、とくにカイロミクロンは、いずれも食べものからつくられたものです。
そこで、血糖やリポタンパクを限度を越えて増やさないようにする食事が、肥満を予防することになります。
tousitu

肥満の原因は脂肪細胞が太るから?

食品中のデンプンや砂糖は、ブドウ糖として腸から吸収され、血糖値を上げます。
また食品にふくまれる脂肪は、小腸内で脂肪酸とベータ,モノグリセリドに分解されたのち、腸から吸収されます。

その吸収の過程でふたたび脂肪につくりかえられ、カイロミクロンとよばれるリポタンパクのかたちで血液中にあらわれます。

リポタンパク中の脂肪は、血管壁にあるリポタンパクリパーゼによって分解され、生じた脂肪酸が脂肪細胞にとりこまれ、脂肪としてたくわえられるのです。

このようにみてくると、食品中のデンプンや砂糖、脂肪が、血液中の血糖やリポタンパクを増やす元凶であり、肥満の原因になっていることがわかります。

高タンパクは太らないって?

kotanpakufoodでは、食品中のタンパク質はどうなのでしょうか。タンパク質は小腸内で分解され、主としてアミノ酸として吸収されます。
アミノ酸の一部も血糖や脂肪酸になりますが、その割合はデンプンや脂肪にくらべるといちじるしく少ないのです。
またアミノ酸は、からだのなかのタンパク質をつくる材料になります。
ほんとうのやせとは脂肪だけが減ることであり、脂肪だけでなくタンパク質まで減ってくるのは、やせではなく衰弱という病気です。

このようにみてくると、やせるためのダイエット食品とは、低糖質・低脂肪・高タンパクということになります。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

abata_5

近年、注目されている正しい糖質制限ダイエットでは、たんぱく質のみならず脂質もしっかり摂った方が良いとされています。
つまり、糖質制限ダイエットで綺麗に痩せるためには低糖質・高脂質・高タンパク質が正解なのです。

麺好きの私は、主食は好物のさぬきうどんの代わりに、たんぱく質が豊富な大豆麺を食べるようにしています。

 ↓ ↓ ↓

大豆麺ソイドルで糖質制限の効果をアップする方法とは!?

↓ソイドルの公式ページはこちら↓

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑