「 月別アーカイブ:2016年05月 」 一覧

ココナッツオイルは化粧品に使える?手作りできる?掃除には?

ココナッツオイルは、食べる以外にも使い方があります。 それは、美容やそうじ。 ここでは、化粧品として使用する方法のほか、 手作りする場合、掃除に使う場合をご紹介します。 オイルが直接害

続きを見る

ココナッツオイルの使用方法:料理に食用として使う際の注意点とは?

メディアや雑誌で特集が組まれるほど人気のココナッツオイルですが どうやって使うのか?実際にはわからない・・・という方に ここでは ココナッツオイルについて、食用として料理への活用法や注意点につ

続きを見る

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロールを減らす効果が期待できます。 つまり「サラサラ血」にする効果もあるのです。 ここでは、

続きを見る

ケトン体 ダイエットの効果を高める「地中海料理+DHA&EPA」とは?

ケトン体食事法の安全性と効果をさらに高めるために、「 地中海料理‎を採り入れること」と「DHA EPAを摂取すること」が良いことが分かってきました。 ここでは、地中海料理やDHA&EPAが有効である

続きを見る

ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

これまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。 ところがその糖質制限よりもケトン体食事法の方が、 さらに減量しやすく、健康面に良いと注目されて

続きを見る

ココナッツオイル ダイエットで中性脂肪を減らし便秘解消もできる訳は?

肥満は、いろいろな病気の原因となります。 ココナッツオイルは肥満を解消するダイエットや便秘に効くことが分かってきました。 ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸なので消化吸収が早いからです。

続きを見る

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

PAGE TOP ↑