アミノ酸が肥満を防ぐ!血糖を脂肪細胞に取り込むインスリンの作用を阻害する

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

糖質のみが血糖値を上げ、血管中の余分の血糖は肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの働きによって、体内の脂肪細胞に取り込まれます。

つまり、糖質とインスリンのはたきが肥満を招くのです。

ところが、同じ量の糖質を食べても、高タンパク食品と一緒に食べると、インスリンのこの働きが抑制されることが分かっています。

ここでは、その理由を明らかにします。

アミノ酸が肥満を防ぐ訳は?

肥満を予防するダイエット食品は、一般的には低糖質・低脂肪・高タンパクのものと言われています。
低糖質・低脂肪がダイエットによい理由は、脂肪組織の脂肪の材料となる血糖やリポタンパクを増やさないからです。

肥満の予防に高タンパクな食品がよいのは、これが血糖やリポタンパク中の脂肪に変わることが少ないからですが、じつはもう一つ理由があるのです。

その理由とは、食品中のタンパク質の大部分は、小腸内でアミノ酸にまで分解されてから吸収されます。

このアミノ酸が肥満の予防に重要なはたらきをするのです。
aminosan

 

インスリン 血糖 脂肪細胞の関係は?

血糖だけが脂肪合成の鍵!

keto-sibo脂肪細胞内で合成される脂肪の材料は、血液中にある血糖とリポタンパク(カイロミクロン、VLDL)です。

脂肪はグリセロールと脂肪酸からできていますが、血糖はこの両方の、リポタンパクは脂肪酸だけの材料です。

つまり、血糖だけがグリセロールの材料になれる点で、脂肪合成の鍵をにぎっているのです。

インスリンが脂肪細胞に入るドアを開ける!

この血糖は、脂肪細胞に自由に入ることはできません。

脂肪細胞に入るためのドアがあるのです。

だれかがこのドアを開けてくれなければ、入ることはできません。

この脂肪細胞のドアを開けるのがインスリンです。

インスリンの作用をアミノ酸が防止する?

ところがインスリンがドアを開けても、ある種のアミノ酸があると、血糖のかわりにアミノ酸が入りこんでしまうのです。

このアミノ酸とは、アラニン、バリン、ロイシン、システイン、メチオニン、リジン、フユニルアラニン、プロリンなどです。
血糖のかわりに、このようなアミノ酸が脂肪細胞にとりこまれても、ほとんど脂肪にはなりません。

このようなアミノ酸が血糖のかわりにとりこまれて、血糖が脂肪細胞に入るのを阻害する濃度は、だいたい血液中に存在するアミノ酸濃度の付近です。

そこで、少しでもこのようなアミノ酸が血液中に増えれば、インスリンによる血糖のとりこみをおさえ、肥満を防ぐことが期待されるのです。

要するに、アミノ酸がインスリンによる血糖の脂肪細胞へのとりこみをじゃまするのです。

従って、アミノ酸の基となる高たんぱく食品を食べれば糖質を食べても肥満になるのを抑制できるのです。

例えば、麺好きの方は高たんぱく食品の大豆麺で効率的にダイエットできますよ。
↓ ↓ ↓
 
ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
肉でキレイに痩せる理由|その健康・美容効果とは?肉ダイエットのレシピをご紹介!

前回の記事:食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招

食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で約10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

ガンにならないファイトケミカルスープの作り方は?食べ方は?保存方法は?

前回の記事 ファイトケミカルは加熱して摂る!野菜スープが最適?生

→もっと見る

PAGE TOP ↑