アミノ酸が肥満を防ぐ!血糖を脂肪細胞に取り込むインスリンの作用を阻害する

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖質のみが血糖値を上げ、血管中の余分の血糖は肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの働きによって、体内の脂肪細胞に取り込まれます。

つまり、糖質とインスリンのはたきが肥満を招くのです。

ところが、同じ量の糖質を食べても、高タンパク食品と一緒に食べると、インスリンのこの働きが抑制されることが分かっています。

ここでは、その理由を明らかにします。

アミノ酸が肥満を防ぐ訳は?

肥満を予防するダイエット食品は、一般的には低糖質・低脂肪・高タンパクのものと言われています。
低糖質・低脂肪がダイエットによい理由は、脂肪組織の脂肪の材料となる血糖やリポタンパクを増やさないからです。

肥満の予防に高タンパクな食品がよいのは、これが血糖やリポタンパク中の脂肪に変わることが少ないからですが、じつはもう一つ理由があるのです。

その理由とは、食品中のタンパク質の大部分は、小腸内でアミノ酸にまで分解されてから吸収されます。

このアミノ酸が肥満の予防に重要なはたらきをするのです。
aminosan

 

インスリン 血糖 脂肪細胞の関係は?

血糖だけが脂肪合成の鍵!

keto-sibo脂肪細胞内で合成される脂肪の材料は、血液中にある血糖とリポタンパク(カイロミクロン、VLDL)です。

脂肪はグリセロールと脂肪酸からできていますが、血糖はこの両方の、リポタンパクは脂肪酸だけの材料です。

つまり、血糖だけがグリセロールの材料になれる点で、脂肪合成の鍵をにぎっているのです。

インスリンが脂肪細胞に入るドアを開ける!

この血糖は、脂肪細胞に自由に入ることはできません。

脂肪細胞に入るためのドアがあるのです。

だれかがこのドアを開けてくれなければ、入ることはできません。

この脂肪細胞のドアを開けるのがインスリンです。

インスリンの作用をアミノ酸が防止する?

ところがインスリンがドアを開けても、ある種のアミノ酸があると、血糖のかわりにアミノ酸が入りこんでしまうのです。

このアミノ酸とは、アラニン、バリン、ロイシン、システイン、メチオニン、リジン、フユニルアラニン、プロリンなどです。
血糖のかわりに、このようなアミノ酸が脂肪細胞にとりこまれても、ほとんど脂肪にはなりません。

このようなアミノ酸が血糖のかわりにとりこまれて、血糖が脂肪細胞に入るのを阻害する濃度は、だいたい血液中に存在するアミノ酸濃度の付近です。

そこで、少しでもこのようなアミノ酸が血液中に増えれば、インスリンによる血糖のとりこみをおさえ、肥満を防ぐことが期待されるのです。

要するに、アミノ酸がインスリンによる血糖の脂肪細胞へのとりこみをじゃまするのです。

従って、アミノ酸の基となる高たんぱく食品を食べれば糖質を食べても肥満になるのを抑制できるのです。

例えば、麺好きの方は高たんぱく食品の大豆麺で効率的にダイエットできますよ。
↓ ↓ ↓
 
ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ダイエットを成功の秘訣|食事制限のやり方は?運動は何をすればよい?

お肌の露出機会が多い夏にむけて、ダイエットに取り組む女性や メタボ検診で肥満を指摘されて、生活習慣

記事を読む

冷や ご飯 ダイエットとは?保温式弁当箱はNG?冷えた おにぎりは?

糖質制限がダイエットに有効である事はわかっていても、ごはん好きのあなたは「痩せることはできない」と思

記事を読む

間違った ダイエットとは?食べる ダイエットの方法は?ダイエットの本来の意味は?

間違った ダイエットとは? ダイエットをしている人の多くが、「食事を減らす」、極端な人では「食べな

記事を読む

ダイエット中のアルコールの影響は?適量とは?守るコツは?

「アルコールは体脂肪に変わりにくい」「ごはんはアルコールで摂る」…… 酒好きは、自分で勝手に理屈を

記事を読む

好きなものを食べる ダイエットとは?食べるタイミングと食べ過ぎに注意!

太っている人でダイエットに挫折してしまう理由として、「好きなものが食べられなくなるから」とい

記事を読む

太らない食べ方、順番は?ダイエットの外食は定食、野菜→おかず→主食の順が良い?

太らない食べ方、順番とは? まずは野菜。最後に炭水化物を食べるほうが太らない事がわかっています。

記事を読む

カツ丼は高カロリー!含まれるビタミンは?食物繊維を補給するには?

前回は牛丼について取り上げましたが、今回はカツ丼についてです。 カツ丼は牛丼よりもさらに、高カ

記事を読む

40代の睡眠が浅い理由?睡眠の老化防止法?中途覚醒を予防するには?

40代の睡眠が浅い理由は? 睡眠時問も睡眠の質も、年齢とともに変化します。 あなたは若いころ

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

ストレスの身体への影響|過食が招く悪循環は?ストレスをためない 方法は?

食べ過ぎの原因の一つにストレスが上げられます。 ここではストレスの身体への影響をまず確認した後

記事を読む

腸内細菌が健康に影響する!腸内環境を 良くするには?ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

腸というものは、私たちが自分でコントロールすることが可能な臓器です。

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

→もっと見る

PAGE TOP ↑