脂肪の吸収をおさえる物質|プロタミンと塩基性タンパク質の効果とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

sibo-kyusyu脂肪を摂りすぎると肥満に繋がると考えられています。

でも、脂肪と一緒にあるたんぱく質を食べると、脂肪の吸収が抑えられることが分かっています。

そのあるたんぱく質とはプロタミンと塩基性タンパク質です。

ここでは、プロタミンと塩基性タンパク質の脂肪吸収を抑制する作用と効果についてご紹介します。

脂肪の吸収を抑える物質とは

プロタミン タンパク質の役割は

魚の白子(しらこ)にふくまれるプロタミンというタンパク質は、脂肪の分解を阻害してその吸収を遅らせる可能性があります。

プロタミンは1マイクログラムという微量で、すい臓リパーゼによる脂肪の分解を阻害します。
食べものにふくまれていた脂肪の大部分は、十二指腸で胆汁にふくまれる胆汁酸やリン脂質とまじりあって、小さな油滴(ミセルになります。miseru

このミセルは、脂肪の粒子の表面に胆汁酸やリン脂質が結合したものです。

すい臓から分泌されたリパーゼは、ミセルの表面に吸着して脂肪を分解しますが、すぐによわって活性を失ってしまいます。

プロタミンの効果とは

このとき胆汁酸はリパーゼがよわるのを防ぐはたらきをしているのですが、プロタミンが胆汁酸に結合すると、胆汁酸はそのはたらきができなくなり、リパーゼはよわるにまかせられてしまいます。

したがって脂肪が十分に分解されないことになり、吸収が抑制されるのです。

sibo-yokusei プロタミンがリパーゼに直接はたらくのではなく、胆汁酸をかいして間接的にリパーゼの作用をよわめている点は、とても重要です。
もしもリパーゼに直接はたらくとしたら、この酵素と同じ性質をもつセリン酵素とよばれる一群の酵素(トリプシンやキモトリプシンをふくむ)も影響をうけ、脂肪ばかりでなく、タンパク質の吸収もおさえられ、からだが衰弱することになります。

リパーゼによって分解された脂肪は、脂肪酸とベーターモノグリセリドのかたちで小腸のじゅう毛表面から吸収され、ふたたび脂肪になり、カイロミクロンとよばれるリポタンパクの一部となり、リンパ管を通って血管に流れこみます。

食品中の脂肪が急に吸収されると、血液中のカイロミクロンが急に増え、肥満や動脈硬化の危険にさらされます。

脂肪が、時間をかけてゆっくり吸収されることによって、順に二酸化炭素と水にまで分解され、体内にたくわえられることが少なくなるのです。

塩基性タンパク質の効果は?

pan-bataリパーゼを阻害するのは、プロタミンばかりでなく、塩基性タンパク質のほとんどがそうです。

たとえば小麦粉にふくまれる塩基性タンパク質は、リパーゼやコレステロールエステラーゼを阻害し、脂肪やコレステロールエステル(コレステロールに脂肪酸が結合したもの)の腸からの吸収を阻害します。

パンにバターをつけて食べるのもヘルシーな食べかたといえます。

パンにふくまれる塩基性タンパク質が、バターにふくまれる脂肪やコレステロールエステルの吸収をおくらせるからです。

なお、パンには高糖質食品ですが抵糖質食品で塩基性タンパク質を多く含むものがあります。

それは大豆食品です。

大豆食品がダイエットに適しているといわれる理由はここにもありますね。

例えば、麺好きの方は以下の大豆麺で効率的にダイエットできますよ。
↓ ↓ ↓
 
ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

腸内環境の悪化で起こる異常とは?便秘、肌荒れ、肥満になる?

腸内環境を整えることは便秘を解消して肥満や肌荒れを防ぐだけではなく、私たちの健康に大きく関わっている

記事を読む

満腹中枢をコントロールしゆっくり食べる方法は?よく噛むことの効果は?

肥満の主要な原因が、「大食い」であることは確かです。 でも、「早食い」を直せば「大食い」になら

記事を読む

内臓脂肪の落とし方|コンビニランチ選択時の2つの注意点とは?

近年、コンビニの数が増え、商品も多彩になり、充実してきました。 昼食はコンビニなどで、おにぎり

記事を読む

糖質制限ダイエットのメカニズム|インスリンと肥満の関係・太らない方法は?

近年、短期間で痩せると注目を集めている糖質制限ダイエットですが、 あなたは、糖質の摂取を制限すると

記事を読む

糖質や脂質の吸収を抑えるサプリは?体脂肪の合成抑制、分解促進は?

ダイエットの基本といえばまず食事制限。 でも、独身者や単身赴任の方なら、食事制限に取り組みやすいで

記事を読む

日本人の死因 ランキングは?メタボリックドミノとは?メタボ患者数は?

なぜ、ダイエットが必要なのでしょうか? それは、肥満が見た目がかっこ悪いだけでなく健康に重大な悪影

記事を読む

GI値とは?低インスリン ダイエットとは?炭水化物プラス砂糖はダイエットの敵!とは?

GI値 とは? GI値とは、グリセミック・インデソクスの略で、炭水化物が糖に変わる比率を数値化した

記事を読む

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。

記事を読む

体内時計と睡眠、睡眠時間と肥満度の関係は?生活 リズムを整えるには?

体内時計と睡眠の関係は? 前回の記事 自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

記事を読む

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑