大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

daizu
ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。

でも、空腹を我慢するのって、つらいですよね。

ダイエット中でも、食べてよいものってないのでしょうか?

あります。それが大豆食品です。

ここでは、大豆に含まれるたんぱく質サポニンが、ダイエットに効果がある理由をご紹介します。

大豆サポニンの効果・効用とは?

daizusaponinkoka2大豆は油の害を防ぐ」といわれています。

たしかに油をよくつかう中国料理には、マーボ豆腐など大豆が材料として多く用いられます。

油の害でもっともいちじるしいものは、酸化によってできる過酸化脂質が引きおこすものです。

過酸化脂質は肝臓を傷つけ、動脈硬化を引きおこし、老化を促進するといわれています。

また、ビタミンB1を分解するため、ビタミンB1不足も誘発します。

以上により、大豆サポニンを摂ると以下の健康効果があることが分かっています。

・脂肪蓄積抑制 ・血流改善 ・老化抑制 ・免疫機能向上

大豆サポニンの作用とは?

サポニンという物質が油の酸化をおさえることがわかりました。

大豆サポニンは、ゆばや豆腐のなかに濃縮されて存在しています。

トウモロコシの油を180度で熟しながら酸素を吹きこむと、油が酸化され過酸化脂質ができます。

このとき油のなかに大豆サポニンを入れておくと、過酸化脂質のできかたが少なくなります。

また、過酸化脂質の多いトウモロコシ油を、チューブでネズミに投与すると、血液中のトランスアミナーゼという酵素が増えてきます。

これは、肝臓に閉じこめられていた酵素が血液中にもれてきたのであり、肝臓が傷ついたことをしめすものです。
daizsaponin-koka
ところで、過酸化脂質の多いトウモロコシ油をネズミにあたえるときに、大豆サポニンをいっしょにやると、トランスアミナーゼの上昇が少なくなります。

この働きが人に作用することにより、過酸化脂質による肝臓障害を大豆サポニンが防ぐのです。

また、大豆サポニンには美肌効果もあることが分かっています。

 

 

 

大豆食品はの肥満予防に適している!

onakadiet大豆サポニンはまた、肥満に対してもすばらしい作用をもっていることがわかりました。

ブドウ糖に金が結合した物質(ゴールドチオグルコース)をネズミに注射すると、満腹中枢が破壊されて、空腸のじゅう毛が拡大し、食べたものがどか吸収されて肥満になります。

ところが、この肥満ネズミに大豆サポニンを食べものにまぜて投与すると、じゆう毛が縮小し、どか吸収がおこらなくなっていたのです。

以上のことから、大豆食品はダイエットにふさわしい食品ということができます。

 

例えば、麺好きの方は以下の大豆麺で効率的にダイエットできますよ。

 

なお、麺好きの人がストレスなく糖質オフダイエットできる!大豆麺ソイドルについては下のサイトでご紹介しています。

大豆麺ソイドルが糖質制限の強い味方とは?

 

大豆麺ソイドルの公式ページはこちら

↓ ↓ クリック ↓ ↓

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑