三大栄養素のカロリー数の疑問?食物毎の測定方法や計算結果はうさんくさい?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖質制限では、なぜカロリー制限をしなくてよいのでしょうか。
tousitu-orcal糖質制限をすると、どうしても以前より脂肪摂取量が増えてしまい、その結果として摂取カロリー数は増える傾向があります。
「摂取カロリーが多いから太る」という栄養学の基本中の基本からすれば、糖質制限をしてもカロリー制限をしなければ太るはずですね?

それなのに、糖質制限では、なぜカロリー制限をしなくて痩せるのでしょうか。?

それは、そもそも栄養学の基本「摂取カロリーが多いから太る」が間違っているからではないのでしょうか?
そう考えて、ここでは食物のカロリー数とは何か、その算出方法には、そもそも科学的根拠があるのか、という点について検証しました。

三大栄養素のカロリー数ってどのように決めた?

カロリー数ってインチキ臭い?

三大栄養素、つまり炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質のカロリー数について、多くの人が知っていいますね。

1グラムあたりで言えば、炭水化物とタンパク質が4キロカロリー、脂質が9キロカロリーです。3daieiyoso
だから、100グラムの炭水化物は400キロカロリーに相当するし、サラダ油100グラムは900キロカロリーになります。
メタボ肥満者にはまず最初に「油のとりすぎに気をつけましょう」と指導するのは、油(脂質)はタンパク質や炭水化物の倍以上のカロリーを含んでいるからです。私も当初そのようにしていました。

でも、このカロリー数はどうやって測定されたのかを調べてみると、かなりインチキ臭いことが分かるのです。

食物のカロリーの測定方法は

さて、三大栄養素(炭水化物〔糖質〕、タンパク質、脂質)や食品の熱量は、どのようにして測定されたのでしょうか。
測定法は、1883年にルブネル(Rubner)という科学者が考案した方法が現在も使われていて、基本的な考え方は同じらしい。

カロリー制限というのは17世紀の古典的な考え方を未だに使っているのですね?

食物のカロリーの計算式

[食物の熱量]=[食物を空気中で燃やして発生した熱量]-[同量の食物を食べて出た排泄物を燃やして発生した熱量]
となり、これをさまざまな食物や各栄養素ごとに測定したのです。

これまで「痩せる」「減量する」というと物差しにするのはカロリー(エネルギー)でした。

消費するカロリーを、食べ物から摂取したカロリー量が上回ると、あまった分が体脂肪になって太る。
だから摂取カロリーを抑えると、足りない分を体脂肪から消費するので痩せていく、というしくみです。

でも、これでは説明がつかないことが多すぎます。

カロリーの定義

karorikeisannカロリーとは「1gの水の温度を1℃上げるのに必要な熱量」のこと。
食べ物が「燃える」とき、どの程度の熱を生じるかを数値化したものです。

試験管の中で「燃える」話をヒトのカラダでエネルギーが作られる過程に当てはめるのはかなり強引です。

カロリーでは代謝のメカニズムの説明ができない?

いまダイエットを語るなら、代謝のメカニズムまで考える必要があるはずです。

ところが、糖質制限で痩せる代謝のメカニズムが明らかになってきているのに
(参照記事:糖質制限で痩せるメカニズム|脂肪の摂取が増えても痩せる理由とは?

カロリー制限でやせるという代謝のメカニズムを説明したものは見当たりません。

ヒトは「たき火」ではありません。
カロリーが多ければ太る、カロリーが少なければ痩せるというのはどうも怪しい、うさんくさい。

食べ物が「燃える」ときに生ずる熱量を、痩せるや太るの尺度にするのは、あまりにも単純な古典的発想ではないでしょうか

人の体の中の代謝のメカニズムや化学反応は、そのような単純なものではないでしょう。

食物のカロリー数への疑問とは

カロリ―制限の説明を読んで、何となく納得しにくいものを感じないでしょうか。
例えば以下のような疑問です。

カロリーへの疑問点
◇体温は最高でも、せいぜい40℃であり、この温度では、脂肪も炭水化物も「燃焼」しない。
つまり、人体内部で食物が「燃えて」いるわけがない。
◇そもそも、細胞内の代謝と大気中の燃焼はまったく別の現象である。
◇各栄養素ごとの物理的燃焼熱は、少数点1~2桁の精度で求められているのに、エネルギー換算係数を掛けて得られた熱量はどれも「キリのいい整数」であり、数学的に考えると極めて不自然で恣意的であり、うさんくさい。
◇動物界では、食物に含まれるカロリー数以上のエネルギーを食物から得ている動物(例:パンダなどの草食系動物)が多数存在する。

とりわけ、最初の2つの疑問は物理学、化学、生物学の絶対的真理を根拠とするものです。
つまり、「食物=カロリー」説が正しいとするなら、物理学や生物学の真理を否定するはめになってしまいますね。

ダイエットアドバイザーのコメント

abata_5

実際私は、糖尿病改善のため、ダイエットに挑戦しました。
不完全だったかもしれませんが9年間カロリー制限(特に脂質制限)したにもかかわらず、一向に改善しませんでした。
ところが、糖質制限に切り替えると、わずか2ヶ月間で6KGの減量に成功!糖尿病も改善したのです。
今では、肉や魚、大豆食品、ココナッツオイル、オリーブオイルなどタンパク質と脂質をしっかり摂って、正常値をキープしています。
カロリー計算の矛盾を確信している次第です。

香川県に在住で、麺好きの私(ふうりん)は
讃岐うどんの食べ過ぎで糖尿病になりましたが
今では以下の大豆麺を食べて正常値をキープしています。
↓ ↓ ↓
 

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

3大栄養素の比率は妥当か?糖質は必須栄養素?糖質過剰は危険?

ヒトを含む、すべての動物は血液中の栄養素をエネルギーに変えて燃焼させながら生きています。 従来はそ

記事を読む

ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

これまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。

記事を読む

アメリカの失敗に学ぶ!肥満の原因 は?カロリー神話の嘘とは?

糖質制限食を継続していくうえで、糖質制限の効果のメカニズムを知っておくことは非常に大切です。

記事を読む

カロリー計算にこだわるのは意味がない?摂取・消費カロリーの計算は正確か?

ダイエットを継続できず挫折する理由として、「カロリー計算が面倒だから」ということを上げる人がいます。

記事を読む

ケトン体 ダイエットの効果を高める「地中海料理+DHA&EPA」とは?

ケトン体食事法の安全性と効果をさらに高めるために、「 地中海料理‎を採り入れること」と「DHA EP

記事を読む

糖質制限 ダイエットを勉強するための本はこれ!ー時系列まとめー

一昔前は”異端”とされていた糖質制限食ですが、ご自分で実践された各先生による本の出版や講演等が相次ぎ

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

コレステロール神話の崩壊:悪玉説の嘘を支える利益構造とは?

タンパク質や脂質はしっかり食べて痩せるという「糖質制限食」を実践して、メタボ解消に成功した私は、それ

記事を読む

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

糖質制限&グルテンフリーのダイエットとは?レシピ、効果、成功の秘訣は?

SMILEMANさん 年齢33歳、自営業の男性、身長177センチ 20代半ば辺りからお腹に肉が

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑