人間は肉食動物に近い!必須 栄養素とは?糖質の食事からの摂取は必須か?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

calhiritu現代の栄養学では、摂取カロリーから計算した3大栄養素の好ましい摂取比率として、
炭水化物は65~60%、脂肪は20~25%、たんばく質は15~20%という数値割合が提唱さ
れています。
しかし、この比率の科学的根拠はどこにもありません。

現に糖質(炭水化物)制限をすればこの比率は大きく変わってきますね。

従って、糖質制限が有効で、正しい方法だとすると、この栄養学の常識は非常識になってしまいますね。

そこで、糖質という栄養素は食事からとらないと、どういうことになるのかを考えてみました。

人間は肉食動物に近い?

nikusyoku人間は生理的には肉食動物に近い性質をもっているので、植物由来の炭水化物を中心とする、糖質の多い食事を推奨する方向性には、むしろ科学的根拠が乏しいと考えるほ
うが自然ではないでしょうか。

もちろん動物の体内にも、筋肉や肝臓にブドウ糖が貯蔵されていますが、それは極めて微量です。
糖質の含有量は、牛肉や豚肉では0~0・5%程度、レバー(肝臓)でも2~3%程度です。

つまり、トラやライオンのような生態系において上位の野生肉食動物では、摂取栄養素のほとんどがたんばく質と脂肪であり、糖質は極めて少ないことになります。

しかし、糖質をほとんど摂取しなくても、肉食動物にとってはまったく健康上の問題はおきません。

この事実は、肉食動物はもちろん、先述のように肉食動物に近い性質をもつ人間にとっても、糖質は必須栄養素ではないことを示しています。

人間が肉食動物に近いという根拠
1.人類の歴史600万年中、ヒトが肉食を主食し始めたのは250万年前から、糖質と言えば果実や木の実、木の根などわずかな量であったと推定されています。
一方、ヒトが米や麦などの穀物を主食として食べるようになったのは、1万年前からに過ぎない。
2.人の消化器官や歯の形状は草食動物より肉食動物に近い。

人間にとって必須な栄養素とは

人間が生命維持するために必須の栄養素は、水、必須アミノ酸(たんばく質)必須
脂肪酸(脂肪)ビタミンミネラルなどということになっています。

つまり、糖質は必須栄養素のリストの中に入っていないのです。

もちろん、脂質やたんばく質に比べて、糖質は少ない酸素消費量でエネルギーを生み出すことができるため、エネルギー源として役には立っています。特に、運動選手にとっては効率的なエネルギー源です。

tou-sinnseiしかし、脂肪やアミノ酸は糖質の代わりとしてエネルギー源となれますし、肝臓での糖新生によって、必要なブドウ糖は生み出せますので、仮に糖質を食事から外してしまっても、血糖は正常に維持でき、私たちは問題なく生きていけます。

 

また、細胞はブドウ糖がなくても、脂肪やアミノ酸を燃焼させることでエネルギーを生み出すことができるので、脂質とたんばく質、それにビタミンとミネラルがあれば、新しい細胞をつくり、体を正常に維持することができます。

糖質は必須栄養素ではない?

以上のことから、脂質とたんばく質、ビタミンとミネラルは、身体にとって必須ですが、糖質は食事からの摂取は必須ではないといえます。

tositudiet2エネルギー源として使いやすいという理由だけで、糖質の多い炭水化物が主食とされていますが、糖質の摂り過ぎによる有害作用を考えれば、むしろ糖分を食事から減らすほうが健康によいといえます。

 

なお、糖質の摂り過ぎによる有害作用については次の記事を参照してください。

3大栄養素の比率は妥当か?糖質は必須栄養素?糖質過剰は危険?

ダイエットアドバイザーの補足説明

abata_5

糖質過剰が良くないからと言って、とにかく糖質のみを制限するダイエット糖質制限だけダイエットは誤ったダイエット法です。
正しい糖質制限とは、糖質を制限しつつ、タンパク質、必須脂肪酸(脂肪)ビタミンミネラルなどの必須栄養素をしっかり摂るやり方です。
近年、この正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットが注目されています。
一方、炭水化物中に含まれる食物繊維やビタミンなどの効果を重視し、一定の糖質摂取を許容する緩い糖質制限=ロカボダイエットも正しい糖質制限と言えるでしょう。

いづれにしても必須栄養素をしっかり摂ることが重要です。

 

私は肉や魚はしっかり食べていますが、ビタミン、ミネラル等の
必須栄養素を摂るために継続して利用している補助食品はこれです。
↓ ↓クリック ↓ ↓
 

こちらの記事は補助食品購入に際して参考になりますよ!
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

深海サメの肝油のすごい効能とは?昭和初期小学校で肝油が配布された! 

昭和初期小学校では肝油が配布された 実は、肝油の健康効果は戦前から知られていました。 小さい

記事を読む

らっきょうの驚くべき健康効果とは?らっきょうの産地は?購入方法は?

らっきょうには「畑の薬」と言われるぐらい、驚くべき健康効果があるって事をご存じですか? そしてそん

記事を読む

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材!Q&A、おすすめの青汁はコレ!

大麦若葉は栄養バランスを助ける長寿食材と言われています。 その理由は大麦若葉は栄養バランスをと

記事を読む

コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

あなたは、卵は「コレステロールの多い卵は1日1個までにして2個以上食べてはダメ」ということを言われた

記事を読む

ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。

記事を読む

大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由?

6月になりました。ダイエットの季節です。 ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。 でも、空腹

記事を読む

和食は健康的は嘘?和食の欠点は? 地中海食の健康効果とは? 

カロリー制限食の有効性を主張される、糖尿病学会や病院の先生方は、 戦後の食の欧米化によるカロリ

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

→もっと見る

PAGE TOP ↑