痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

ketondiet従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした。
そのため、美しく痩せるためにはダイエットには低糖質・低脂肪・高タンパクの食事が良いと言われてきました。

そこで、ここではその理由を確認するとともに、最近注目されだした、正しい糖質制限ダイエットやケトン体食事法の場合はどうなのかを調べてみました。

 

肥満を予防する食事とは?

肥満の原因は食品中の糖質と脂肪?

kairomikuron肥満の原因である体脂肪の材料となる血糖やリポタンパク、とくにカイロミクロンは、いずれも食べものからつくられたものです。
そこで、血糖やリポタンパクを限度を越えて増やさないようにする食事が、肥満を予防することになります。

食品中のデンプンや砂糖は、ブドウ糖として腸から吸収され、血糖値を上げます。

また食品にふくまれる脂肪は、小腸内で脂肪酸とベーターモノグリセリドに分解されたのち、腸から吸収されます。

その吸収の過程でふたたび脂肪につくりかえられ、カイロミクロンとよばれるリポタンパクのかたちで血液中にあらわれます。
リポタンパク中の脂肪は、血管壁にあるリポタンパクリパーゼによって分解され、生じた脂肪酸が脂肪細胞にとりこま
れ、脂肪としてたくわえられるのです。

このようにみてくると、食品中のデンプンや砂糖など糖質と脂肪が、血液中の血糖やリポタンパクを増やす元凶であり、肥満の原因になっていることがわかります。

食品中のタンパク質は?

では、食品中のタンパク質はどうなのでしょうか。
タンパク質は小腸内で分解され、主としてアミノ酸として吸収されます。
アミノ酸の一部も血糖や脂肪酸になりますが、その割合はデンプンや脂肪にくらべるといちじるしく少ないのです。
またアミノ酸は、からだのなかのタンパク質をつくる材料になります。
ほんとうのやせとは脂肪だけが減ることであり、脂肪だけでなくタンパク質まで減ってくるのは、やせではなく衰弱という病気です。

このようにみてくると、やせるためのダイエット食品とは、低糖質・低脂肪・高タンパクということになります。

でも、糖質制限+低脂肪・高タンパクダイエットって正解でしょうか?

痩せるダイエット食品:糖質制限ダイエットでは?

以前、ダイエットといえば、摂取する総カロリーを少なく抑える「カロリー制限」が一般的でした。

一般の食事におけるカロリーの比率割合は、糖質が60%程度、脂肪とたんばく質がそれぞれ20%程度といわれていますが、カロリー制限の場合は、特に食事の栄養素の比率は変えずに、単純に総カロリーだけを減らします。

一方 最近、流行しているのは「糖質制限」によるダイエットです。
カロリー制限食よりも、低糖質食を中心とした食生活をする糖質制限のほうが、減量効果が高いことは、すでに多くの臨床試験であきらかにされています。
同じ摂取カロリーであっても、糖質摂取が少ない食事ほど、より体脂肪量を減らす効果が高くなる理由は、インスリン分泌の違いにあります。

糖質を摂取するとインスリンが分泌されますが、インスリンは脂肪の燃焼を抑制し、脂肪の合成を促進してしまいます。

つまり、いくら摂取カロリーを減らしても、糖質を十分に摂ってしまうとインスリンの分泌が増加し、体脂肪を減らす効果は弱くなるのです。
ダイエット効果を大きくする最大のポイントは、糖質摂取を極力抑えて、このインスリン分泌を減らすことだといえます。

ところが、単純に総カロリーだけを減らカロリー制限の習慣が残っている人が糖質制限に取り組むと、糖質の制限と同時にカロリー制限も意識し、低糖質・低脂肪・高タンパクにしてしまいがちです。

しかし、これは間違った糖質制限=糖質制限だけダイエットになりやすいので注意が必要です。

 

「ケトン体食事法」は脂肪を食べるのにやせる!

糖質制限よりも「ケトン体食事法」のほうが、さらに高い減量効果を得られることが、最近の研究でわかってきました。

fukuda-ketonケトン体食事法の場合は、糖質制限の効果に加えて、ケトン体自体の働きによって、さまざまな減量効果を期待できます。

正しい糖質制限と言われるケトン体食事法では「低糖質十高脂肪」の食事を摂ります。

しかし、多くの食品にカロリー表記があることもあり、どうしても多くの人が、糖質よりも脂肪のほうが肥満になりやすいと考えがちです。
その結果、ダイエットを実践するときには、糖質のことをほとんど考えずに、少しでも脂肪の少ない食事を選ぼうとしてしまいます。

確かに糖質を多く摂る食生活をしているときに、さらに脂肪の多い食品を摂れば、肥満になりやすくなります。
しかし、糖質の摂取量が少ない食事を摂っていれば、脂肪の摂取量が多くなっても、肥満にはなりません。

「低糖質+高脂肪」の食事は、同じカロリーであっても「高糖質+低脂肪」の食事よりも太りにくいのです。

その理由は、糖質はインスリン分泌を促進しますが、脂肪はインスリン分泌を高めないからです。

また、ケトン体を発生させるためにはタンパク質と脂肪は必須栄養素だからです。

ただし、脂肪の質と摂取割合については、注意が必要です。

 

 
 
abata_5

私がストレスなく糖質制限できるのは、この大豆麺のおかげです。
↓ ↓ クリック ↓ ↓
ソイドル
こちらの記事も参考に

ソイドルが糖質制限を助ける理由とは

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

うどんを食べ過ぎると太る?地中海食のパスタは?スパゲティ レシピご紹介

日本は世界に冠たる麹大国です。 多種多様な麺料理がありますが、そば以外はGlが高くて太りやすい

記事を読む

朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」って

記事を読む

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく質を減らさないことかポイントで

記事を読む

動物性脂肪は体に悪い?エスキモーの食事がヒントとは?動物性脂肪の適量は?

脂質の種類と働きについては既に、以下の記事で記載し「脂質を食べたら太る」が大きな誤解であることをご紹

記事を読む

肉や魚

食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。 正しい糖質制

記事を読む

人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は?

以前ご紹介した記事 正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘? では、

記事を読む

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

糖質制限でタンパク質をしっかりとる理由は?カロリー制限では?満腹感や満足度は?

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットについて。 前回の記事では、糖質制減食ではタンパク質や

記事を読む

小太りの方が長生きって本当か?BMI判定の限界は?肥満の判定は体脂肪率で!とは?

あなたは、小太りくらいの方が長生きできるから・・・と思ってメタボを放置していませんか? 事実、

記事を読む

脂肪分解を促進するには?褐色脂肪細胞の活性化、コレウスフォルスコリの効果とは?

適切なトレーニングをすれば、「脂肪が燃える」事はわかっていますが、脂肪を分解してくれる栄養素ってある

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑