痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ketondiet従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした。
そのため、美しく痩せるためにはダイエットには低糖質・低脂肪・高タンパクの食事が良いと言われてきました。

そこで、ここではその理由を確認するとともに、最近注目されだした、正しい糖質制限ダイエットやケトン体食事法の場合はどうなのかを調べてみました。

 

肥満を予防する食事とは?

肥満の原因は食品中の糖質と脂肪?

kairomikuron肥満の原因である体脂肪の材料となる血糖やリポタンパク、とくにカイロミクロンは、いずれも食べものからつくられたものです。
そこで、血糖やリポタンパクを限度を越えて増やさないようにする食事が、肥満を予防することになります。

食品中のデンプンや砂糖は、ブドウ糖として腸から吸収され、血糖値を上げます。

また食品にふくまれる脂肪は、小腸内で脂肪酸とベーターモノグリセリドに分解されたのち、腸から吸収されます。

その吸収の過程でふたたび脂肪につくりかえられ、カイロミクロンとよばれるリポタンパクのかたちで血液中にあらわれます。
リポタンパク中の脂肪は、血管壁にあるリポタンパクリパーゼによって分解され、生じた脂肪酸が脂肪細胞にとりこま
れ、脂肪としてたくわえられるのです。

このようにみてくると、食品中のデンプンや砂糖など糖質と脂肪が、血液中の血糖やリポタンパクを増やす元凶であり、肥満の原因になっていることがわかります。

食品中のタンパク質は?

では、食品中のタンパク質はどうなのでしょうか。
タンパク質は小腸内で分解され、主としてアミノ酸として吸収されます。
アミノ酸の一部も血糖や脂肪酸になりますが、その割合はデンプンや脂肪にくらべるといちじるしく少ないのです。
またアミノ酸は、からだのなかのタンパク質をつくる材料になります。
ほんとうのやせとは脂肪だけが減ることであり、脂肪だけでなくタンパク質まで減ってくるのは、やせではなく衰弱という病気です。

このようにみてくると、やせるためのダイエット食品とは、低糖質・低脂肪・高タンパクということになります。

でも、糖質制限+低脂肪・高タンパクダイエットって正解でしょうか?

痩せるダイエット食品:糖質制限ダイエットでは?

以前、ダイエットといえば、摂取する総カロリーを少なく抑える「カロリー制限」が一般的でした。

一般の食事におけるカロリーの比率割合は、糖質が60%程度、脂肪とたんばく質がそれぞれ20%程度といわれていますが、カロリー制限の場合は、特に食事の栄養素の比率は変えずに、単純に総カロリーだけを減らします。

一方 最近、流行しているのは「糖質制限」によるダイエットです。
カロリー制限食よりも、低糖質食を中心とした食生活をする糖質制限のほうが、減量効果が高いことは、すでに多くの臨床試験であきらかにされています。
同じ摂取カロリーであっても、糖質摂取が少ない食事ほど、より体脂肪量を減らす効果が高くなる理由は、インスリン分泌の違いにあります。

糖質を摂取するとインスリンが分泌されますが、インスリンは脂肪の燃焼を抑制し、脂肪の合成を促進してしまいます。

つまり、いくら摂取カロリーを減らしても、糖質を十分に摂ってしまうとインスリンの分泌が増加し、体脂肪を減らす効果は弱くなるのです。
ダイエット効果を大きくする最大のポイントは、糖質摂取を極力抑えて、このインスリン分泌を減らすことだといえます。

ところが、単純に総カロリーだけを減らカロリー制限の習慣が残っている人が糖質制限に取り組むと、糖質の制限と同時にカロリー制限も意識し、低糖質・低脂肪・高タンパクにしてしまいがちです。

しかし、これは間違った糖質制限=糖質制限だけダイエットになりやすいので注意が必要です。

 

「ケトン体食事法」は脂肪を食べるのにやせる!

糖質制限よりも「ケトン体食事法」のほうが、さらに高い減量効果を得られることが、最近の研究でわかってきました。

fukuda-ketonケトン体食事法の場合は、糖質制限の効果に加えて、ケトン体自体の働きによって、さまざまな減量効果を期待できます。

正しい糖質制限と言われるケトン体食事法では「低糖質十高脂肪」の食事を摂ります。

しかし、多くの食品にカロリー表記があることもあり、どうしても多くの人が、糖質よりも脂肪のほうが肥満になりやすいと考えがちです。
その結果、ダイエットを実践するときには、糖質のことをほとんど考えずに、少しでも脂肪の少ない食事を選ぼうとしてしまいます。

確かに糖質を多く摂る食生活をしているときに、さらに脂肪の多い食品を摂れば、肥満になりやすくなります。
しかし、糖質の摂取量が少ない食事を摂っていれば、脂肪の摂取量が多くなっても、肥満にはなりません。

「低糖質+高脂肪」の食事は、同じカロリーであっても「高糖質+低脂肪」の食事よりも太りにくいのです。

その理由は、糖質はインスリン分泌を促進しますが、脂肪はインスリン分泌を高めないからです。

また、ケトン体を発生させるためにはタンパク質と脂肪は必須栄養素だからです。

ただし、脂肪の質と摂取割合については、注意が必要です。

 

 
 
abata_5

私がストレスなく糖質制限できるのは、この大豆麺のおかげです。
↓ ↓ クリック ↓ ↓
ソイドル
こちらの記事も参考に

ソイドルが糖質制限を助ける理由とは

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

太らない食べ方、順番は?ダイエットの外食は定食、野菜→おかず→主食の順が良い?

太らない食べ方、順番とは? まずは野菜。最後に炭水化物を食べるほうが太らない事がわかっています。

記事を読む

朝ごはんが大事な理由は?昼食はしっかり?食事のエネルギー配分の理想は?

1日の食事の配分は3対4対3の食べ方が理想的だと言われています。 私たちの普段の食事は、朝食は

記事を読む

深海サメの肝油のすごい効能とは?昭和初期小学校で肝油が配布された! 

昭和初期小学校では肝油が配布された 実は、肝油の健康効果は戦前から知られていました。 小さい

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト

記事を読む

ご飯のカロリーは?食べ過ぎると?玄米で便秘解消できる?

「お米は世界でも類を見ないほどおいしい主食だ」といわれています。 たとえば、焼きノリだけでもお

記事を読む

大豆タンパク質のダイエット効果とは?健康効果は?「スーパー発芽大豆」の口コミは?

あなたは、大豆製品を食べればダイエットに効果があるってことをご存知ですか? このブログでも以下

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

たるみ対策が必要なわけは?40代のたるみの3つの原因と改善方法は?

たるみ対策が必要なわけは? 40代からのダイエットはただ体重を落とすだけでは不十分です。 筋

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす 方法は?ビフィズス菌を増やすには? 増殖因子が多い食品は?

既にご紹介済みの以下の記事ではビフィズス菌の効能を確認し、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑