痩せるダイエット食品は低糖質・低脂肪・高タンパク?ケトン体食事法では?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ketondiet従来のカロリー制限ダイエットで痩せるために適した、食事はとにかく低カロリーなものというのが常識でした。
そのため、美しく痩せるためにはダイエットには低糖質・低脂肪・高タンパクの食事が良いと言われてきました。

そこで、ここではその理由を確認するとともに、最近注目されだした、正しい糖質制限ダイエットやケトン体食事法の場合はどうなのかを調べてみました。

 

肥満を予防する食事とは?

肥満の原因は食品中の糖質と脂肪?

kairomikuron肥満の原因である体脂肪の材料となる血糖やリポタンパク、とくにカイロミクロンは、いずれも食べものからつくられたものです。
そこで、血糖やリポタンパクを限度を越えて増やさないようにする食事が、肥満を予防することになります。

食品中のデンプンや砂糖は、ブドウ糖として腸から吸収され、血糖値を上げます。

また食品にふくまれる脂肪は、小腸内で脂肪酸とベーターモノグリセリドに分解されたのち、腸から吸収されます。

その吸収の過程でふたたび脂肪につくりかえられ、カイロミクロンとよばれるリポタンパクのかたちで血液中にあらわれます。
リポタンパク中の脂肪は、血管壁にあるリポタンパクリパーゼによって分解され、生じた脂肪酸が脂肪細胞にとりこま
れ、脂肪としてたくわえられるのです。

このようにみてくると、食品中のデンプンや砂糖など糖質と脂肪が、血液中の血糖やリポタンパクを増やす元凶であり、肥満の原因になっていることがわかります。

食品中のタンパク質は?

では、食品中のタンパク質はどうなのでしょうか。
タンパク質は小腸内で分解され、主としてアミノ酸として吸収されます。
アミノ酸の一部も血糖や脂肪酸になりますが、その割合はデンプンや脂肪にくらべるといちじるしく少ないのです。
またアミノ酸は、からだのなかのタンパク質をつくる材料になります。
ほんとうのやせとは脂肪だけが減ることであり、脂肪だけでなくタンパク質まで減ってくるのは、やせではなく衰弱という病気です。

このようにみてくると、やせるためのダイエット食品とは、低糖質・低脂肪・高タンパクということになります。

でも、糖質制限+低脂肪・高タンパクダイエットって正解でしょうか?

痩せるダイエット食品:糖質制限ダイエットでは?

以前、ダイエットといえば、摂取する総カロリーを少なく抑える「カロリー制限」が一般的でした。

一般の食事におけるカロリーの比率割合は、糖質が60%程度、脂肪とたんばく質がそれぞれ20%程度といわれていますが、カロリー制限の場合は、特に食事の栄養素の比率は変えずに、単純に総カロリーだけを減らします。

一方 最近、流行しているのは「糖質制限」によるダイエットです。
カロリー制限食よりも、低糖質食を中心とした食生活をする糖質制限のほうが、減量効果が高いことは、すでに多くの臨床試験であきらかにされています。
同じ摂取カロリーであっても、糖質摂取が少ない食事ほど、より体脂肪量を減らす効果が高くなる理由は、インスリン分泌の違いにあります。

糖質を摂取するとインスリンが分泌されますが、インスリンは脂肪の燃焼を抑制し、脂肪の合成を促進してしまいます。

つまり、いくら摂取カロリーを減らしても、糖質を十分に摂ってしまうとインスリンの分泌が増加し、体脂肪を減らす効果は弱くなるのです。
ダイエット効果を大きくする最大のポイントは、糖質摂取を極力抑えて、このインスリン分泌を減らすことだといえます。

ところが、単純に総カロリーだけを減らカロリー制限の習慣が残っている人が糖質制限に取り組むと、糖質の制限と同時にカロリー制限も意識し、低糖質・低脂肪・高タンパクにしてしまいがちです。

しかし、これは間違った糖質制限=糖質制限だけダイエットになりやすいので注意が必要です。

 

「ケトン体食事法」は脂肪を食べるのにやせる!

糖質制限よりも「ケトン体食事法」のほうが、さらに高い減量効果を得られることが、最近の研究でわかってきました。

fukuda-ketonケトン体食事法の場合は、糖質制限の効果に加えて、ケトン体自体の働きによって、さまざまな減量効果を期待できます。

正しい糖質制限と言われるケトン体食事法では「低糖質十高脂肪」の食事を摂ります。

しかし、多くの食品にカロリー表記があることもあり、どうしても多くの人が、糖質よりも脂肪のほうが肥満になりやすいと考えがちです。
その結果、ダイエットを実践するときには、糖質のことをほとんど考えずに、少しでも脂肪の少ない食事を選ぼうとしてしまいます。

確かに糖質を多く摂る食生活をしているときに、さらに脂肪の多い食品を摂れば、肥満になりやすくなります。
しかし、糖質の摂取量が少ない食事を摂っていれば、脂肪の摂取量が多くなっても、肥満にはなりません。

「低糖質+高脂肪」の食事は、同じカロリーであっても「高糖質+低脂肪」の食事よりも太りにくいのです。

その理由は、糖質はインスリン分泌を促進しますが、脂肪はインスリン分泌を高めないからです。

また、ケトン体を発生させるためにはタンパク質と脂肪は必須栄養素だからです。

ただし、脂肪の質と摂取割合については、注意が必要です。

 

 
 
abata_5

私がストレスなく糖質制限できるのは、この大豆麺のおかげです。
↓ ↓ クリック ↓ ↓
ソイドル
こちらの記事も参考に

ソイドルが糖質制限を助ける理由とは

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ケトン体 ダイエットの効果を高める「地中海料理+DHA&EPA」とは?

ケトン体食事法の安全性と効果をさらに高めるために、「 地中海料理‎を採り入れること」と「DHA EP

記事を読む

内臓脂肪型肥満が原因で起こる病気は?メタボリック・ドミノの進行は予防できるか?

糖尿病が病気であることは分かりますが、メタボ、すなわち肥満が何故、病気なのでしょうか? まだ理

記事を読む

イヌイットの長生きの事例からわかる!厚生省「食事バランスガイド」の問題点とは?

厚生労働省が策定した「食事バランスガイド」には、糖質を含めてバランスよく食べるようにとありますが、糖

記事を読む

カロリー制限で体重が減らない理由は?栄養不足による現代型栄養失調とは?

ダイエットと聞いてまず思い浮かべるのが「カロリー制限」ではないでしょうか。 「ダイエットにはカ

記事を読む

人類の食の歴史から見る!糖質の過剰摂取が糖尿病を増やすわけは?

私たちは、物心がついた頃から白いご飯やパンを食べ続けてきたので、「糖質は体に悪い」と言われてもなかな

記事を読む

ケトン体の新しい定義とは?ブドウ糖とケトン体エンジンに関する考え方

前回、斉藤先生の著書「ケトジェニックダイエット」を参考にしてケトン体とケトン体回路についてご紹介しま

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。 脂質もとりすぎれ

記事を読む

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば

記事を読む

和食は太りやすい?食品のGI 値とは?寿司、ラーメン、カレーライスは?

和食は太りやすい? 和食はヘルシーフードとして世界的に人気を博していますが、専門的に評価すると栄養

記事を読む

肥満を防止する食事方法とは?GI値の定義とは?おもな主食のGI値は?

近年、太る原因となる栄養素は主に主食に含まれる糖質であることが分かってきました。 主食の中でも

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑