ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。

そして、糖質を多く摂るほど老化は促進されることが分かってきました。

正しい糖質制限の効果はダイエットだけではありません。
ここでは、AGEのタンパク質への悪影響を確認し、体内のブドウ糖を減らし、
糖質制限を実践することで得られる老化予防効果についてご紹介します。

ブドウ糖が老化を促進してしまうとは?

まず、ブドウ糖が老化を促進してしまうメカニズムから説明していきます。

 

budoto-roka ブドウ糖は、たんばく質と結合して、その働きを低下させます。
これを「たんばく質の糖化」といいます。

体内でつくられた糖化たんばく質は、その後分解して、さまざまな低分子物質が生成します。
これらの物質を「終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)」といい、その頭文字をとって「AGE(エイ・ジー・イー)」と呼ばれます。

このAGEという物質が、さらにたんばく賃を変性させて、炎症や酸化ストレスを高め、老化を促進してしまうのです。

AGEでタンパク質が老化する?

tanpaku-tokaAGEは、たんばく質を「架橋(分子間に橋を架けたような結合をつくること)」す
ることによって、たんばく質の働きを阻害し、細胞や組織の老化を促進します。

皮膚が加齢とともに弾力性がなくなるのは、このAGEによって、皮膚のコラーゲンが架橋されて硬くなるからです。

寿命の長い細胞やたんばく質では、架橋・変性が蓄積するので、機能障害が次第に顕著になります。

たとえば、神経細胞は増殖や再生をせずに一生使われるので、加齢とともにたんばく質の架橋や変性が蓄積すると、細胞組織の機能そのものが低下してしまいます。

血管のたんばく質も寿命が長く、架橋・変性が蓄積すると、体中の血管が硬くなり、徐々に破壊されて、多くの臓器の働きが低下してしまいます。

特に糖尿病患者は深刻で、たんばく質の糖化やAGEの生成によって微小血管が障害されると、神経系や腎臓、網膜にダメージが生じ、さらに大血管が障害された場合には、動脈硬化が進行して、心筋梗塞や脳卒中、末梢動脈の血行障害を発症します。

糖質制限で老化の予防は期待できるか?

bihada「人は血管とともに老化する」といわれています。
血管が老化して硬くなると、臓器や組織を養う血液循環が悪くなり、その働きが低下するからです。

したがって、健康を維持するためには、血管を柔らかい状態に維持することが必須です。

そのためには、血管のたんばく質の糖化やAGEの蓄積を防ぐことが大切なのです。

このように、神経や血管、皮膚などのたんばく質の糖化が進むことによって、さまざまな老化現象が起こっています。

つまり、糖質の摂取量を減らせば、老化を遅らせることができるのです。
このことは、糖質制限に老化予防効果が期待できるということです。

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

ケトジェニックダイエットとは?4つのルールとは?効果は?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方によってはデメリットもあります。

記事を読む

1日1食&炭水化物抜きダイエットで痩せた!その効果とは?

san_888さん 64歳女性 主婦 昨年の年末でした。血液検査の結果は最悪なものだったのです

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高さから老若男女問わずに支持を得

記事を読む

イモ類

糖質制限で食べてはいけないものは穀物とイモ類!コンニャクイモはOKとは?

ダイエットに効果的!ということで近年注目されている糖質制限食。 では、糖質制限で食べてはいけな

記事を読む

うなぎの健康効果は?栄養価は?蒲焼(市販)の美味しい調理法は?

江戸時代から、夏の土用の丑の日に食されてきたウナギですが、 ウナギには、疲労の回復や風邪の予防など

記事を読む

痩せるための食品とは?肥満の原因は脂肪細胞?高タンパクは太らない?

食品の消化・吸収は、ダイエットにとってたいへん重要なことです。 ダイエットで、痩せるためにはどんな

記事を読む

炭水化物6割、油2割という基準が病気の原因!脂質を増やしても安全な理由は?

前回の記事で、「油を抜いた、炭水化物の多い食事はよくない」ことをご紹介しました。 でも、大抵の

記事を読む

食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう!

腸をスッキリさせるためには、食物繊維は欠かせません。 以前の記事 食物繊維の多い食品にダ

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑