ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。

そして、糖質を多く摂るほど老化は促進されることが分かってきました。

正しい糖質制限の効果はダイエットだけではありません。
ここでは、AGEのタンパク質への悪影響を確認し、体内のブドウ糖を減らし、
糖質制限を実践することで得られる老化予防効果についてご紹介します。

ブドウ糖が老化を促進してしまうとは?

まず、ブドウ糖が老化を促進してしまうメカニズムから説明していきます。

 

budoto-roka ブドウ糖は、たんばく質と結合して、その働きを低下させます。
これを「たんばく質の糖化」といいます。

体内でつくられた糖化たんばく質は、その後分解して、さまざまな低分子物質が生成します。
これらの物質を「終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)」といい、その頭文字をとって「AGE(エイ・ジー・イー)」と呼ばれます。

このAGEという物質が、さらにたんばく賃を変性させて、炎症や酸化ストレスを高め、老化を促進してしまうのです。

AGEでタンパク質が老化する?

tanpaku-tokaAGEは、たんばく質を「架橋(分子間に橋を架けたような結合をつくること)」す
ることによって、たんばく質の働きを阻害し、細胞や組織の老化を促進します。

皮膚が加齢とともに弾力性がなくなるのは、このAGEによって、皮膚のコラーゲンが架橋されて硬くなるからです。

寿命の長い細胞やたんばく質では、架橋・変性が蓄積するので、機能障害が次第に顕著になります。

たとえば、神経細胞は増殖や再生をせずに一生使われるので、加齢とともにたんばく質の架橋や変性が蓄積すると、細胞組織の機能そのものが低下してしまいます。

血管のたんばく質も寿命が長く、架橋・変性が蓄積すると、体中の血管が硬くなり、徐々に破壊されて、多くの臓器の働きが低下してしまいます。

特に糖尿病患者は深刻で、たんばく質の糖化やAGEの生成によって微小血管が障害されると、神経系や腎臓、網膜にダメージが生じ、さらに大血管が障害された場合には、動脈硬化が進行して、心筋梗塞や脳卒中、末梢動脈の血行障害を発症します。

糖質制限で老化の予防は期待できるか?

bihada「人は血管とともに老化する」といわれています。
血管が老化して硬くなると、臓器や組織を養う血液循環が悪くなり、その働きが低下するからです。

したがって、健康を維持するためには、血管を柔らかい状態に維持することが必須です。

そのためには、血管のたんばく質の糖化やAGEの蓄積を防ぐことが大切なのです。

このように、神経や血管、皮膚などのたんばく質の糖化が進むことによって、さまざまな老化現象が起こっています。

つまり、糖質の摂取量を減らせば、老化を遅らせることができるのです。
このことは、糖質制限に老化予防効果が期待できるということです。

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

ココナッツオイル ダイエットで中性脂肪を減らし便秘解消もできる訳は?

肥満は、いろいろな病気の原因となります。 ココナッツオイルは肥満を解消するダイエットや便秘に効

記事を読む

糖質制限ダイエットのメカニズム|インスリンと肥満の関係・太らない方法は?

近年、短期間で痩せると注目を集めている糖質制限ダイエットですが、 あなたは、糖質の摂取を制限すると

記事を読む

カロリー制限 ダイエットの停滞とは?リバウンドの理由は?カロリー計算の嘘とは? 

私が2型糖尿病予備軍と診断された時、病院から指導された肥満解消のための食事療法はカロリー制限によるも

記事を読む

イモ類

糖質制限で食べてはいけないものは穀物とイモ類!コンニャクイモはOKとは?

ダイエットに効果的!ということで近年注目されている糖質制限食。 では、糖質制限で食べてはいけな

記事を読む

ヤセ菌・ デブ菌の働きは?短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ?痩せ体質の作り方は?

同じ食事内容であっても、太りやすさは、その人の筋肉量や体温、食べ方によっても変わります。 さら

記事を読む

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質

記事を読む

DHAの脳への効果とは?脳内での働きは?その他の健康効果は?

DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳細胞を活性化させ、 神経組織の機能を高める働きを持っているため、頭

記事を読む

酵素たっぷりの「4つの食品群」①生野菜 ②果物 ③発酵食品 ④生肉・生魚 とは?

すべての動植物に存在する酵素。 もちろん、野菜や果物の中にも酵素が含まれています。 この

記事を読む

すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

今、フルーツ青汁を飲んで痩せるなど、フルーツ青汁のダイエット効果が注目されています。 そのなか

記事を読む

糖質制限時、調味料の糖質にも注意!マヨネーズは?マーガリンとバターは?

糖質制限ダイエット実践者にとって、ダイエット効果を上げるためには糖質含有量の多い食材を避けることが大

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑