ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。

そして、糖質を多く摂るほど老化は促進されることが分かってきました。

正しい糖質制限の効果はダイエットだけではありません。
ここでは、AGEのタンパク質への悪影響を確認し、体内のブドウ糖を減らし、
糖質制限を実践することで得られる老化予防効果についてご紹介します。

ブドウ糖が老化を促進してしまうとは?

まず、ブドウ糖が老化を促進してしまうメカニズムから説明していきます。

 

budoto-roka ブドウ糖は、たんばく質と結合して、その働きを低下させます。
これを「たんばく質の糖化」といいます。

体内でつくられた糖化たんばく質は、その後分解して、さまざまな低分子物質が生成します。
これらの物質を「終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)」といい、その頭文字をとって「AGE(エイ・ジー・イー)」と呼ばれます。

このAGEという物質が、さらにたんばく賃を変性させて、炎症や酸化ストレスを高め、老化を促進してしまうのです。

AGEでタンパク質が老化する?

tanpaku-tokaAGEは、たんばく質を「架橋(分子間に橋を架けたような結合をつくること)」す
ることによって、たんばく質の働きを阻害し、細胞や組織の老化を促進します。

皮膚が加齢とともに弾力性がなくなるのは、このAGEによって、皮膚のコラーゲンが架橋されて硬くなるからです。

寿命の長い細胞やたんばく質では、架橋・変性が蓄積するので、機能障害が次第に顕著になります。

たとえば、神経細胞は増殖や再生をせずに一生使われるので、加齢とともにたんばく質の架橋や変性が蓄積すると、細胞組織の機能そのものが低下してしまいます。

血管のたんばく質も寿命が長く、架橋・変性が蓄積すると、体中の血管が硬くなり、徐々に破壊されて、多くの臓器の働きが低下してしまいます。

特に糖尿病患者は深刻で、たんばく質の糖化やAGEの生成によって微小血管が障害されると、神経系や腎臓、網膜にダメージが生じ、さらに大血管が障害された場合には、動脈硬化が進行して、心筋梗塞や脳卒中、末梢動脈の血行障害を発症します。

糖質制限で老化の予防は期待できるか?

bihada「人は血管とともに老化する」といわれています。
血管が老化して硬くなると、臓器や組織を養う血液循環が悪くなり、その働きが低下するからです。

したがって、健康を維持するためには、血管を柔らかい状態に維持することが必須です。

そのためには、血管のたんばく質の糖化やAGEの蓄積を防ぐことが大切なのです。

このように、神経や血管、皮膚などのたんばく質の糖化が進むことによって、さまざまな老化現象が起こっています。

つまり、糖質の摂取量を減らせば、老化を遅らせることができるのです。
このことは、糖質制限に老化予防効果が期待できるということです。

スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

太る原因とカロリーは?カロリー制限が継続困難な理由は?糖質制限の利点は?

前回の記事で、全ての生活習憤病の原点は、肥満であり、中年以降の肥満は、若い頃の肥満とは異なり、既に病

記事を読む

炭水化物を減らしたカロリー制限ダイエット成功の秘訣とは?

Okadaさん 36歳男 会社員 身長169cm 私のダイエットの動機は、36歳になった頃から痩せ

記事を読む

オリーブオイルの人気の理由は?脂肪酸の組成は?特徴は?

オリーブオイルのつくり方は極めてシンプルです。 ・まずはデリケートな実を傷つけないように、一つ

記事を読む

内臓脂肪型肥満が原因で起こる病気は?メタボリック・ドミノの進行は予防できるか?

糖尿病が病気であることは分かりますが、メタボ、すなわち肥満が何故、病気なのでしょうか? まだ理

記事を読む

らっきょうの驚くべき健康効果とは?らっきょうの産地は?購入方法は?

らっきょうには「畑の薬」と言われるぐらい、驚くべき健康効果があるって事をご存じですか? そしてそん

記事を読む

「肉」を食べると太るは嘘?太らない食べ方は?健康に悪いって本当?

糖質制限ダイエット法を始めても、途中でを挫折し、止めてしまう人もいます。 いくら 「新しい健康

記事を読む

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

前回の記事では、糖質制限では従来からの常識、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂

記事を読む

ロカボと炭水化物抜きダイエットの違い?デメリットは?食べれる糖質の目安は?

あなたは、ロカボって何かご存知ですか? 北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑