糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。
従って、従来からの常識、脂質=悪者は正しいとは言えません。
ここでは、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂質をご紹介します。

「脂質=悪者」は嘘!摂るべき脂質もある?

カロリー神話から抜け出せないと「脂質=悪者」という誤解をしてしまいますが、脂質はそもそも私たちの体の主要なエネルギー源です。

さらに体内のおよそ37兆個の細胞を覆う「細胞膜」を作り、ホルモンなどの原材料になるなど、脂質は人体を構成する成分としても重要な役割を担っています。

それゆえ、「必須脂肪酸」というものがあるのです。

必須脂肪酸は体内で合成できないので食事からとる必要があります。

糖質制限では糖質を控える分、脂質を摂取する割合は高まりますが、糖質制限をすることで「脂肪酸」や「ケトン体」という物質をエネルギー源として上手に使えるようになります。

糖質制限では脂質を積極的にとりますが、ひとロに脂質といってもさまざまな種類があります。
「とるべき脂質」もあれば、「避けたい脂質」もあるのです。

ここでは「とるべき脂質」についてご紹介します。

oil-ok

おすすめの脂質の代表は?

「オレイン酸」(オリーブオイル)

オリーブオイルは、オリーブの実を搾ったものでおすすめの脂質です。
主成分の「オレイン酸」は酸化に強く、心臓や血管などの「心血管疾患」の予防効果があります。
そんなオリーブオイルには幾つかの種類があります。
どうせ買うなら、オリーブの実を搾って濾過したのみで、加熱や化学的な処置をしていない 「エキストラ・バージン」タイプにすべきです。
商品のラベルに明記されているので、選んで買うようにしましょう。

エキストラ・バージン」タイプのオリーブオイルならこれ
↓↓クリック↓↓

DHA,EPA(魚油)

DHA-EPAもうひとつの「魚油」とは、その名の通り魚に含まれている油です。
肉のアブラは常温では固形の「脂」ですが、魚のアブラは常温では液体の「油」。

なかでも健康サプリメントのCMでお馴染みのアジ、イワシ、サンマなどの青魚やマグロに含まれている「エイコサペンタエン酸(EPA)」「ドコサヘキサエン酸(DHA)」は、血液中で血の固まり(血栓)ができるのを防いだり、過剰な中性脂肪を抑えたりする効果があります。

 

 

DHA&EPAサプリを選ぶならこちら>>>DHA&EPAサプリ!どちらがお得!?

 

α-リノレン酸 (アマニ油、エゴマ油)

前述のEPAとDHAは、「オメガ3脂肪酸」というグループに属しています。

rinorensanオメガ3脂肪酸には、EPAとDHAのほかにも「α-リノレン酸」というものがあります。

α-リノレン酸とは脂質の主な構成成分である脂肪酸のひとつで、人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸です。

亜麻やエゴマなどの野菜に多く含まれている体に良い油で、体内ではDHAやEPAに変換され、
血流改善や動脈硬化の予防に効果的な成分です。

α-リノレン酸は「アマニ油」「エゴマ (シソ)油」 に含まれていますから、オリーブオイルと
ともにこうした油を食事や調理で活用するといいでしょう。

EPAとDHAは体内でα-リノレン酸から合成できますが、必要量を合成することは難しいため、必須脂肪酸に準じた扱いを受けています。

まとめ

似顔絵データ100

糖質制限では脂質を積極的にとりますが、ひとロに脂質といってもさまざまな種類があり、「とるべき脂質」もあれば、「避けたい脂質」もある。

「とるべき脂質」
・オレイン酸・・・オリーブオイル
・DHA、EPA・・・魚油
・α-リノレン酸・・・「アマニ油」「エゴマ (シソ)油」

なお、「避けたい脂質」についてはこちらをご覧ください。

➡ リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

 

 

コストパーフォーマンスの優れたEPA DHAサプリを選ぶならこちら
↓  ↓  ↓
DHA&EPAサプリ!どちらがお得!? みやびvs佐藤製薬vsさくらの森

dhakinari

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

前回の記事では、糖質制限では従来からの常識、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂

記事を読む

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を20グラム以内と設定しています。

記事を読む

カロリー制限&糖質制限+運動でダイエット!その方法って正しいか?

2chipさん 38歳 専業主婦 女性 身長160cm 健康診断で悪玉コレステロール値が高く出

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由?

6月になりました。ダイエットの季節です。 ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。 でも、空腹

記事を読む

5大栄養素の役割とは?糖質の摂りすぎで太るメカニズムとは?

近年、ダイエットや健康に効果があることが認められて、実践する人が増えてきた糖質制限ダイエット。

記事を読む

3大栄養素の比率は妥当か?糖質は必須栄養素?糖質過剰は危険?

ヒトを含む、すべての動物は血液中の栄養素をエネルギーに変えて燃焼させながら生きています。 従来はそ

記事を読む

油脂・脂肪酸の種類とは?どの油脂をどのようにとれば健康にいいのか?

ここまで、栄養素として脂質の重要性と油脂全般についてご紹介してきました。 脂質は、体のエネルギ

記事を読む

ケトン体 ダイエットの効果を高める「地中海料理+DHA&EPA」とは?

ケトン体食事法の安全性と効果をさらに高めるために、「 地中海料理‎を採り入れること」と「DHA EP

記事を読む

ココナッツオイルは楽天でセット購入がお得!おすすめはフィリピン産?

ココナッツオイルはどこで購入できるのでしょうか? ナチュラル系の店や、輸入スーパーで買うことが

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

PAGE TOP ↑