糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。
従って、従来からの常識、脂質=悪者は正しいとは言えません。
ここでは、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂質をご紹介します。

「脂質=悪者」は嘘!摂るべき脂質もある?

カロリー神話から抜け出せないと「脂質=悪者」という誤解をしてしまいますが、脂質はそもそも私たちの体の主要なエネルギー源です。

さらに体内のおよそ37兆個の細胞を覆う「細胞膜」を作り、ホルモンなどの原材料になるなど、脂質は人体を構成する成分としても重要な役割を担っています。

それゆえ、「必須脂肪酸」というものがあるのです。

必須脂肪酸は体内で合成できないので食事からとる必要があります。

糖質制限では糖質を控える分、脂質を摂取する割合は高まりますが、糖質制限をすることで「脂肪酸」や「ケトン体」という物質をエネルギー源として上手に使えるようになります。

糖質制限では脂質を積極的にとりますが、ひとロに脂質といってもさまざまな種類があります。
「とるべき脂質」もあれば、「避けたい脂質」もあるのです。

ここでは「とるべき脂質」についてご紹介します。

oil-ok

おすすめの脂質の代表は?

「オレイン酸」(オリーブオイル)

オリーブオイルは、オリーブの実を搾ったものでおすすめの脂質です。
主成分の「オレイン酸」は酸化に強く、心臓や血管などの「心血管疾患」の予防効果があります。
そんなオリーブオイルには幾つかの種類があります。
どうせ買うなら、オリーブの実を搾って濾過したのみで、加熱や化学的な処置をしていない 「エキストラ・バージン」タイプにすべきです。
商品のラベルに明記されているので、選んで買うようにしましょう。

エキストラ・バージン」タイプのオリーブオイルならこれ
↓↓クリック↓↓

DHA,EPA(魚油)

DHA-EPAもうひとつの「魚油」とは、その名の通り魚に含まれている油です。
肉のアブラは常温では固形の「脂」ですが、魚のアブラは常温では液体の「油」。

なかでも健康サプリメントのCMでお馴染みのアジ、イワシ、サンマなどの青魚やマグロに含まれている「エイコサペンタエン酸(EPA)」「ドコサヘキサエン酸(DHA)」は、血液中で血の固まり(血栓)ができるのを防いだり、過剰な中性脂肪を抑えたりする効果があります。

 

 

DHA&EPAサプリを選ぶならこちら>>>DHA&EPAサプリ!どちらがお得!?

 

α-リノレン酸 (アマニ油、エゴマ油)

前述のEPAとDHAは、「オメガ3脂肪酸」というグループに属しています。

rinorensanオメガ3脂肪酸には、EPAとDHAのほかにも「α-リノレン酸」というものがあります。

α-リノレン酸とは脂質の主な構成成分である脂肪酸のひとつで、人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸です。

亜麻やエゴマなどの野菜に多く含まれている体に良い油で、体内ではDHAやEPAに変換され、
血流改善や動脈硬化の予防に効果的な成分です。

α-リノレン酸は「アマニ油」「エゴマ (シソ)油」 に含まれていますから、オリーブオイルと
ともにこうした油を食事や調理で活用するといいでしょう。

EPAとDHAは体内でα-リノレン酸から合成できますが、必要量を合成することは難しいため、必須脂肪酸に準じた扱いを受けています。

まとめ

似顔絵データ100

糖質制限では脂質を積極的にとりますが、ひとロに脂質といってもさまざまな種類があり、「とるべき脂質」もあれば、「避けたい脂質」もある。

「とるべき脂質」
・オレイン酸・・・オリーブオイル
・DHA、EPA・・・魚油
・α-リノレン酸・・・「アマニ油」「エゴマ (シソ)油」

なお、「避けたい脂質」についてはこちらをご覧ください。

➡ リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

 

 

コストパーフォーマンスの優れたEPA DHAサプリを選ぶならこちら
↓  ↓  ↓
DHA&EPAサプリ!どちらがお得!? みやびvs佐藤製薬vsさくらの森

dhakinari

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ココナッツオイルが老化防止に効果!酵素の活性低下を防ぐとは?

ケトン体が「元から人間が持っている抗酸化酵素を活性化」してくれるということが最近分かってきました。そ

記事を読む

 ケトン体の健康効果は?「ケトン体が増えると危険」の誤解とは?

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。

記事を読む

オリーブオイルの人気の理由は?脂肪酸の組成は?特徴は?

オリーブオイルのつくり方は極めてシンプルです。 ・まずはデリケートな実を傷つけないように、一つ

記事を読む

イヌイットの長生きの事例からわかる!厚生省「食事バランスガイド」の問題点とは?

厚生労働省が策定した「食事バランスガイド」には、糖質を含めてバランスよく食べるようにとありますが、糖

記事を読む

DHAの脳への効果とは?脳内での働きは?その他の健康効果は?

DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳細胞を活性化させ、 神経組織の機能を高める働きを持っているため、頭

記事を読む

動物性油脂=不健康 説の根拠は?「植物性油脂の方が健康に良い」に疑問あり?

脂質・脂肪酸の種類と働きについては既に、以下の記事で確認し「脂質を食べたら太る」が大きな誤解であるこ

記事を読む

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。

記事を読む

ヤセ菌・ デブ菌の働きは?短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ?痩せ体質の作り方は?

同じ食事内容であっても、太りやすさは、その人の筋肉量や体温、食べ方によっても変わります。 さら

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。 脂質もとりすぎれ

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

免疫力を上げる 酵素生活とは?酵素の種類と働きは?酵素不足の症状は?

今、酵素がブームとなっています。 私たちの休の中には、必ず酵素が

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

→もっと見る

PAGE TOP ↑