糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。
従って、従来からの常識、脂質=悪者は正しいとは言えません。
ここでは、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂質をご紹介します。

「脂質=悪者」は嘘!摂るべき脂質もある?

カロリー神話から抜け出せないと「脂質=悪者」という誤解をしてしまいますが、脂質はそもそも私たちの体の主要なエネルギー源です。

さらに体内のおよそ37兆個の細胞を覆う「細胞膜」を作り、ホルモンなどの原材料になるなど、脂質は人体を構成する成分としても重要な役割を担っています。

それゆえ、「必須脂肪酸」というものがあるのです。

必須脂肪酸は体内で合成できないので食事からとる必要があります。

糖質制限では糖質を控える分、脂質を摂取する割合は高まりますが、糖質制限をすることで「脂肪酸」や「ケトン体」という物質をエネルギー源として上手に使えるようになります。

糖質制限では脂質を積極的にとりますが、ひとロに脂質といってもさまざまな種類があります。
「とるべき脂質」もあれば、「避けたい脂質」もあるのです。

ここでは「とるべき脂質」についてご紹介します。

oil-ok

おすすめの脂質の代表は?

「オレイン酸」(オリーブオイル)

オリーブオイルは、オリーブの実を搾ったものでおすすめの脂質です。
主成分の「オレイン酸」は酸化に強く、心臓や血管などの「心血管疾患」の予防効果があります。
そんなオリーブオイルには幾つかの種類があります。
どうせ買うなら、オリーブの実を搾って濾過したのみで、加熱や化学的な処置をしていない 「エキストラ・バージン」タイプにすべきです。
商品のラベルに明記されているので、選んで買うようにしましょう。

エキストラ・バージン」タイプのオリーブオイルならこれ
↓↓クリック↓↓

DHA,EPA(魚油)

DHA-EPAもうひとつの「魚油」とは、その名の通り魚に含まれている油です。
肉のアブラは常温では固形の「脂」ですが、魚のアブラは常温では液体の「油」。

なかでも健康サプリメントのCMでお馴染みのアジ、イワシ、サンマなどの青魚やマグロに含まれている「エイコサペンタエン酸(EPA)」「ドコサヘキサエン酸(DHA)」は、血液中で血の固まり(血栓)ができるのを防いだり、過剰な中性脂肪を抑えたりする効果があります。

 

 

DHA&EPAサプリを選ぶならこちら>>>DHA&EPAサプリ!どちらがお得!?

 

α-リノレン酸 (アマニ油、エゴマ油)

前述のEPAとDHAは、「オメガ3脂肪酸」というグループに属しています。

rinorensanオメガ3脂肪酸には、EPAとDHAのほかにも「α-リノレン酸」というものがあります。

α-リノレン酸とは脂質の主な構成成分である脂肪酸のひとつで、人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸です。

亜麻やエゴマなどの野菜に多く含まれている体に良い油で、体内ではDHAやEPAに変換され、
血流改善や動脈硬化の予防に効果的な成分です。

α-リノレン酸は「アマニ油」「エゴマ (シソ)油」 に含まれていますから、オリーブオイルと
ともにこうした油を食事や調理で活用するといいでしょう。

EPAとDHAは体内でα-リノレン酸から合成できますが、必要量を合成することは難しいため、必須脂肪酸に準じた扱いを受けています。

まとめ

似顔絵データ100

糖質制限では脂質を積極的にとりますが、ひとロに脂質といってもさまざまな種類があり、「とるべき脂質」もあれば、「避けたい脂質」もある。

「とるべき脂質」
・オレイン酸・・・オリーブオイル
・DHA、EPA・・・魚油
・α-リノレン酸・・・「アマニ油」「エゴマ (シソ)油」

なお、「避けたい脂質」についてはこちらをご覧ください。

➡ リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

 

 

コストパーフォーマンスの優れたEPA DHAサプリを選ぶならこちら
↓  ↓  ↓
DHA&EPAサプリ!どちらがお得!? みやびvsマイケアvsさくらの森

dhakinari

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
食事制限による減量は「お腹ポッコリ・ハゲ・リバウンド」を招く!その対策は?

最近、テレビや雑誌・本などで「1か月で用10kg減!」など、短期間で効

中年期と高齢期で健康常識は違う!その間違いは?高齢者の粗食は危険とは?

現代日本では、肥満や高コレステロールは不健康のシンボルのようにいわれて

ポリフェノールが多い果物は?キウイフルーツの食べ方は?その免疫力とは?

これまで野菜を中心にファイトケミカルについて語ってきました。 ⇒

ガンにならないファイトケミカルスープの作り方は?食べ方は?保存方法は?

前回の記事 ファイトケミカルは加熱して摂る!野菜スープが最適?生

ファイトケミカルは加熱して摂る!野菜スープが最適?生野菜のデメリットとは?

  記事 ファイトケミカルとは?2つの特徴とは?

→もっと見る

PAGE TOP ↑