リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回の記事では、糖質制限では従来からの常識、「脂質=悪者」は嘘であることを確認し、積極的に摂るべき脂べき脂質をご紹介しました。

⇒ 糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

ただし、「脂質=悪者」は嘘といっても、避けた方が良い脂質もあることは確かです。
そこで、今回はこの避けるべき脂質をご紹介します。


避けたい脂質は、「リノール酸」と「トラフンス脂肪酸」です。
oil-ng

リノール酸はとりすぎているので避けよう

リノール酸は必須脂肪酸だが…

「避けたい」と指摘しつつも、リノール酸は必須脂肪酸のひとつです。
大豆油、コーン油、紅花油、これらから作られるサラダ油に含まれています。
こうした「植物油」は、安価なことから加工食品やファストフードなど日常よく口にしがちな
食品に多く含まれていますし、家庭料理でも多く使われていますから、現代人はリノール酸をとりすぎです。
だから必須脂肪酸といえども「避けたい」くらいが、ちょうどよいのです。

このリノール酸は、「オメガ6脂肪酸」というグループに属しています。

オメガ3とオメガ6の最適比率は?

omeg3-6hiritu前回の記事で触れたオメガ3脂肪酸(EPA、DHA、α‐リノレン酸)とオメガ6脂肪酸の摂取比率は「1:1」から「1:2」が理想的とされます。
それなのに日本人は「1:4」リノール酸などのオメガ6脂肪酸をとりすぎているのです。

オメガ6脂肪酸をとりすぎると、体内で炎症が生じやすくなります。

そして炎症が慢性的になると、アレルギー疾患や動脈硬化などの誘因になってしまいます。
サラダ油のような植物油は安価なので一般家庭に広く普及していますが、健康を重視するなら少々値が張ってもオリーブオイル、アマ二油、エゴマ(シソ)油などに切りかえるべきです。
すると値が張る分、大切に使うようになるので、油の使いすぎに注意するようにもなります。

 

トランス脂肪酸の危険性とは?

トランス脂肪酸を避けるには?

toransoilfood「トランス脂肪酸」は、何よりも避けるべき脂質です。
「マーガリン」「ファットスプレッド」「ショートニング」などに含まれています。

食品パッケージの原材料表示にマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングと記されていたらトランス脂肪酸が含まれていると思って避けるようにしましょう。

もっとも、トランス脂肪酸は食感や風味を上げるために食パン、菓子パン、ビスケット、ケーキといったお菓子に広く含まれています。

そもそもこれらの食品は糖質制限で控えるべき食品なのですが、トランス脂肪酸はファストフ-ドのほか、総菜など加工食品にも含まれますから糖質を避けるだけでは安心できません。

トランス脂肪酸が危険な理由は?

toransoil-kikenトランス脂肪酸は、液体の植物油を水素で加工して人工的に固形化して作られたものです。

そしてマーガリンは、高価なバターの代用品として人工的に開発されたものなのです。

過剰に摂取すると体内で炎症を招くほか、「HDLコレステロール」を減少させて「LDLコレステロール」を増やし、動脈硬化とそこから生じる心臓病のリスクを上げてしまいます。

アメリカでは禁止されているのに…

アメリカ食品医薬品局(FDA)は2015年、工業的に作られた人工のトランス脂肪酸(部分水素化油脂)はもはや安全ではないとして、2018年から加工食品への添加を許可制にすると発表しました。事実上の添加禁止です。

世界保健機関(WHO)も、トランス脂肪酸を1日の摂取カロリーの1%未満にするように勧告しています。

アメリカをはじめとする諸外国では食品に含まれるトランス脂肪酸の含有量を表示することが義務化されていますが、日本ではトランス脂肪酸の表示義務はまだありません。

スポンサーリンク


 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

ロカボは北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している糖質制限食の一種です。

記事を読む

ケトジェニックダイエットとは?4つのルールとは?効果は?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方によってはデメリットもあります。

記事を読む

食物繊維の便秘解消 理由は?サラダよりも加熱処理してたっぷり食べよう!

腸をスッキリさせるためには、食物繊維は欠かせません。 以前の記事 食物繊維の多い食品にダ

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。 脂質もとりすぎれ

記事を読む

和食は太りやすい?食品のGI 値とは?寿司、ラーメン、カレーライスは?

和食は太りやすい? 和食はヘルシーフードとして世界的に人気を博していますが、専門的に評価すると栄養

記事を読む

3大栄養素の比率は妥当か?糖質は必須栄養素?糖質過剰は危険?

ヒトを含む、すべての動物は血液中の栄養素をエネルギーに変えて燃焼させながら生きています。 従来はそ

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

5大栄養素の役割とは?糖質の摂りすぎで太るメカニズムとは?

近年、ダイエットや健康に効果があることが認められて、実践する人が増えてきた糖質制限ダイエット。

記事を読む

タンバク質の役割は?不足の 影響は加齢による回復力低下ではないとは?

前回の記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

→もっと見る

PAGE TOP ↑