糖質制限時、調味料の糖質にも注意!マヨネーズは?マーガリンとバターは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖質制限ダイエット実践者にとって、ダイエット効果を上げるためには糖質含有量の多い食材を避けることが大切です。
ところが、主食である炭水化物を減らし、自分ではしっかり糖質を制限しているのに、痩せないと嘆く方がいます。
その原因の一つとして、糖質含有量の多い調味料を多用しているケースがよくあります。
そこで、ここでは、糖質含有量から「とるべき調味料」と「避けるべき調味料」を確認し、糖質制限ダイエット実践時の注意事項を明らかにしました。

調味料の糖質にも注意!

tyomiryo-tositu脂質とのつき合い方について、メインの食材のみならず調味料についても、「とるべき調味料」「避けるべき調味料」という視点からチェックする必要があります。

調味料は意外に糖質を含むものがあるので注意が必要です。例えば以下のとおりです。

・塩、こしょう、マヨネーズ、オリーブ油はOK。
・糖質が多いのはケチャップやソース、みりんは要注意。
・しょうゆは刺身じょうゆなど甘いものは避けるべき。
・みそも白みそを避ければその他は基本的にOK。
では、もう少し詳しく見てみましょう。、

調味料で糖質が多くて避けたいものは、ソース類(トンカツソース、中濃ソース、ウスターソース、ドミグラスソース)、ケチャップ、焼き肉のタレ、甘味噌(白味噌、八丁味噌など)、ミリン、日本酒などです。

これらは一度に使う量が少量なら許容されることもありますから、どうしても使いたいときは量を加減してください。

また、料理の際は調味料のパッケージにある成分表をチェックしましょう。

以降ではマヨネーズ、マーガリン、バターについて詳しく見てみましょう。

マヨネーズの糖質は?

mayo-tosituまよgesマヨネーズは大さじ1杯で脂質約9gを含み、約80kcalですからカロリー制限食では避けるべき調味料の代表とされます。

しかし、糖質制限的にはOKです。

 

手作りマヨネーズは卵、醸造酢、植物油、塩だけで作られており糖質ゼロです。
mayosarada

日本の全国マヨネーズ・ドレッシング類協会は、砂糖など糖質の添加を認めていますが、昔ながらのマヨネーズなら大さじ1杯当たり糖質0.1gしか含みません。

生野菜サラダなどにマヨネーズをかけると満足度が高く、美味しく食べられます。

ただし、” 低カロリータイプ”や、”マヨネーズ風調味料”などは、味を整えるために砂糖など糖質が多く添加されていることもありますから、パッケージの成分表示をチェックするようにしましょう。

マーガリンではなくバターを!

バターは生乳から分離したクリーム (乳脂肪)を凝固させたもので80%以上が脂質です。
1かけら(食パン1枚に塗るくらいの分量で通常8g) 60kcalありますから、マヨネーズと同じくカロリー制限食では避けるように指導されてきた調味料です。

パターには「有塩」のものと「無塩」のものがありますが、どちらもほほ糖質ゼロです。

magarinm-kikenかつて「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていましたが、いまではトランス脂肪酸を含まないバターのほうが遥かに健康的とされています。

近ごろはトランス脂肪酸を含まないマーガリンも登場していますが、バターと同じくらいの価格だとか。

バターは生乳から作られる自然食晶、マーガリンは植物油から作られる合成食品ですから、より自然なバターをロにするほうがいいです。

 

 

なお、トランス脂肪酸の危険性については、こちらの記事を参考にしてください。

リノール酸はとりすぎか?オメガ3とオメガ6の比率は?トランス脂肪酸は危険?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

3大栄養素の比率は妥当か?糖質は必須栄養素?糖質過剰は危険?

ヒトを含む、すべての動物は血液中の栄養素をエネルギーに変えて燃焼させながら生きています。 従来はそ

記事を読む

動物性脂肪は体に悪い?エスキモーの食事がヒントとは?動物性脂肪の適量は?

脂質の種類と働きについては既に、以下の記事で記載し「脂質を食べたら太る」が大きな誤解であることをご紹

記事を読む

内臓脂肪型肥満が原因で起こる病気は?メタボリック・ドミノの進行は予防できるか?

糖尿病が病気であることは分かりますが、メタボ、すなわち肥満が何故、病気なのでしょうか? まだ理

記事を読む

肉や魚

食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。 正しい糖質制

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。

記事を読む

糖質制限&グルテンフリーのダイエットとは?レシピ、効果、成功の秘訣は?

SMILEMANさん 年齢33歳、自営業の男性、身長177センチ 20代半ば辺りからお腹に肉が

記事を読む

ケトン体回路を回すには?糖質依存の食事の糖質摂取量を1日どれだけに減らす?

既にご紹介しました記事で、健康に良いエネルギー源はケトン体であることをご紹介しました。 ⇒人間

記事を読む

ココナッツオイル ダイエットで中性脂肪を減らし便秘解消もできる訳は?

肥満は、いろいろな病気の原因となります。 ココナッツオイルは肥満を解消するダイエットや便秘に効

記事を読む

イモ類

糖質制限で食べてはいけないものは穀物とイモ類!コンニャクイモはOKとは?

ダイエットに効果的!ということで近年注目されている糖質制限食。 では、糖質制限で食べてはいけな

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑