ケトン体の健康効果は?「ケトン体が増えると危険」の誤解とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。
すると、体脂肪燃焼によるダイエット効果がアップします。
このように、糖質制限とケトン体には深い関わりがあります。
ここでケトン体の健康効果、およびケトン体は危険ではないことを紹介します。

ケトン体とは?

ケトン体とは、「ケトン基」を持つ化合物のこと。
医学と生化学の世界では、「β-ヒドロキシ酪酸」「アセト酪酸」「アセトン」 の3つをケトン体として総称してきました。
このうちβ-ヒドロキシ酪酸はケトン基を持たないため、化学構造上はケトン体ではありませんが、酸化還元反応でアセト酢酸に転換されるため、ケトン体として扱われます。
ketontai

ケトン体の健康効果とは?

ケトン食ががんや認知症予防やに効果があるわけ

がんや動脈硬化といった生活習慣病の引き金のひとつは、有害な活性酸素による酸化ですが、ケトン体のなかでもβ-ヒドロキシ酪酸には抗酸化作用があります。
ketondiet活性酸素の害を防ぐために人体には抗酸化酵素が備わっています。

β-ヒドロキシ酪酸は、この抗酸化酵素の活性を引き上げてくれるのです。

脳はケトン体もエネルギー源にしていますが、脳を守っている血液脳関門を通過して、脳の神経細胞のエネルギー源となっているのは、このβ-ヒドロキシ酪酸なのです。
そして、神経細胞を養うケトン体は、認知機能の維持に関わります。

さらに、がん予防にも威力を発揮する可能性があります。
ケトン体が増える「ケトン食」でがんが縮小することもわかっています。
がんの大好物は糖質であり、ほかの正常な細胞と違ってがんはケトン体を上手に使うことができないのです。

「ケトン体が増えると危険」は誤解か?

keton1ケトン体は、脳の神経細胞をはじめとするすべての細胞の重要なエネルギー源になっています。

それにもかかわらず、日本の医師にはケトン体を「糖尿病ケトアシドーシス」のイメージから〝危険物質″と捉えている人が少なくありません。

でも、これは大きな誤解なのです。

体内のホメオスタシス(恒常性維持)で血液のphは弱酸性に保たれていますが、ケトン体は酸性の物質なので、糖質制限をしてケトン体の濃度が上がると「アシドーシス(酸性血症)」となる「ケトアシドーシス」を引き起こすのではないかという不安を持つ人もいます。

しかし、一時的にアシドーシスになったとしても、体内のホメオスタシスによって速やかに正常なphに戻ります。

糖質制限によってケトン休が増えても、インスリン作用が保たれていれば問題はありません。

それは生理的に正常な「生理的ケトーシス」だからです。

abata_5

なお、私がストレスなく糖質制限を継続するために利用している補助食品はこれです。

大豆麺ソイドルが糖質制限の強い味方とは?

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

油抜きダイエットの効果は?炭水化物 が体脂肪に変わる!低脂肪食で糖尿病が3倍に?

昼食にとんかつ定食をガッツリ食べて、夕食はフライドチキンやフライドポテトなどでビールを飲む。

記事を読む

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。 糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆ

記事を読む

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

ココナッツオイルはamazonで買える?おすすめは?

ココナッツオイルはどこで購入できるのでしょうか? ナチュラル系の店や、輸入スーパーで買うことが

記事を読む

健康常識の嘘とは?カロリー制限ダイエットはリバウドを招く、健康的でないとは?

これまで何度もダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返して来たという人は、むしろダイエットに成功して

記事を読む

和食の焼き魚と地中海食の魚グリル|健康によいのはどちら?

世界でも有数の長寿国である日本、一方、地中海沿岸諸国も長寿国が多い。 今、健康やダイエットに優

記事を読む

動物性脂肪は体に悪い?エスキモーの食事がヒントとは?動物性脂肪の適量は?

脂質の種類と働きについては既に、以下の記事で記載し「脂質を食べたら太る」が大きな誤解であることをご紹

記事を読む

正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?高カロリーだと太るの嘘?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランスや運動に気を使い、健康的なボデ

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑