コレステロール悪玉説は嘘? 脂質摂取基準では?動脈硬化 との因果関係は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

tamagoあなたは、卵は「コレステロールの多い卵は1日1個までにして2個以上食べてはダメ」ということを言われたことはありませんか?

かって、栄養学の常識として、コレステロール悪玉説が叫ばれていました。
でも、これって本当でしょうか。?

そこでここでは、コレステロール悪玉説の歴史を確認し、米国のガイドラインから脂質摂取比率の上限が撤廃されている事実と、コレステロールと動脈硬化の因果関係をご紹介します。

コレステロール悪玉説の歴史は?

コレステロール悪玉説の歴史は古く、世界最古のコホート研究のひとつである1948年の「フラミンガム研究」が発端になっています。

コホート研究(cohort study)とは分析疫学における手法の1つであり、特定の要因に曝露した集団と曝露していない集団を一定期間追跡し、研究対象となる疾病の発生率を比較することで、要因と疾病発生の関連を調べる観察的研究である。 Wikipediaより
これは、米マサチューセッツ州にあるフラミンガムという町で行われた研究です。
第二次世界大戦後のアメリカでは心臓病による死亡率が高く、30歳から62歳までの5000人以上の住民の生活習慣と心臓病のかかわりについて調べることになりました。

そしてその後の研究で、心臓病の危険因子として総コレステロール値、高血圧、喫煙、肥満、耐糖能異常(糖尿病)などがリストアップされました。
その結果、卵のようにコレステロールが多い食事は心臓病を招くから
卵は1日1個までにして2個以上食べてはダメ」という発想もここから生まれたのです。

脂質 摂取基準が改訂された

sisitu-sessyuところが、アメリカ保健福祉省(HHS)と農務省(USDA)によるアメリカ人の栄養摂取に関するガイドラインである『アメリカ人のための食生活指針2015~2020年版』からコレステロールを多く含む食品の摂取制限に関する文言が削除され、脂質の摂取率の上限も撤廃されました。

食事から摂取するコレステロール量と血液中のコレステロール値の間に明確な関連を示すエビデンスがなく、食事からの脂質の摂取を減らしても血液中の脂質の指数はよくならないからです。

『日本人の食事摂取基準(2015年版)』でも、コレステロールの摂取目標量(上限)は設けられていません。

コレステロールと動脈硬化の因果関係は?

コレステロールは細胞膜やホルモン、ピタミンDなどの材料として必要不可欠な栄養素ですから、肝臓で必要量の80%が合成されています。
食事からとるコレステロールは全体の20%にすぎないのです。koresutero-ru

また、食事からとるコレステロールが増えると、体内で合成するコレステロールを減らして総量を調整する仕組みが私たちの体には備わっています。
これもまた人体にとって不可欠なホメオスタシス(恒常性維持)のシステムなのです。

かつてコレステロールが悪玉視されたのは、卵や肉類のようにコレステロールが多い食事をとると数カ月から1~2年は血液中のコレステロール値が高くなることがあるからでした。
しかし、長期的にはホメオスタシスが働いてコレステロール値は正常範囲内に保たれるので、心配は無用なのです。

心臓病の発端となる動脈硬化の真の原因は、活性酸素などによって酸化されたLDLコレステロールが血管内に留まること。

たとえコレステロール値が高くても、それだけでは動脈硬化は進行しないのです。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

abata_5
 

”コレステロール神話の崩壊”については以下の記事をご参照ください。
>>コレステロール神話の崩壊:悪玉説の嘘を支える利益構造とは?
この記事にも書いていますが、我が国の医療は”患者の健康”よりも”組織の利益”を優先しているようですね。
嘆かわしいことですがこの点については米国の方が民主的といえるでしょう。
ですから、自分の健康は自分で守るという姿勢が大切なのです。
スポンサーリンク


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

ココナッツオイルが老化防止に効果!酵素の活性低下を防ぐとは?

ケトン体が「元から人間が持っている抗酸化酵素を活性化」してくれるということが最近分かってきました。そ

記事を読む

40代までは炭水化物を!ミトコンドリアエンジンで50代以降の老化を遅らせるには?

前回の記事 人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

オリーブオイルの人気の理由は?脂肪酸の組成は?特徴は?

オリーブオイルのつくり方は極めてシンプルです。 ・まずはデリケートな実を傷つけないように、一つ

記事を読む

肥満の種類は?皮下脂肪型と内臓脂肪型の違いは?病気になりやすいのは?

肥満の種類と見分け方は? 肥満の種類は 肥満は脂肪のつき方によって2種類にわけられます。

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

酵素とは何か?触媒としての働きは?酵素が活性化する最適環境とは?

「酵素」 は私たちの健康を守るうえで大切で、スリムな体を手に入れるためにも欠かせない存在です。

記事を読む

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。 そう、実は今、酵素はブ

記事を読む

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロリーが消費力ロリーより多いから

記事を読む

栄養バランスは和食の豆腐より地中海食の豆料理!インゲン豆の煮物のレシピは?

前回まで、麺、魚料理、肉料理、野菜料理について和食と地中海食を比べてみました。 その結果、健康

記事を読む

牛乳は飲み方次第で骨を弱くする!?おすすめの飲み方は?摂取の適量とは?

前回の記事: 牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも

牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも摂取できないとは?

牛乳神話の崩壊とは? 牛乳神話とは 「牛乳やヨーグルトなどの乳製品

揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機

飲み会続きには「腸を強くするメニュー」がおすすめ!納豆や酢の健康効果とは?

忘年会、新年会、送別会、新人歓迎会、同窓会、…など 仕事上のつき

大豆の健康&ダイエット効果に注目!イソフラボンが女性をきれいにするとは?

日本では昔から豆腐、みそ、納豆など、大豆を原料とした食品がよく食べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑