糖質制限ダイエットの リバウンド理由は?糖質過剰摂取の症状は?注意点は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ご飯、パン、麺類、砂糖などの「糖質」をできるだけ控えて、肉、魚、豆腐などから「たんぱく質」と「脂質」をしっかりとる。
そんな「糖質制限食」は、江部康二氏が理事長を務める京都・高雄病院が、血糖値をコントロールして糖尿病とその合併症を防ぐために、1999年に開始した食事法です。

ところがダイエット効果が非常に高く、さまざまな健康増進効果もあることから、糖尿病の患者さん(糖尿人)以外にも実践する人たちが増えました。

近年は〝糖質制限ブーム″といっても過言ではないくらい、実践者が増えているようです。

ここでは、糖質制限実施後。リバウンドしてしまう理由と糖質制限実践時の注意点をご紹介します。

糖質制限 ダイエットで リバウンドする理由は?

これまで1日3食、美味しくど飯やパンなどを食べてきて、デザートや間食で甘いお菓子や飲み物を食べたり飲んだりしてきた人たちは、糖質制限を思うように続けられない人が多いです。

ある程度の期間、糖質制限を実践してダイエットに成功すると、そこで満足したり気が緩んでしまいがちです。
そして、続けられなくなり、リバウンドしてしまう人が多いのです。ribaudo

糖質を含む食べ物は、美味しいものが多いです。
しかも、それを長年、習慣的に食べてきたのですから、糖質制限を続けるのは多かれ少なかれストレスがともなうのは当然です。

糖質制限食は糖尿病治療のために開発されたものなので、糖尿病の患者さん(糖尿人)を例に挙げましたが、健常人がダイエットのために糖質制限を実践するときにも、まったく同じことがいえます。

糖質制限には1週間で体重が2~3kgほどストンと落ちる即効性があります。
しかし、短期間で効果が上がったからといって、その後、元の食事に戻してしまえば、それこそ「元の木阿弥」と化してしまいます。
従って、元の食事に戻してしまうことがリバウンドしてしまう理由と言えるでしょう。

糖尿人にとって糖質制限を続けるか続けないかは、合併症リスクである「食後高血糖」という危機にどう立ち向かうかという深刻な問題です。

いづれにしてもリバウンド対策は糖質制限を続けることと言えるでしょう。

なお、私が糖質制限を継続しリバウンドを防止するために利用している補助食品はこれです。

大豆麺ソイドルが糖質制限の強い味方とは?

糖質の過剰摂取を放置したときの症状は?

糖尿病には遺伝や生活習慣に起因する「2型糖尿病」と、自己免疫疾患によりインスリンを分泌するすい臓のβ細胞が壊されて発症する「1型糖尿病」と2種類ありますが、日本の糖尿人の95%以上は2型です。

seikatysyukanbyo最近の研究で、糖質のとりすぎで太っていることは単なる美醜の問題ではなく、長年放置すると「心臓病」「脳卒中」「がん」「認知症」といった生活習慣病のリスクが高まることがわかっています。

20~30代ではまだそれほど心配しなくてもいいかもしれませんが、40代以降は生活習慣病が確実に〝いまそこにある危機〃として立ちはだかります。

少しでも気になる人は、ぜひ糖質制限で肥満から脱出することからはじめましょう。

糖質制限食を実践時の注意点

糖質制限食を実践するときに押さえておくべき注意点を述べておきます。

◎糖質制限の注意点
*糖賓制限食は開始直後から効果があるため、経口血糖降下剤の内服やインスリンの注射をしている人は低血糖発作を起こす可能性があります。
そうした方は必ず医師と相談して、できれば入院して糖蜜制限を行ってください。

*肝硬変、診断基準を満たすすい炎、長鎖脂肪酸代謝異常症の方はいずれも適応外です。
腎障害かある場合、eGFR(推算糸球体濾過量)が60ml/分以上であれば適応になりますが、それ未満の場合は個別に医師とよく話し合って行うかどうかを決めてください。

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にとってもメタボ解消は関心が高いで

記事を読む

すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

今、フルーツ青汁を飲んで痩せるなど、フルーツ青汁のダイエット効果が注目されています。 そのなか

記事を読む

ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

ロカボではスイーツもOK?低糖質レシピもおすすめ?人工甘味料の危険性は嘘?

従来のダイエットでは、とかくスイーツは日の敵にされていました。 油やバターなどがたっぷり使われ

記事を読む

炭水化物6割、油2割という基準が病気の原因!脂質を増やしても安全な理由は?

前回の記事で、「油を抜いた、炭水化物の多い食事はよくない」ことをご紹介しました。 でも、大抵の

記事を読む

インスリンと肥満の関係から見える!糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限のダイエット効果を理解する上で、太るホルモン(肥満ホルモン)であるインスリンの働きを

記事を読む

内臓脂肪型肥満が原因で起こる病気は?メタボリック・ドミノの進行は予防できるか?

糖尿病が病気であることは分かりますが、メタボ、すなわち肥満が何故、病気なのでしょうか? まだ理

記事を読む

カロリー制限から糖質制限へ|糖尿病食事療法のパラダイムシフトとは?

ダイエットのための適切な食事療法は何かを考えるうえで、糖尿病の食事療法の歴史的な変遷を理解しておくこ

記事を読む

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょう、朝食で何を食べましたか?

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑