糖質制限ダイエットの リバウンド理由は?糖質過剰摂取の症状は?注意点は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

ご飯、パン、麺類、砂糖などの「糖質」をできるだけ控えて、肉、魚、豆腐などから「たんぱく質」と「脂質」をしっかりとる。
そんな「糖質制限食」は、江部康二氏が理事長を務める京都・高雄病院が、血糖値をコントロールして糖尿病とその合併症を防ぐために、1999年に開始した食事法です。

ところがダイエット効果が非常に高く、さまざまな健康増進効果もあることから、糖尿病の患者さん(糖尿人)以外にも実践する人たちが増えました。

近年は〝糖質制限ブーム″といっても過言ではないくらい、実践者が増えているようです。

ここでは、糖質制限実施後。リバウンドしてしまう理由と糖質制限実践時の注意点をご紹介します。

糖質制限 ダイエットで リバウンドする理由は?

これまで1日3食、美味しくど飯やパンなどを食べてきて、デザートや間食で甘いお菓子や飲み物を食べたり飲んだりしてきた人たちは、糖質制限を思うように続けられない人が多いです。

ある程度の期間、糖質制限を実践してダイエットに成功すると、そこで満足したり気が緩んでしまいがちです。
そして、続けられなくなり、リバウンドしてしまう人が多いのです。ribaudo

糖質を含む食べ物は、美味しいものが多いです。
しかも、それを長年、習慣的に食べてきたのですから、糖質制限を続けるのは多かれ少なかれストレスがともなうのは当然です。

糖質制限食は糖尿病治療のために開発されたものなので、糖尿病の患者さん(糖尿人)を例に挙げましたが、健常人がダイエットのために糖質制限を実践するときにも、まったく同じことがいえます。

糖質制限には1週間で体重が2~3kgほどストンと落ちる即効性があります。
しかし、短期間で効果が上がったからといって、その後、元の食事に戻してしまえば、それこそ「元の木阿弥」と化してしまいます。
従って、元の食事に戻してしまうことがリバウンドしてしまう理由と言えるでしょう。

糖尿人にとって糖質制限を続けるか続けないかは、合併症リスクである「食後高血糖」という危機にどう立ち向かうかという深刻な問題です。

いづれにしてもリバウンド対策は糖質制限を続けることと言えるでしょう。

なお、私が糖質制限を継続しリバウンドを防止するために利用している補助食品はこれです。

大豆麺ソイドルが糖質制限の強い味方とは?

糖質の過剰摂取を放置したときの症状は?

糖尿病には遺伝や生活習慣に起因する「2型糖尿病」と、自己免疫疾患によりインスリンを分泌するすい臓のβ細胞が壊されて発症する「1型糖尿病」と2種類ありますが、日本の糖尿人の95%以上は2型です。

seikatysyukanbyo最近の研究で、糖質のとりすぎで太っていることは単なる美醜の問題ではなく、長年放置すると「心臓病」「脳卒中」「がん」「認知症」といった生活習慣病のリスクが高まることがわかっています。

20~30代ではまだそれほど心配しなくてもいいかもしれませんが、40代以降は生活習慣病が確実に〝いまそこにある危機〃として立ちはだかります。

少しでも気になる人は、ぜひ糖質制限で肥満から脱出することからはじめましょう。

糖質制限食を実践時の注意点

糖質制限食を実践するときに押さえておくべき注意点を述べておきます。

◎糖質制限の注意点
*糖賓制限食は開始直後から効果があるため、経口血糖降下剤の内服やインスリンの注射をしている人は低血糖発作を起こす可能性があります。
そうした方は必ず医師と相談して、できれば入院して糖蜜制限を行ってください。

*肝硬変、診断基準を満たすすい炎、長鎖脂肪酸代謝異常症の方はいずれも適応外です。
腎障害かある場合、eGFR(推算糸球体濾過量)が60ml/分以上であれば適応になりますが、それ未満の場合は個別に医師とよく話し合って行うかどうかを決めてください。

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

インスリンと肥満の関係から見える!糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限のダイエット効果を理解する上で、太るホルモン(肥満ホルモン)であるインスリンの働きを

記事を読む

カロリー制限 ダイエットの停滞とは?リバウンドの理由は?カロリー計算の嘘とは? 

私が2型糖尿病予備軍と診断された時、病院から指導された肥満解消のための食事療法はカロリー制限によるも

記事を読む

産後の炭水化物制限ダイエットの効果は?やり方は?成果は?

nyantaさん 48歳主婦で身長158センチ。 私は中年太りが加速してきて58キロにまで増加

記事を読む

人類の食の歴史から見る!糖質の過剰摂取が糖尿病を増やすわけは?

私たちは、物心がついた頃から白いご飯やパンを食べ続けてきたので、「糖質は体に悪い」と言われてもなかな

記事を読む

地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。 とくに、炭水化物

記事を読む

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介し

記事を読む

回転寿司はヘルシーか?健康上の問題点は?ヘルシーな食べ方は?

回転寿司はヘルシーか? いまや寿司は「SUSHI」という国際語になり、欧米ではヘルシーメニューとし

記事を読む

炭水化物を食べても痩せる?血糖値の上昇を抑える食べ方、食べて良いもの悪いものは?

炭水化物を食べても痩せる食生活とは? 日本人の食生活はもともと、炭水化物が多い傾向にあります。

記事を読む

ロカボではスイーツもOK?低糖質レシピもおすすめ?人工甘味料の危険性は嘘?

従来のダイエットでは、とかくスイーツは日の敵にされていました。 油やバターなどがたっぷり使われ

記事を読む

ブドウ糖が老化を促進!AGEでタンパク質は?糖質制限で老化予防できるか?

近年、糖質制限を実践することの効果を示すエビデンス(科学的な証拠)が明らかになってきました。

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑