人類の食の歴史から見る!糖質の過剰摂取が糖尿病を増やすわけは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

tosituoffdiet私たちは、物心がついた頃から白いご飯やパンを食べ続けてきたので、「糖質は体に悪い」と言われてもなかなかピンときませんね。
そこで、ここでは「700万年の人類の歴史」を振り返って、人類が何を食べて生きていたかを考えることにより、糖質の摂取を制限することが、私たちにとって自然なことであることをご紹介します。

人類の食の歴史:700万年何を食べてきたか?

人類がアフリカの大地で誕生したのは、およそ700万年前とされます。
そこから長い長い時を経て地球の隅々まで広がったわけですが、人類はずっと野生動物の狩猟や魚を釣ったり貝を採ったりする漁労、木の実や根っこ、果物などを集める採集によって食料を得ていました。
つまり魚介類、野生動物の肉や内臓、骨髄、それに昆虫や野草、木の実、野生の果物、根茎(百合根など)などが人類のエネルギー源となっていたのです。

もっとも、糖質が比較的多く含まれる木の実や果物、根茎などは、たまに手に入る〝ラッキーなエネルギー源″でした。
また果物といっても、現在のように品種改良して甘みを増した大きなものではなく、野イチゴや山ブドウのようにわずかな甘味を持つ小さなものだったに違いありません。
このように農耕開始前の人類は日常的に血糖値が上昇するようなことはなかったので、インスリン追加分泌が必要となるようなことはどく僅かだったのです。

インスリンの「基礎分泌」と「追加分泌」
血糖値を直接的に下げることができる唯一のホルモンはインスリンです。
心臓を動かしたり、呼吸をしたり、胃腸を動かすのに必要なホルモンは、すべて血糖を上昇させる作用があります。
したがって、たとえ眠っている時間でも、血糖を上昇させるホルモンにうち勝つ様にインスリンは絶え間なく分泌され、血糖上昇を抑えています。
これをインスリンの「基礎分泌」と呼びます。

さらに食事をすると血糖が急激に上昇し、インスリンはまた急峻に分泌されます。これを「追加分泌」と言います。

人類700万年の歴史のほとんどは、現代のように日常的に大量の糖質をとる環境にはなかったということです。
だからこそ、体内で血糖値を下げるホルモンが、インスリンただひとつしか償っていないのです。

インスリンは飢餓状態に備えたツール

現代人にとってインスリンは肥満を招く悪玉ですが、原始人にとっては糖質を含むラッキーな食材が大量に手に入ったとき、糖質をインスリンによって体脂肪に変え、エネルギー源として体内に蓄えて飢餓に備える重要な味方だったのです。
果物に含まれる果糖の90%近くが肝臓で体脂肪に代えられるのも、恐らくは飢餓状態に備える意味があったのでしょう。
そんな人類の食生活が変化したのは、小麦や米の栽培がはじまった1万年ほど前のこと
それから糖質をたくさんとるようになり、計画的な食料生産が可能になって人口が爆発的に増え、文化も文明も一気に花開くようになりました。
糖質をとるようになっても、機械はおろかロクな道具すらない時代ですから、常に体を動かして筋肉が収縮することで、インスリンの追加分泌なしで血糖を利用できる生活が続いたでしょう
食後高血糖や高インスリン血症にも悩む暇はなかったのです。

小麦も米も精製は十分ではなく、食物繊維が多い雑穀と一緒に食べるのが当たり前。
末精製の穀物なら血糖値の上昇度合いもゆるやかであり、インスリン追加分泌も少量にとどまります。

糖質の過剰摂取が糖尿病を増加させる

現代のように精製した穀物をお腹いっぱい食べて、白砂糖も好きなだけとれるようになったのは第二次世界大戦後からです。

同時にモータリゼーションなども進み、体を動かして血糖値を消費する機会がめっきりと減りました。

その結果、大量に糖質を食べても筋肉の活動で糖質を消費できないため、急激に上がった血糖値をインスリン追加分泌で下げるしかなくなります。
この想定外の出来事に700万年前から基本的には変わっていない人類の体は適応していないため、肥満や糖尿病などの生活習慣病が増えているのです。

イギリスの人間栄養学の代表的なテキストである『ヒューマン:一ユートリション 基礎・食
事・臨床 第10版』C.S.GarrOWuW.P.T.1amesIA.R巴f編、細谷憲政ほか日本語版監修、医歯薬出版、2004年) には
「進化に要する時間の尺度は長く、人類の消化管は、炭水化物を日常的に摂取するのに適応しているわけではない。特に精製された炭水化物による血糖値の急激な上昇やインスリンの分泌がさまざまな病気の元凶となっている」と書かれているそうです。

このように見てくると、人類にとって糖質制限は自然なことと言えることが分かるでしょう。

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100
私が補助食品「スーパー発芽大豆」を利用する理由はストレスなく糖質制限を継続できるからです。

糖尿人の私は「スーパー発芽大豆」を夕食でごはんの代わりに食べ糖質制限ダイエットをストレスなく継続しています。

また、小腹がすいたときのおやつとしても食べています。

私が「スーパー発芽大豆」を利用する理由は、栄養価の高い大豆の中でも発芽大豆は特に優れていることと、それを袋から出すだけで手軽に食べることでき、味は栗のようにホックラとしてごはんよりおいしいからです。

しかも、常温で保存できますから、解凍の手間も不要で冷凍庫のスペースに悩む必要もありません。

なお、「スーパー発芽大豆」の栄養価については提供元の株式会社だいずデイズが以下の動画で紹介しています。

「スーパー発芽大豆」の詳細は公式サイトでご確認ください
↓ ↓お試しセットはこちら ↓ ↓



↓ ↓ 継続するならこちら ↓ ↓


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

肥満予防の食べ方とは?太る食べ方と痩せる食べ方はここが違う!

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。 わたしたちは、この傾向から学ぶべき

記事を読む

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由は?

メタボはお腹まわりだけでは決まらない? 脂肪の種類は 人間の脂肪には、2つの種類があります。

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

カロリー制限は続かない?糖質制限は?太る原因は カロリーではなく糖質とは?

太っている人でダイエットに挫折してしまう理由として、「カロリー制限がつらくて続かない」という人がいま

記事を読む

ストレスに強い人とは? ストレスの解消法は?ストレス対策に効くサプリとは?

既にご紹介しました記事、 ⇒ストレスの弊害は?食欲との関係は?ダイエットの最大の敵とは?

記事を読む

朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」って

記事を読む

40代は太りやすい!よくあるダイエット方法の間違いとは?間違いのまとめ

40代は「太りやすい体」になっている! 40代は働き盛りで忙しい年代ですが、ついてしまった脂肪を早

記事を読む

食物繊維の多い食品にダイエット効果がある!その理由とは?

食物繊維の多い食品にはダイエット効果がある! 肥満の予防に食物繊維が効果があるといわれています。

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

おからクッキーダイエットのやり方と効果は?糖質制限採用の理由は?

(hingpingさん31歳、女性、会社員、身長165㎝) 私は幼い頃から、食べることが大好き

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑