アメリカの失敗に学ぶ!肥満の原因 は?カロリー神話の嘘とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

tousitu-orcal糖質制限食を継続していくうえで、糖質制限の効果のメカニズムを知っておくことは非常に大切です。

どうして糖質制限をすると痩せて健康になれるのかを確かな理屈として頭に入れておくと、糖質制限を続けようというモチベーションが一層高まるからです。

そこで、ここでは、従来の常識である”カロリー神話”と”脂質神話”の真実を確認したうえで、肥満大国アメリカに糖質制限が登場した経緯についてご紹介します。

肥満の原因はカロリーのとりすぎ?脂質のとりすぎ?

yaserugenri糖質制限食が提唱されるまで、ダイエット界は2つの伝説的な神話に長らく支配されていました。

それはカロリーのとりすぎで太るという”カロリー神話”と脂質のとりすぎで太るという”脂質神話”です。

肥満とは単に体重が重たいことではなく、「余分な体脂肪をためすぎた状態」ですから、食べすぎと運動不足によってカロリーが余ると肥満を加速させるというものです。

カロリー神話、脂質神話は嘘か?

このように摂取カロリーと消費カロリーのバランスは、太るか、痩せるかを決める重要ポイントですが、実はそれだけでは現代における肥満の増加は説明できません。

というのも、日本人の摂取カロリー(1日)の平均は高度成長期以降減り続けており、近年は横ばいの状況か続いています。

にもかかわらず、日本人で肥満に悩む人は30代以降の男性を中心に増え続けて、一向に安定する気配がないのです。

また、肥満が誘因となっている糖尿病の羅漢率も右肩上がりに増え続けています。

つまり、カロリー摂取量が横ばいなのに、肥満と糖尿病は増え続けているのです。

この事実は、それまでの”カロリー神話”や”脂質神話”が嘘であることを意味しています。

アメリカの失敗に学ぶ: 肥満の原因とは

肥満・糖尿病の原因は脂質として失敗

肥満・糖尿病大国アメリカでは、日本以上に肥満と糖尿病が深刻です。
ファストフードや加工食品などの普及によるカロリー過多と、モータリゼーションによる活動量の低下がいち早く起こり、1970年代に肥満が増え、心臓病などで多くの国民が亡くなる深刻な事態を招きました。

そこで目の敵にされたのは食べてカロリーになる3大栄養素のなかで、単位重量当たりのカロリーが最も高い脂質でした。
全米をあげて脂質の摂取を減らすキャンペーンが繰り広げられた結果、1971年から2000年の卸年間で1日の摂取カロリーに占める脂質のエネルギー産生栄養素バランスを36.9%から32.8%へと4%以上削減することに成功しました。

ところが予想に反して、肥満率は14.5%から30.9%へと倍増
糖尿病の患者数も1995年の800万人から2005年には2080万人と、10年間で2・5倍に増えるという悲惨な結果を招いたのです。

この事実は、肥満や糖尿病の真犯人はカロリーや脂質ではなかったことを意味します。

肥満や糖尿病の原因がカロリー過多でも脂質のとりすぎでもないとしたら、-体何が原因なのでしょうか?

肥満の原因は糖質とする糖質制限が登場!

2014y07m18d_163530868そこで注目されたのが糖質だったのです。

日本では、1955年にはエネルギー産生栄養素バランスに占める糖質の割合は80%近かったのですが、高度成長期以降、1日の摂取カロリーが右肩下がりに減るにつれて60%前後に落ち着いています。

それに対してアメリカでは、脂質悪玉説が提唱されはじめた1971年には糖質のエネルギー産生栄養素バランスは42.4%だったのですが、脂質悪玉説に騙されてせっせと脂質を減らした結果、糖質の摂取量が相対的に高まってしまい、2000年には糖質のエネルギー産生栄養素バランスが49%まで6%以上も増えてしまったのです。

この結果、糖質の過剰摂取が真犯人だったと認識されたのです。

こうした事態を反映してアメリカで登場したのが、ロバート・アトキンス医師が提唱した「アトキンスダイエット」に代表される糖質制限食だったのです。

糖質制限の継続は日本人にとっては辛い?

abata_5
とはいえ、私たち日本人にとってはごはんやうどんなど炭水化物を制限するのは辛いですよね。
でも、私は糖質制限を継続しやすくする補助食品のおかげで助かっています。

私が夕飯でご飯の代わりに食べている補助食品は「スーパー発芽大豆」です。

その理由について詳しくはこちら
スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

なお、「スーパー発芽大豆」の栄養価については提供元の株式会社だいずデイズが以下の動画で紹介しています。

「スーパー発芽大豆」の詳細は公式サイトでご確認ください
↓ ↓お試しセットはこちら ↓ ↓



↓ ↓ 継続するならこちら ↓ ↓


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

ロカボは北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している糖質制限食の一種です。

記事を読む

ロカボではスイーツもOK?低糖質レシピもおすすめ?人工甘味料の危険性は嘘?

従来のダイエットでは、とかくスイーツは日の敵にされていました。 油やバターなどがたっぷり使われ

記事を読む

ダイエットの目的とは?太りやすい生活をチェックして生活習慣病を予防しよう!

あなたは太りやすい生活、していませんか? ここでは、まず、ダイエットの真の目的を確認した上で、

記事を読む

すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

今、フルーツ青汁を飲んで痩せるなど、フルーツ青汁のダイエット効果が注目されています。 そのなか

記事を読む

血糖値とインスリンと肥満の関係は?食べても 太らない 方法とは?

近年、ダイエットや糖尿病改善効果が認知され、流行っている糖質制限食ですが、糖質を食べるのを制限すれば

記事を読む

肥満の原因はカロリーオーバー?おかゆダイエットで8kg痩せた!

hushashさん 23歳女性 OL 社会人になって2年の23歳の時、私は10Kg体重が増えて

記事を読む

タンバク質の役割は?不足の 影響は加齢による回復力低下ではないとは?

前回の記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効とは?

記事を読む

ケトン体 ダイエットの効果を高める「地中海料理+DHA&EPA」とは?

ケトン体食事法の安全性と効果をさらに高めるために、「 地中海料理‎を採り入れること」と「DHA EP

記事を読む

ケトン体が空腹感を抑え食欲抑制し消費エネルギーを増やすとは?

これまでのカロリー制限によるダイエットよりも、糖質制限の方が減量しやすいことが分かってきました。

記事を読む

ココナッツオイル ダイエットで中性脂肪を減らし便秘解消もできる訳は?

肥満は、いろいろな病気の原因となります。 ココナッツオイルは肥満を解消するダイエットや便秘に効

記事を読む

時間栄養学の研究で判明!食べる時間によって太る?朝食抜きは太るとは?

前回の記事では、「どうして、朝食を抜くと太るのか」について近年、時間栄

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っていると

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

→もっと見る

PAGE TOP ↑