糖質制限でタンパク質をしっかりとる理由は?カロリー制限では?満腹感や満足度は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットについて。

前回の記事では、糖質制減食ではタンパク質や脂質はカロリーを気にすることなくむしろしっかり摂るべきことをご紹介しました。

ここでは、その理由について詳しくご紹介するとともに、
・カロリー制限ではタンパク質が不足しやすいこと
・糖質制限食を続けていく上で、その満腹感や満足度
についてご紹介します

糖質制限でタンパク質と脂質をしっかりとる理由

日本人の食事は基本的に、主食、主菜、副菜2品、汁物という「一汁三菜」で構成されています。

和食店の定食がその典型ですが、糖質制限食ではこのうち糖質が多い主食をカットするわけです。

その代わり、主菜と副菜を増やして栄養バランスを整えながら、その人にとって必要なカロリーを摂取します。2014y07m10d_173746886

 

カロリー制限ではタンパク質が不足しやすい

旧来のカロリー制限を主体とした糖尿病の食事療法やダイエット法では、脂質が多い肉類や魚介類、チーズ、オリーブオイルなどを制限するのが普通でした。

なぜなら脂質は1g当たり9kcalと3大栄養素のなかで最高カロリー(糖質とたんばく質は1g当たり4kcal)だからです。

しかし、太るのは糖質のとりすぎと、それによるインスリンの過剰分泌なのですから、ことさらに脂質をカットする必要はありません

脂質を減らすために肉類や魚介類の摂取が減ると、私たちの体を作っている大事なたんぱく質が不足します。
ところが、筋肉や臓器だけでなく、髪も爪も皮膚もたんばく質で作られていますから、たんばく質を減らすわけにはいかないのです。

肉類や魚介類のようにたんばく質を豊富に含む食材は、脂質も多く含んでいます。

bana11カロリー過多を恐れて脂質をカットしようとすると、肉類や魚介類といったたんばく源を知らず知らずのうちに遠ざけてしまうことになり、たんばく質が不足して基礎代謝が下がりやすくなります。

基礎代謝の一翼を担う筋肉は、水分を除くとほとんどたんばく質です。

たんばく質の摂取が足りないと筋肉が分解されて基礎代謝が落ちてしまい、同じだけ食べても太りやすい体質になってしまうので逆効果になります。

この筋肉の分解は、カロリー制限でリバウンドが起こりやすい理由のひとつとなっています。

糖質制限食の満腹感や満足度は?

tanpakusitu糖質制限食では、主食を食べない代わりに主菜と副菜を増やし、糖質の代わりに肉類や魚介類などからたんばく質と脂質をとります。

すると、カロリーもたんばく質も不足しないため、筋肉の分解も起こりませんし、基礎代謝も下がりません。

たんばく質と脂質の摂取を増やすと基礎代謝が増えます

また、「食事誘発熱産生」といって体内でたんぱく質を分解する際に一部が体熱となって消費されたりすることで消費カロリーが増加します。

そして何より、糖質制限では、食事の満腹感や満足度が高くなり、カロリー制限によるダイエットのようにひもじい思いをすることがないので長続きしやすいのです。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

abata_5
 

確かに、カロリーの高い肉などのタンパク質や脂質をたっぷり食べてもよいので糖質制限の満足度はカロリー制限よりは高いかもしれません。

gohangでも、長年食べてきたごはんや麺類など炭水化物(糖質+食物繊維)もおいしいのでこれを制限するのは辛いと感じる人も多いのではないでしょうか?

あなたはいかがですか?

私の場合は、好物の讃岐うどんを控えるのが辛かったです。
やはり、糖質制限もカロリー制限と別の意味で満足度は下がるのではないでしょうか

でも、肥満解消のほか、さまざまな健康効果がある上、満足度を下げない実践方法もあります。
例えば、炭水化物好きの方には、以下の記事が参考になるでしょう。

↓ ↓ ↓

糖質制限ダイエットでご飯を食べてたい!効果を損なわない方法とは?

また、麺好きの方が糖質制限する際、補助食品を利用することもできますよ。

 ↓ ↓ ↓

大豆麺ソイドルで糖質制限の効果をアップする方法とは!?

↓ソイドルの公式ページ↓

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

6ヶ月で35キロ減!糖質制限ダイエットのやり方・効果・リバウンド対策は?

ace0120さん 24歳 男性 「私、太っている人って絶対に好きになれないんだよねぇ。汗臭そ

記事を読む

メタボはお腹まわりだけでは決まらない?診断基準の第1が腹囲の理由は?

メタボはお腹まわりだけでは決まらない? 脂肪の種類は 人間の脂肪には、2つの種類があります。

記事を読む

水溶性食物繊維の特徴?不溶性食物繊維の役割?とりすぎはミネラルを排出とは?

野菜や果物などに含まれている食物繊維には、大きなパワーが秘められています。 ダイエットはもちろ

記事を読む

睡眠の質と肥満、睡眠時間とダイエットの研究結果は?その意外な関係とは?

あなたは、睡眠と肥満の関係ってご存知ですか? たっぷり睡眠をとれば、ダイエットに良いと思ってい

記事を読む

自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

「朝の太陽の光」が内臓脂肪を減らすってどういうことなのでしょうか? 実は、自律神経の乱れが内臓

記事を読む

睡眠は時間より質!睡眠の質を高める生活習慣とは?体内時計を治すには?

睡眠は時間より質を重視すべき? 睡眠の質や時間と肥満の関係について取り上げた記事 睡眠の質と

記事を読む

自分の適正体重を知るには?ベスト体重とは?BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?

ダイエットは本来、適正体重になるため、食べすぎている量を適量に戻し、本当の健康をつくることです。

記事を読む

炭水化物ぬきダイエットでリバウンドの繰り返しを克服!その効果とは?

フミカさん 50歳 主婦 身長165㎝ 私の肥満歴は小学校2年生の頃からですので、もう40年以

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

回転寿司はヘルシーか?健康上の問題点は?ヘルシーな食べ方は?

回転寿司はヘルシーか? いまや寿司は「SUSHI」という国際語になり、欧米ではヘルシーメニューとし

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエ

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

→もっと見る

PAGE TOP ↑