糖質制限で食べてはいけないものは穀物とイモ類!コンニャクイモはOKとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

tositudiet2ダイエットに効果的!ということで近年注目されている糖質制限食。

では、糖質制限で食べてはいけないものって何でしょうか。
糖質を含む食物っていろいろあって覚えにくいと感じる方も多いと思います。

でも、糖質を多く含む食品を大まかに理解しておくことは、糖質制限実践の秘訣です。

そこで、ここでは、糖質制限で食べてはいけないものを理解しやすいようにご紹介します。

糖質制限食で食べてはいけないものは?

糖質制限食の最大の特徴は、日本人の摂取カロリーの60%を占めている糖質を可能な限りカットすることです。
理想的な糖質制限食生活に近づくために、ドクター江部の糖質制限十箇条にもあるように、大まかにいうと〝糖質をカットすればいいだけ”です。

カットすべき糖質には、「テンプンを含む食品」「甘味のある食品」の2つのタイプがあると理解するとわかりやすいでしょう。

「穀物」と「イモ類」を控えるとは

デンプンを含む食品は、さらに「穀物」と「イモ類」に分けられます。

穀物とは植物の種子

穀物とは細かくいうと、デンプンを主成分とする〝植物の種子″です。
3daikokumotu

「米」「小麦」「トウモロコシ」が〝世界3大穀物″であり、多くの国々で主食として食べられています。

米からど飯やお餅、小麦からパンや麺類(パスタ、うどん、そうめん、中華麺など)、トウモロコシからシリアルやトルティーヤ(薄焼きパン)などが作られ、食べられています。

このほかにも、そば、大麦、雑穀(アワ、ヒエ、ハト麦、オーッ麦など)なども穀物です。
これらは主食として大量に食べるものであり、食後の血糖値を上げてインスリンの追加分泌を招きますから控えるようにします。

そばや雑穀はヘルシーなイメージがあるものの、糖賞が多いので控えるようにしましょう。

糖質制限食ではコンニャクイモは食べてOK

イモ類には糖質が多いので控えるべき

イモ類イモ類には、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、長イモ、ヤマトイモ、タロイモ、キャッサバなどがあり、いずれも糖質をたっぷり含んでいます。

ジャガイモ、タロイモ、キャッサバは糖質があまりに豊富なゆえに、穀物の代わりに主食として食べている国々もあるほどです。

また、イモ類はさまざまな食品に加工されています。
ジャガイモから作られるポテトサラダ、フライドポテト、ポテトチップス、肉じゃが、サツマイモから作られる大学イモや焼きイモなどさまざまですが、いずれも控えましょう。

片栗粉、春雨、葛粉などもイモ類のデンプンが原料に使われていますから、糖質は多いのです。

糖質制限でイモ類でOKなのはコンニャクイモ。

コンニャクイモは、その名の通りコンニャクの原料であり、水分を除くと「グルコマンナン」という多糖類が大半を占めます。

グルコマンナンは、ヒトの消化酵素では消化も分解もされないため、血糖値もインスリンの追加分泌も招きません

従って、コンニャクを原料にした補助食品は糖質制限ダイエットに最適です。

例えば、【送料無料】こんにゃくラーメン6食セットはいかがでしょうか?
↓ ↓ ↓


 

 ダイエットアドバイザーのコメント

abata_5

糖質制限の実践では、確かに、〝糖質をカットすればいいだけ”ですが、糖質のみカットは正しい糖質制限とは言えません。
同時に、適切なおかずを増やして、肉や魚などタンパク質、脂質はしっかり摂る必要があります。
また、ビタミン、ミネラル等も必要です。
食事からこれらの栄養素をバランスよく摂るのが困難な場合は、適切な補助食品を利用する方法もありますよ。
ちなみに、私が利用しているのはすっきりフルーツ青汁と、大豆麺ソイドルです。
2014y11m15d_152908512

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

甘いものの食べ過ぎの影響は?精製白米や白いパンもシミやシワの原因とは?

ケーキや菓子パン、アイスクリームなど、甘いものが大好きという人は特に女性に多いでしょう。 実は

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

食事量を減らすと太る?ヤセ菌が好む腸内環境とは?糖質を減らすと痩せるとは?

ダイエットというと、食事制限がつらい。 食べる量を減らすのは、空腹のがまんができない。

記事を読む

過食防止のため、 気晴らし食いや早食い、ドカ食いをやめる方法は?

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。 それは、気晴らし食い、早食い、ドカ

記事を読む

朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」って

記事を読む

カロリー制限 ダイエットの停滞とは?リバウンドの理由は?カロリー計算の嘘とは? 

私が2型糖尿病予備軍と診断された時、病院から指導された肥満解消のための食事療法はカロリー制限によるも

記事を読む

小太りの方が長生きって本当か?BMI判定の限界は?肥満の判定は体脂肪率で!とは?

あなたは、小太りくらいの方が長生きできるから・・・と思ってメタボを放置していませんか? 事実、

記事を読む

肥満は健康問題を引き起こす?生活習慣病の原因にも?BMI 25 以上は要注意!

記事「BMl 判定基準 (日本肥満学会)は?」でご紹介した標準体重を計算してみて、「私は標準範囲だか

記事を読む

自分に合った自分流ダイエットの方法|炭水化物抜きは危険か?

kai0815さん 30歳、男性、飲食店勤務、身長170センチ。 私がダイエットを始めたきっか

記事を読む

ヤセ菌・ デブ菌の働きは?短鎖脂肪酸が肥満を防ぐ?痩せ体質の作り方は?

同じ食事内容であっても、太りやすさは、その人の筋肉量や体温、食べ方によっても変わります。 さら

記事を読む

牛乳は飲み方次第で骨を弱くする!?おすすめの飲み方は?摂取の適量とは?

前回の記事: 牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも

牛乳神話の崩壊!?タンパク質は分解できない?カルシウムも摂取できないとは?

牛乳神話の崩壊とは? 牛乳神話とは 「牛乳やヨーグルトなどの乳製品

揚げ物は食べても太らないは大誤解!健康に悪い?食べすぎで病気になるとは?

これからの季節、サラリーマンの方などは忘年会など、何かと居酒屋で飲む機

飲み会続きには「腸を強くするメニュー」がおすすめ!納豆や酢の健康効果とは?

忘年会、新年会、送別会、新人歓迎会、同窓会、…など 仕事上のつき

大豆の健康&ダイエット効果に注目!イソフラボンが女性をきれいにするとは?

日本では昔から豆腐、みそ、納豆など、大豆を原料とした食品がよく食べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑