糖質制限のダイエット 効果は?体脂肪が減る理由は?インスリンが脂肪分解を抑制する? 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

近年、糖質制限のダイエット効果を示すエビデンス(科学的根拠)が内外で発表され、注目されています。

ここでは、糖質制限のダイエット効果の他、糖質制限にはダイエットを強力に後おししてくれる効果もある理由をご紹介します。

糖質制限のダイエット効果は?

肥満を招く元凶は肥満ホルモンであるインスリンの過剰分泌です。
himan-horumon

そして、インスリンの分泌を招くのは3大栄養素のなかで唯一、糖質だけです。

したがって、「糖質の過剰摂取がインスリンを過剰分泌させ肥満を招く」という仕組みです。

糖質制限をしていれば、インスリンの分泌を最小限にとどめられるので、ダイエットに効果的なのです。

それ以外にも糖質制限にはダイエットを強力に後おししてくれる効果があります。

糖質制限で体脂肪が減る理由とは?

糖質制限のダイエットを強力に後おしする効果とは、常に体脂肪が燃える体質に変わることです。

糖質制限で体脂肪が燃焼しやすくなる

エネルギー源になるのは、食べてカロリーになる糖質、脂質、たんばく質の3大栄養素です。

このうち日常生活で主にエネルギー源になるのは糖質と脂質ですが、そのうち糖質を制限するとなると、消去法で脂質(体脂肪)が使われやすくなるです。

 

chuseisiboその体脂肪は、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」として蓄えられています。

体脂肪の正体は中性脂肪なのですが、さらに細かくいうと中性脂肪は3個の「脂肪酸」と1個の「グリセロール」で構成されています。

この中性脂肪が体内で分解されると脂肪酸となり、脂肪酸は全身の細胞のなかにある「ミトコンドリア」という細胞小器官でエネルギーに変換されます。

ミトコンドリアは体内で唯一、脂肪を燃焼してエネルギーに変換できる〝エネルギー生産工場″のような役割を担っているのです。

糖質制限でケトン体の合成が活発になる

chuseshibo一方で中性脂肪の分解物である脂肪酸から、肝臓で「ケトン体」という物質が合成されます。

このケトン体もミトコンドリアでエネルギー源として日常的に利用されています。

糖質制限をすると、肝臓でケトン体の合成が活発になります。

脂肪酸にケトン体が加わり、「脂肪酸+ケトン体」というエネルギー系が確立されると、体脂肪がより効率的に消費される体質になるのです。

 

 

 

 

インスリンが脂肪分解を抑制するとは?

ところが、糖質をとるとその度にインスリンが分泌されて、中性脂肪の分解にストップをかけてしまいます
すると「脂肪酸+ケトン体」はエネルギー源になりにくく、「糖質+グリコーゲン」中心のエネルギー系がメインになって、体脂肪の燃焼が滞ってしまうのです。

平均的な日本人は摂取カロリーの約60%を糖質が占めているわけですから、多くの人は体脂肪の燃焼が滞っていると想像できます。

tousituしたがって、中性脂肪の分解を継続させるためには、インスリンの分泌を抑制する糖質制限が効果的なのです。

 

 



 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パンとコーヒーという人も多いと思

記事を読む

短期間 ダイエットは健康を害す?リバウンドする理由は?減量の目安は?

急激なダイエットで、かえって太る! 太りやすくなる、健康を害す。とよく言われます。 これ

記事を読む

好きなものを食べる ダイエットとは?食べるタイミングと食べ過ぎに注意!

太っている人でダイエットに挫折してしまう理由として、「好きなものが食べられなくなるから」とい

記事を読む

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

ロカボは北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している糖質制限食の一種です。

記事を読む

糖質制限とカロリー制限の併用は間違い?リバウンドや痩せない理由は?

従来、カロリー制限でダイエットしていた方が糖質制限する際、よくある間違いがあります。 それは、糖質

記事を読む

スーパー発芽大豆 (だいずデイズ)の栄養は?糖質制限ダイエットにピッタリとは?

「畑の肉」とも言われる「大豆」には、肉に匹敵する量のたんぱく質が含まれています。 そして、大豆

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト

記事を読む

3大栄養素のエネルギー比率は?日本人は糖質の摂りすぎか?寿司やカレーはOKか?

以前は”異端”とされてきた糖質制限食でしたが、近年、糖尿病治療や糖質制限ダイエットを実践してきた多く

記事を読む

空腹で脳が活性化しストレスでダメージ!イライラで過食が止まらない訳は?

あなたは何かを紛らわせるために、とりあえず口にものを運んではいないだろうか? 私たちの食欲は脳が司

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑