糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。

今回はその他に、糖質制限をすると肝臓で糖新生が常に行われるようになって、そのプロセスで多くのエネルギーが消費されて、痩せやすくなること。

つまり、糖質制限で、糖新生が活性化する事によるダイエット効果についてご紹介します。

糖新生の仕組みとは

糖新生は、たんばく質から分解された「アミノ酸」、中性脂肪から分解された「グリセロール」、さらには糖質(ブドウ糖)が筋肉で代謝されて生じる「乳酸」などを材料に肝臓でブドウ糖を合成して、血糖値を維持する仕組みのことです。

tou-sinnsei

つまリ、私たちは、自分の体で糖質(ブドウ糖)を作り出すことができるということです。

3大栄養素のうち、たんばく質を構成するアミノ酸には人体で合成できない「必須アミノ酸」があり、脂質にも体内で合成されない「必須脂肪酸」があります。

必須アミノ酸と必須脂肪酸は毎日食事からとるしかないのですが、糖質は体内で糖新生によって作り出せるので〝必須糖質″というものはないのです。

糖質をまったくとらなくても大丈夫なのです。

そして、糖新生が活性化すると体内に蓄えられていた中性脂肪などが、どんどん減るので、、痩せやすくなるのです。

 

糖質制限で糖新生が活性化すると。

「脂肪酸+ケトン体」が主なエネルギー源

睡眠時や空腹時は、心臓の筋肉(心筋)や全身の筋肉(骨格筋)など、私たちの体の細胞の多くは「脂肪酸+ケトン体」が主なエネルギー源となっており、ブドウ糖を警んど使っていません。

睡眠時や空腹時でもブドウ糖を主なエネルギー源にしているのは、赤血球、脳、眼球の内側にある網膜など特殊な細胞だけなのです。

食後2時間くらいまでは、食事から摂取したブドウ糖を利用します。

それ以降は肝臓にグリコーゲンという形で蓄えている糖質を分解して血糖値を一定に保つようになります。

さらに時間が経過すると、今度は肝臓の糖新生で糖質を作って血糖値を一定に保つようになりますが、その頃には心筋や骨格筋など全身の細胞の主なエネルギー源は「脂肪酸+ケトン体」に切り替わっていきます。

したがって睡眠時や空腹時の心筋や骨格筋の主なエネルギー源は、日ごろ普通に糖質をとっている人でも、実はブドウ糖ではなく「脂肪酸+ケトン体」なのです。

人類7000万年の進化の歴史が作り上げてきたヒトの体は、1日の多くの時間帯において、「脂肪酸+ケトン体」を主なエネルギー源にしているのです。

一方の「ブドウ糖+グリコーゲン」は、原始時代の緊急事態(闘争や逃走など激しい筋肉の収縮時)や運よく果物などの糖質を摂取できたときだけの予備的なエネルギー源だということです。

 

糖質制限をすると食事による血糖値上昇が少ないので、たとえばステーキを食べている最中にも、肝臓では糖新生が活性化しています。

 

 

糖新生のメインのエネルギー源は脂肪?

糖質制限で糖質を摂取しないと、糖新生が活性化します。

ブドウ糖を作り出すための糖新生のプロセスにおいては、メインのエネルギー源は脂質(脂肪酸)ですから、脂肪の分解と燃焼によるダイエット効果が非常に高いのです。

tousinsei

人体には脂肪酸やケトン体を使えないため、ブドウ糖だけをエネルギー源にしている細胞があります。

それは人体で唯一、赤血球だけです。

脂肪酸やケトン体をエネルギー源にするには、細胞内に、ミトコンドリアが必要ですが、赤血球だけは細胞内にミトコンドリアを持たないためブドウ糖しかエネルギー源に使えないのです。

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

酢はダイエットに効果あるか? 酢は昔から魚介類、肉、野菜、さまざまな食品と相性がよく、料理の味を引

記事を読む

代謝アップに効果がある栄養成分は? サプリは?運動+BCAAの効果とは?

綺麗な体を作るためには、体内で起こるさまざまな代謝を活性化する必要があります。 そこで、ここで

記事を読む

カロリー制限から糖質制限へ|糖尿病食事療法のパラダイムシフトとは?

ダイエットのための適切な食事療法は何かを考えるうえで、糖尿病の食事療法の歴史的な変遷を理解しておくこ

記事を読む

「粗食信仰」が老化を促進する!?日本食の今昔、高齢者の粗食は危険とは?

私たちのまわりには、さまざまな健康情報があふれています。 もちろん、役に立つ情報も多くあります

記事を読む

カロリー制限 ダイエットの停滞とは?リバウンドの理由は?カロリー計算の嘘とは? 

私が2型糖尿病予備軍と診断された時、病院から指導された肥満解消のための食事療法はカロリー制限によるも

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。 脂質もとりすぎれ

記事を読む

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

ロカボは北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している糖質制限食の一種です。

記事を読む

ロカボと炭水化物抜きダイエットの違い?デメリットは?食べれる糖質の目安は?

あなたは、ロカボって何かご存知ですか? 北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提

記事を読む

炭水化物が多い 食事は太る?ダブル炭水化物は?とんかつ屋とそば屋では?

あっさりした食事のほうが太らないと思われがちですが、実はそうとは限りません。 あなたは、たとえ

記事を読む

人間は本来、ブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていた !?

前回の記事:人間のエネルギー源は糖質が主?脂質、たんぱく質も?健康に良いエネルギー源は? で人

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑