糖新生の仕組みとは?糖質制限で活性化?メインのエネルギー源は脂肪とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖質制限のダイエット効果の要因として、体脂肪が燃えやすくなることは前回、ご紹介しました。

今回はその他に、糖質制限をすると肝臓で糖新生が常に行われるようになって、そのプロセスで多くのエネルギーが消費されて、痩せやすくなること。

つまり、糖質制限で、糖新生が活性化する事によるダイエット効果についてご紹介します。

糖新生の仕組みとは

糖新生は、たんばく質から分解された「アミノ酸」、中性脂肪から分解された「グリセロール」、さらには糖質(ブドウ糖)が筋肉で代謝されて生じる「乳酸」などを材料に肝臓でブドウ糖を合成して、血糖値を維持する仕組みのことです。

tou-sinnsei

つまリ、私たちは、自分の体で糖質(ブドウ糖)を作り出すことができるということです。

3大栄養素のうち、たんばく質を構成するアミノ酸には人体で合成できない「必須アミノ酸」があり、脂質にも体内で合成されない「必須脂肪酸」があります。

必須アミノ酸と必須脂肪酸は毎日食事からとるしかないのですが、糖質は体内で糖新生によって作り出せるので〝必須糖質″というものはないのです。

糖質をまったくとらなくても大丈夫なのです。

そして、糖新生が活性化すると体内に蓄えられていた中性脂肪などが、どんどん減るので、、痩せやすくなるのです。

 

糖質制限で糖新生が活性化すると。

「脂肪酸+ケトン体」が主なエネルギー源

睡眠時や空腹時は、心臓の筋肉(心筋)や全身の筋肉(骨格筋)など、私たちの体の細胞の多くは「脂肪酸+ケトン体」が主なエネルギー源となっており、ブドウ糖を警んど使っていません。

睡眠時や空腹時でもブドウ糖を主なエネルギー源にしているのは、赤血球、脳、眼球の内側にある網膜など特殊な細胞だけなのです。

食後2時間くらいまでは、食事から摂取したブドウ糖を利用します。

それ以降は肝臓にグリコーゲンという形で蓄えている糖質を分解して血糖値を一定に保つようになります。

さらに時間が経過すると、今度は肝臓の糖新生で糖質を作って血糖値を一定に保つようになりますが、その頃には心筋や骨格筋など全身の細胞の主なエネルギー源は「脂肪酸+ケトン体」に切り替わっていきます。

したがって睡眠時や空腹時の心筋や骨格筋の主なエネルギー源は、日ごろ普通に糖質をとっている人でも、実はブドウ糖ではなく「脂肪酸+ケトン体」なのです。

人類7000万年の進化の歴史が作り上げてきたヒトの体は、1日の多くの時間帯において、「脂肪酸+ケトン体」を主なエネルギー源にしているのです。

一方の「ブドウ糖+グリコーゲン」は、原始時代の緊急事態(闘争や逃走など激しい筋肉の収縮時)や運よく果物などの糖質を摂取できたときだけの予備的なエネルギー源だということです。

 

糖質制限をすると食事による血糖値上昇が少ないので、たとえばステーキを食べている最中にも、肝臓では糖新生が活性化しています。

 

 

糖新生のメインのエネルギー源は脂肪?

糖質制限で糖質を摂取しないと、糖新生が活性化します。

ブドウ糖を作り出すための糖新生のプロセスにおいては、メインのエネルギー源は脂質(脂肪酸)ですから、脂肪の分解と燃焼によるダイエット効果が非常に高いのです。

tousinsei

人体には脂肪酸やケトン体を使えないため、ブドウ糖だけをエネルギー源にしている細胞があります。

それは人体で唯一、赤血球だけです。

脂肪酸やケトン体をエネルギー源にするには、細胞内に、ミトコンドリアが必要ですが、赤血球だけは細胞内にミトコンドリアを持たないためブドウ糖しかエネルギー源に使えないのです。

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

「肉」を食べると太るは嘘?太らない食べ方は?健康に悪いって本当?

糖質制限ダイエット法を始めても、途中でを挫折し、止めてしまう人もいます。 いくら 「新しい健康

記事を読む

インスリンと肥満の関係から見える!糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限のダイエット効果を理解する上で、太るホルモン(肥満ホルモン)であるインスリンの働きを

記事を読む

太らない体作りを意識するには?味付けは?素材の味を生かすには?

あなたがダイエットに成功しない理由の1つは、おそらく「食べ過ぎ」でしょう。 では、なぜ、あなた

記事を読む

油抜きダイエットの効果は?炭水化物 が体脂肪に変わる!低脂肪食で糖尿病が3倍に?

昼食にとんかつ定食をガッツリ食べて、夕食はフライドチキンやフライドポテトなどでビールを飲む。

記事を読む

DHAとEPAのダイエット効果は?タンパク質の効果は?「サバ缶」も効果的?

DHAとEPAのダイエット効果は? 昔の日本人の食卓では、主菜といえば、さんま、あじ、いわし、さば

記事を読む

糖質制限 ダイエットを勉強するための本はこれ!ー時系列まとめー

一昔前は”異端”とされていた糖質制限食ですが、ご自分で実践された各先生による本の出版や講演等が相次ぎ

記事を読む

主食を摂るなら パンよりごはん!輸入小麦は危険、パンの食べ過ぎは病気を招く?

近年、糖質制限ダイエットを実践する方が増えてきました。 糖質制限ダイエットでは減量に成功してゆ

記事を読む

糖質制限 ダイエットは効果があるが続かない!糖質の吸収を抑えるサプリメントとは?

近年、従来のカロリー制限に比べて、ダイエット効果が優れていることが明らかになってきた糖質制限ダイエッ

記事を読む

カットすべきは脂質ではなく糖質!脂質が必要な理由は? 米国では脂質摂取の制限はない  

旧来の摂取カロリーを制限するダイエット法に毒されていると、「油脂(脂質)=悪者」という先入観がありま

記事を読む

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑