食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。
正しい糖質制限では糖質の摂取を減らす代わりにたんぱく質や脂質はしっかり食べてるからです。
特に、たんぱく質は食べ過ぎても大丈夫なのです。

ここでは、以上の理由を解説します。

たんぱく質は食事誘発性熱産生が高い?

糖質制限には、「食事誘発性熱産生」(DIT)が増えて、カロリー消費を底上げして痩せやすくなることがあります。

つまり、たんばく質は”熟消費”が大きいということです。

食事誘発性熱産生(DIT)とは、栄養素の消化吸収にともなって生じる熱のことです。
食事をすると体が温かくなって軽く汗ばんだりしますが、それは体内でDITが盛んになっている証拠なのです。

DITは、3大栄養素によって異なり、「糖質6%、脂質4%、たんばく質30%」とされています。
それぞれ100kcalを摂取したと仮定すると、「糖質6kcal、脂質4kcal、たんばく質15kcal」が熱に変わって消費されるということです。

enagy-utiwake厚生労働省では、1日の摂取カロリーのうち10%がDITで消費されると試算しています。
これは「糖質60%、脂質25%,たんばく質15%」という日本人の平均的なエネルギー産生栄養素バランスから推定されたものです。

江部康二先生が理事長を務める高雄病院のスーパー糖質制限食の摂取カロリー比率は「糖質12%、脂質56%、たんばく質32%」だそうです。
ですから、スーパー糖質制限食は最も熱に変わりやすいたんばく質の摂取量が増えるのでDIT全体が底上げされて痩せやすくなるのだそうです。

タンパク質の補給は日々の食事から!

DITを高める以外にも、たんばく質の摂取を増やすことがダイエットを成功に導く大切なポイントになります。

カロリー制限によるダイエットでは、脂質を含む肉類や魚介類といったたんばく質をセーブしすぎるため、たんばく質が不足する恐れがあります。
たんばく賞が不足すると筋肉が落ちやすく、基礎代謝と消費力ロリーが下がって太りやすくなります。

その点、糖質制限ではたんばく質の摂取量はむしろ増えますから、たんばく質の不足で筋肉が落ちることはありません。

たんばく質は全身のパーツを作っていますが、とくに筋肉や骨の原材料として重要な役割を果たしています。

筋肉は水分を除くとほとんどが「アクチン」と「ミオシン」というたんばく質からなり、骨の半分くらいは「コラーゲン」という繊維状のたんばく質からなるのです。

tanpakusitu

体重70kgの男性なら全身のたんばく質約250~300gが毎日入れ替わっています。

このうち食事から吸収されるたんばく質は約100gですが、スーパー糖質制限食では、毎日これを必須アミノ酸がバランスよく含まれている肉類や魚介類などを食べて補うのです。

 

たんぱく質はとりすぎてもOK?

一般的な食事でのたんばく質の摂取量は体重1kg当たり0.8~1.0g、つまり体重65kgなら52~65gとなりますが、スーパー糖質制限食ではその倍以上、体重1kg当たり2.0g以上をとります。

アスリートの世界では筋肉を増やすために体重1kg当たり2.0g以上のたんばく質をとることは珍しくありませんし、体重1kg当たり4.0gとっても副作用はないという報告もあります。
ですから、健常人でも糖尿人でもたんばく質のとりすぎを心配する必要はありません。

ちなみに、厚生労働省の『日本人の食事摂取基準(2015年版)』では、各栄養素の過剰摂取による健康障害の回避のため、許容上限量を設定しています。
もっとも、ビタミンA、D、E、葉酸、カルシウム、カリウム、ナトリウムなどには許容上限量が設定されていますが、たんばく質には許容上限量は設けられていません。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

 

abata_5

 

以上の理由から、糖質制限を継続中の私は、おかずは肉や魚などたんぱく質をしっかり摂ります肉や魚

 

そして、主食は好物のさぬきうどんの代わりに、たんぱく質が豊富な大豆麺を食べるようにしています。

 ↓ ↓ ↓

大豆麺ソイドルで糖質制限の効果をアップする方法とは!?

↓ソイドルの公式ページ↓

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

乳製品のダイエット 効果は?食べ過ぎ防止とは?お肉のヨーグルト漬けは?

乳製品のダイエット 効果とは? 良質のたんばく質の供給に欠かせない乳製品は、多くのビタミンを含む優

記事を読む

糖質制限 ダイエットを勉強するための本はこれ!ー時系列まとめー

一昔前は”異端”とされていた糖質制限食ですが、ご自分で実践された各先生による本の出版や講演等が相次ぎ

記事を読む

癌 ・心疾患・ 脳血管疾患に効くココナッツオイルは血管の病気も防ぐ!

ココナッツオイルは、癌 心疾患 脳血管疾患の三大生活習慣病に効くと同時に血中の中性脂肪やコレステロー

記事を読む

 ケトン体の健康効果は?「ケトン体が増えると危険」の誤解とは?

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

太らない食べ方、順番は?ダイエットの外食は定食、野菜→おかず→主食の順が良い?

太らない食べ方、順番とは? まずは野菜。最後に炭水化物を食べるほうが太らない事がわかっています。

記事を読む

人間は肉食動物に近い!必須 栄養素とは?糖質の食事からの摂取は必須か?

現代の栄養学では、摂取カロリーから計算した3大栄養素の好ましい摂取比率として、 炭水化物は65~6

記事を読む

大豆サポニンの効果とは?脂の酸化を抑え、肥満予防に適している理由?

6月になりました。ダイエットの季節です。 ダイエットの方法といえば、まずは食事制限。 でも、空腹

記事を読む

和食のマナーは三角食べ?その弊害は?食べる順番ダイエットと は?

和食のマナーは三角食べ? 三角食べとは? 日本の家庭料理は一汁三菜を基本として、汁物・主食・主菜

記事を読む

ココナッツオイルの使用方法:料理に食用として使う際の注意点とは?

メディアや雑誌で特集が組まれるほど人気のココナッツオイルですが どうやって使うのか?実際にはわから

記事を読む

血糖値・ブドウ糖負荷試験とは?「食後高血糖」が危険?朝食で血糖値を上げない方法は?

あなたはどんな朝食を食べていますか? 忙しい現代人、朝は毎日、パ

英語で朝食の意味は?体内時計とは?朝食 抜き ダイエットは逆効果とは?

あなたは朝ご飯を食べていますか? ダイエット効果を上げたいからと

糖質制限ダイエットの悩みに向き合うサプリ【糖質スリム】とは?口コミを紹介!

糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、その効果の高

魚の缶詰の簡単レシピ紹介!おすすめの種類は?DHAとEPAは缶詰でとれる?

ダイエットに有効ということで、近年 糖質制限食が流行っています。

糖質の量を計算する方法は?糖質と糖類の違いに注意!糖分の定義はないとは?

糖尿病患者を対象とした糖質制限食では1回の食事につき、摂取する糖質を2

→もっと見る

PAGE TOP ↑