食事誘発性熱産生が高いとは?たんばく質の補給は?とりすぎても大丈夫とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

糖質制限で痩せやすくなる要因のひとつに「食事誘発性熱産生が高いこと」が挙げられます。
正しい糖質制限では糖質の摂取を減らす代わりにたんぱく質や脂質はしっかり食べてるからです。
特に、たんぱく質は食べ過ぎても大丈夫なのです。

ここでは、以上の理由を解説します。

たんぱく質は食事誘発性熱産生が高い?

糖質制限には、「食事誘発性熱産生」(DIT)が増えて、カロリー消費を底上げして痩せやすくなることがあります。

つまり、たんばく質は”熟消費”が大きいということです。

食事誘発性熱産生(DIT)とは、栄養素の消化吸収にともなって生じる熱のことです。
食事をすると体が温かくなって軽く汗ばんだりしますが、それは体内でDITが盛んになっている証拠なのです。

DITは、3大栄養素によって異なり、「糖質6%、脂質4%、たんばく質30%」とされています。
それぞれ100kcalを摂取したと仮定すると、「糖質6kcal、脂質4kcal、たんばく質15kcal」が熱に変わって消費されるということです。

enagy-utiwake厚生労働省では、1日の摂取カロリーのうち10%がDITで消費されると試算しています。
これは「糖質60%、脂質25%,たんばく質15%」という日本人の平均的なエネルギー産生栄養素バランスから推定されたものです。

江部康二先生が理事長を務める高雄病院のスーパー糖質制限食の摂取カロリー比率は「糖質12%、脂質56%、たんばく質32%」だそうです。
ですから、スーパー糖質制限食は最も熱に変わりやすいたんばく質の摂取量が増えるのでDIT全体が底上げされて痩せやすくなるのだそうです。

タンパク質の補給は日々の食事から!

DITを高める以外にも、たんばく質の摂取を増やすことがダイエットを成功に導く大切なポイントになります。

カロリー制限によるダイエットでは、脂質を含む肉類や魚介類といったたんばく質をセーブしすぎるため、たんばく質が不足する恐れがあります。
たんばく賞が不足すると筋肉が落ちやすく、基礎代謝と消費力ロリーが下がって太りやすくなります。

その点、糖質制限ではたんばく質の摂取量はむしろ増えますから、たんばく質の不足で筋肉が落ちることはありません。

たんばく質は全身のパーツを作っていますが、とくに筋肉や骨の原材料として重要な役割を果たしています。

筋肉は水分を除くとほとんどが「アクチン」と「ミオシン」というたんばく質からなり、骨の半分くらいは「コラーゲン」という繊維状のたんばく質からなるのです。

tanpakusitu

体重70kgの男性なら全身のたんばく質約250~300gが毎日入れ替わっています。

このうち食事から吸収されるたんばく質は約100gですが、スーパー糖質制限食では、毎日これを必須アミノ酸がバランスよく含まれている肉類や魚介類などを食べて補うのです。

 

たんぱく質はとりすぎてもOK?

一般的な食事でのたんばく質の摂取量は体重1kg当たり0.8~1.0g、つまり体重65kgなら52~65gとなりますが、スーパー糖質制限食ではその倍以上、体重1kg当たり2.0g以上をとります。

アスリートの世界では筋肉を増やすために体重1kg当たり2.0g以上のたんばく質をとることは珍しくありませんし、体重1kg当たり4.0gとっても副作用はないという報告もあります。
ですから、健常人でも糖尿人でもたんばく質のとりすぎを心配する必要はありません。

ちなみに、厚生労働省の『日本人の食事摂取基準(2015年版)』では、各栄養素の過剰摂取による健康障害の回避のため、許容上限量を設定しています。
もっとも、ビタミンA、D、E、葉酸、カルシウム、カリウム、ナトリウムなどには許容上限量が設定されていますが、たんばく質には許容上限量は設けられていません。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

 

abata_5

 

以上の理由から、糖質制限を継続中の私は、おかずは肉や魚などたんぱく質をしっかり摂ります肉や魚

 

そして、主食は好物のさぬきうどんの代わりに、たんぱく質が豊富な大豆麺を食べるようにしています。

 ↓ ↓ ↓

大豆麺ソイドルで糖質制限の効果をアップする方法とは!?

↓ソイドルの公式ページ↓

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質

記事を読む

糖質制限ダイエットのメカニズム|インスリンと肥満の関係・太らない方法は?

近年、短期間で痩せると注目を集めている糖質制限ダイエットですが、 あなたは、糖質の摂取を制限すると

記事を読む

カロリー制限で体重が減らない理由は?栄養不足による現代型栄養失調とは?

ダイエットと聞いてまず思い浮かべるのが「カロリー制限」ではないでしょうか。 「ダイエットにはカ

記事を読む

糖質制限で食べれるご飯の量は?厳しい制限は危険か?実践上の注意点は?

昨今、糖質制限のダイエット効果が認められてきて、実践される方が増えてきました。 でも、1日1回

記事を読む

ラーメン+ ご飯 のカロリーと塩分のとりすぎに注意!その対策は?

サラリーマンのランチメニューとして、ラーメンも人気があります。 ラーメン店や中華料理店の中には

記事を読む

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

酢はダイエットに効果あるか? 酢は昔から魚介類、肉、野菜、さまざまな食品と相性がよく、料理の味を引

記事を読む

糖質制限ダイエットの リバウンド理由は?糖質過剰摂取の症状は?注意点は?

ご飯、パン、麺類、砂糖などの「糖質」をできるだけ控えて、肉、魚、豆腐などから「たんぱく質」と「脂質」

記事を読む

カロリーに対する栄養学の変化は?ロカボ食とは?ゆるい糖質制限の効果は?

ロカボは北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟先生が提唱している糖質制限食の一種です。

記事を読む

牛丼の塩分量は?塩分の取りすぎでどうなる? おすすめの食べ方は?

糖質制限ダイエットでは、ごはんの多い丼ものは要注意食品とされており、牛丼も例外ではありません。

記事を読む

人間のエネルギー源は解糖エンジンからミトコンドリアエンジンへの移行するとは?

車は、ガソリンをのエネルギー源として動きますが、私達、人間の体は何をエネルギー源として動いているので

記事を読む

食事制限 ダイエットで痩せないわけは?腸内細菌と肥満や健康との関係は?

ダイエットは、女性の永遠のテーマですね。 また働き盛りの男性にと

老化を促す原因とは?老化スピードを遅らせるには?肉の老化防止効果 とは?

  既にご紹介しました以下の記事 熱中症予防の根

コレステロール値について|病気との関係は?適正値とは?高いことの影響は?

中高年になると、「コレステロール値が高いから肉は食べない」という方が多

たんばく質食品の中で肉が最良の理由|良質脂質と必須アミノ酸が全て摂れるから?

  中高年が老化を早めないためには、筋肉や骨のたんばく

肥満と腸内細菌の深い関係とは?マウス実験の論文では?肥満を解消できる?

太るよりはやせたい、やせてカッコよく、きれいにみせたいという人が、とく

→もっと見る

PAGE TOP ↑