地中海食とは?ダイエット法の効果を比較すると?最強のダイエット食は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回の記事で地中海食の健康効果とダイエット効果が有効であることをご紹介しました。
とくに、炭水化物好きで糖質制限を継続できない方にとって、炭水化物を食べても良い地中海食は魅力的ですね。

今回は、糖質制限食、脂質制限食、地中海食の3つのダイエット食の効果を比較した「ダイレクト研究」の結果をご紹介し、

最強のダイエット食はどれかを考察してみました。dairect-test

地中海食とは

2地中海食地中海食とはその名の通り、地中海沿岸諸国で昔から食べられている伝統食。

オリーブオイルを用いて、野菜、豆、パスタ、魚介類など自然の食材を生かす料理です。

日本では地中海食の知名度はまだ低いのですが、世界的にはリバウンドの少ないダイエット食として注目されています。

とくに肥満の増加が社会問題となっている先進諸国では、地中海食がちょっとしたブームです。

本物の高品質オリーブオイルはこちら
↓ クリック ↓

地中海食もユネスコの無形文化遺産

2013年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)によって和食の無形文化遺産登録
が決まりましたが、「地中海料理」は2010年、ひと足先に登録されています。

地中海食がダイエット法として注目される理由

地中海食が近年になって注目されてきたきっかけは、2008年に権威ある米医学専門誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に掲載された「ダイレクト研究」によります。

「ダイレクト研究」とは?

この研発では、次の3つのダイエット法の効果を2年間にわたって比較しました。

◎地中海食(女性1日1500kcal、男性1800kcalの力ロリ-制限)

◎低脂肪食(女性1日1500kcal、男性1800kcalの力ロリ-制限)

◎低糖質食(力ロリ-制限なし。最初の2か月は1日20gに糖質制限。3か月目からは糖質制限を緩めて1日120gに)

322人の肥満のイスラエル人(86%は男性)を3つのグループに分け、体重の変化や血中コレステロール値の変化などを調査しました。

すると、次のような減量効果が出ました。ダイレクト研究

ダイエット法の減量効果の比較結果は?

減量効果の比較
◎地中海食 女性6.2kg減、男性4.0kg減

◎低脂肪食 女性0.1kg滅、男性3.4kg減

◎低糖質食 女性2.4kg減、男性4.9kg減

いずれのグループでも減量効果は認められましたが、女性で減量効果がいちばん高かったのは地中海食、男性では低糖質食という結果になりました。

 

地中海食も糖質制限食とともに有効?

この結果は、このところ日本でもブームとなっている糖質制限食(低糖質食)の有効性を示したものとして脚光を浴びています。

tositudiet2糖質制限食とは、食事の摂取カロリーを制限するのではなく、ご飯、パン、麺類、スイーツなどに含まれる糖質の摂取を制限してやせようというメソッド。

アメリカのアトキンス医師が広めたことから「アトキンスダイエット」 とも呼ばれています。
日本でもここ数年、「糖質制限ダイエット」や「糖質オフダイエット」などと呼ばれ、実践する人が増えています。

しかし、一方でこの研究が明らかにしたのは地中海食のダイエット効果の優位性です。

女性で断トツの効果を上げていますし、男性でも低糖質食との成績の差はわずかに0.9KGにすぎないからです。

地中海食こそが最強のダイエット食?

継続可能性を評価すると

そして、見すごしがらなポィントがもうひとつあります。
それは低糖食(≒糖質制限食)は続かない人が多いという事実です。

3つのダイエットのいずれかを2年間継続できた人の割合は次の通りです。

◎地中海食 85.3%

◎低脂肪食 90.4%

◎低糖質食 78.0%

低糖質食の継続率は78%ともっとも低く、22%の人がダイエットが続けられなくなって挫折しています。

低糖質食はご飯、パン、麺といった主食を制限します。

しかし、こうした主食は幼い頃から習慣的に食べてきたものなので、それを制限する低糖質食が長続きしない
のは当然かもしれません。なにより糖質はおいしいですからね。地中海食ダイエット

その点、パスタや玄米など糖質を適度にとる地中海食は続けやすいという長所があります。

どんなに効果的なダイエットも続かないと意味がないですから、地中海食こそが最強のダイエット食なのです。

ダイエットアドバイザーの考察

abata_5

今回は炭水化物を食べながらやせられる! 地中海式 世界最強の健康ダイエット (SB新書) オリーグァ内科クリニック院長の横山淳一氏著を参考に「ダイレクト研究」の結果をご紹介しました。

同書によると「ダイレクト研究」結果から
・糖質制限食と同様に地中海食もダイエット効果が有効である。
・炭水化物を食べても良い、地中海食のほうが糖質制限食よりも継続しやすい。
点を強調して地中海食こそ最強のダイエット食だと結論づけています。

なお、糖質制限食は糖尿病の食事療法から発展したもので、糖尿病治療目的では、糖質制限の方が有効であることは明らかです。
また、ダイエット目的の糖質制限食は、炭水化物好きの日本人にとって当初は継続困難なものであったことは事実ですが、最近はロカボと言われるゆるい糖質制限も出現するなど、糖質制限のやり方も柔軟で多彩なものになってきました。
さらに、糖質制限の普及とともに、それを支援する様々な補助食品も出回り、継続しやすくなりました。

従って、糖質制限食か地中海食かという二者択一ではなく糖質制限中でも、炭水化物を食べたければ、美味しい地中海食を取り入れればよいでしょう。
そうすれば、糖質制限食+地中海食 で選択肢が増え、ダイエッターの満足度も高まり、継続しやすくなるのではないでしょうか。

なお、糖尿人である私はすっきりフルーツ青汁などの補助食品を糖質制限ダイエットに組み合わせてストレスなく継続していますが、今後は地中海食もメニューに取り入れたいと思います。

faojiru.s

 

「すっきりフルーツ青汁」の公式サイトはこちらから
↓ ↓ クリック ↓ ↓
「すっきりフルーツ青汁でやせる」の罠?購入前に知るべき事とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ココナッツオイル ダイエットで中性脂肪を減らし便秘解消もできる訳は?

肥満は、いろいろな病気の原因となります。 ココナッツオイルは肥満を解消するダイエットや便秘に効

記事を読む

太らない体作りを意識するには?味付けは?素材の味を生かすには?

あなたがダイエットに成功しない理由の1つは、おそらく「食べ過ぎ」でしょう。 では、なぜ、あなた

記事を読む

肥満予防の食べ方とは?太る食べ方と痩せる食べ方はここが違う!

太っている人の食べかたを大づかみに見ると、ある傾向があります。 わたしたちは、この傾向から学ぶべき

記事を読む

朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」って

記事を読む

地中海食は 長寿に繋がるか?地中海食ピラミッドとは?特徴は?

前回まで、地中海食は ・健康的でダイエット効果もあること ・炭水化物を食べても良いので続けやすい

記事を読む

便秘は腸内環境悪化のサイン!腸内細菌の数や種類は?腸内フローラとは?

あなたは、1000兆個という膨大な数字をイメージできますか? 実は、コレは最近わかってきた人の

記事を読む

腹八分目の おすすめ理由は?腹八分目に抑える方法、コツは?

食べ過ぎることが太る原因であるってことは誰でも知ってる常識です。 でも、好きなものを目にすると

記事を読む

41歳でも半年で20kgダイエットに成功!その方法とは?

Koujiさん 現在42歳の男性会社員ですが、去年ダイエットをして半年で約20kg痩せてダイエット

記事を読む

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思います。 極端な食事制限の後

記事を読む

糖質制限は女性に嬉しい効果が沢山!その効果とは?

糖質の高い食べ物を制限するというと、一見お菓子などに含まれる砂糖等を抑えればいいだけと考えてる方も多

記事を読む

腸内フローラの最適バランスとは?腸内細菌の数や種類は?善玉 悪玉 日和見とは?

  日本人の腸管は、成人で10メートル近くもの長さがあ

ラクトフェリン サプリの口コミ|ダイエット効果は?免疫力アップした?老化防止は?

健康的なスタイル美人になるため体の内側からスッキリを目指せるサプリとい

ラクトフェリン サプリの口コミ|「ラクトフェリン+乳酸菌」との出会いとその効果とは?

記事:ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方

「ラクトフェリン+乳酸菌」の効果|ラクトフェリン、ビフイズス菌、フェカリス菌の相乗効果とは?

これまで、善玉菌、悪玉菌を含め、100兆個いるといわれる腸内の細菌の中

ビフィズス菌の効能とは?乳酸菌との違いは?ビフィズス菌を増やす方法とは?

日本で売り出されているヨーグルトは7500種類以上もあり、ビフィズス菌

→もっと見る

PAGE TOP ↑