地中海食は 長寿に繋がるか?地中海食ピラミッドとは?特徴は?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

[ 広 告 ]

前回まで、地中海食は
・健康的でダイエット効果もあること
・炭水化物を食べても良いので続けやすいこと
をご紹介しました。

今回は、そんな地中海食が脚光浴びだしたきっかけ、ピラミッド図、特徴などをご紹介します。

地中海食を食べれば長寿に繋がるか?

地中海食4122歳まで生きて人類史上もつとも長生きをした人物として知られる女性、ジャンヌ・カルマンさん(1875~1997年)は、地中海に面した南フランスのアル
ルで生涯を過ごしました。

生前の彼女は長寿の秘訣を問われて「アルルの空気とオリーブオイル」と答えています。

また112歳まで生きて、かつての男性長寿世界一記録を持っていたアントニオ・トッデさん(1889~2002年)は、やはり地中海に浮かぶイタリア・サルデーニァ島の出身。

生前のインタビューでトッデさんは長寿の秘訣を「パスタと野菜スープ、毎日1杯のワイン」と語っていました。

この長寿お二人の発言に出てくるオリーブオイル、パスタ、野菜スープ、ワインこそ、地中海食のポイントなのです。

 

本物の高品質オリーブオイルはこちら
↓ クリック ↓


 

 

地中海食が脚光を浴びるきっかけは?

MEDITERRANEAN WAY地中海食が世界的に知られるようになったのは、1950年代に入ってからのこと。

アメリカの著名な栄養学者アンセル・キーズ博士らが主体となって始めた「世界7か国共同研究」により、

地中海沿岸諸国では心臓病による死亡率が北ヨーロッパやアメリカと比べて3分の1以下だとわかったのです。

その後、キーズ博士は南イタリアで暮らし、南イタリアを中心とする地中海沿岸諸国の食事の素晴らしさに開眼。

1975年に上梓した 『How to EAT WELL ANDASTAY WELLTHE MEDITERRANEAN WAY』という本がベストセラーとなり、
地中海食が世界的に脚光を浴びるきっかけとなりました。

なおキーズ博士は、その後も地中海食を実践して100歳で天命をまっとうしました。

地中海食のピラミッドとは?

地中海食ピラミッド地中海食は、右の図のようなピラミッドで示されます。

このピラミッドでは、頂点にある食べ物がいちばん重要だと誤解きれがちですが、
地中海食のピラミッドは底辺にいくほど頻度と摂取量が多く重要なものです。

毎日食べるのは、穀類、イモ頬、野菜、果物、豆類、ナッツ類、オリーブオイル、
ナチュラルチーズ、ヨーグルト。

週に数回食べるのは、魚介類、鶏肉、卵、甘味。

そして月に数回食べるのが脂肪分の少ない赤身肉。

この他、日々の運動と適量のワインがこれに加わります。

 

地中海食の特徴は?

地中海食の特徴地中海食は、南イタリアやギリシャといった地中海沿岸諸国に住んでいなくても、日本でも気軽に食べられるものばかりです。

穀物や魚介類を多く食べるなど和食に憤れ親しんだ日本人でも実践しやすいという利点もあります。

地中海食は、その土地の伝統的な食文化や食材を生かした「スローフード」の代表的存在で、ビジネスとしてどの土地でも画一的で安価な食事を提供するファストフードの対極にあります。

abata_5前回の記事でもご提案しましたが、糖質制限ダイエットが続けられない方にとってダイエットと健康長寿に役立ち、しかも継続しやすい地中海食メニューは素敵な選択肢ではないでしょうか?

地中海食のポイントであるオリーブオイルを購入するならこちら

本物の高品質オリーブオイル
↓ クリック ↓


 

 

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】DHA&EPAサプリの比較!どれがいい?みやびvsマイケアvsきなりの魅力とは?

関連記事

[ 広 告 ]
高カロリーだと太るは嘘か?正しい糖質制限=ケトジェニックダイエットとは?

近年、欧米のスーパーモデルやセレブリティの影響か、日本でも栄養バランス

ケトジェニックダイエットとは?その4つのルールとすばらしい効果とは?

近年、流行っている糖質制限ダイエット。 メリットもあるがやり方に

糖化が老化促進を招く!老化の原因である 糖化を予防する方法とは?

あなたは、「食べると癒される」「疲れがとれる」 といって、とっても甘い

コラーゲンの生成にビタミンCとは? 不足の症状は?損失を防ぐ摂取方法は?

前回の記事: コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果

コラーゲンの美肌効果とは?効果的な摂取方法は?効果のあるサプリメントは?

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。 昨今、コラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑