和食は太りやすい?食品のGI 値とは?寿司、ラーメン、カレーライスは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

和食は太りやすい?

和食はヘルシーフードとして世界的に人気を博していますが、専門的に評価すると栄養バランスが決していいとはいえないメニューも多く、なかには評判とは裏腹に太りやすいメニューも少なくありません。

ここでは、日本人の好きな代表的なたべものである、寿司、ラーメン、カレーライスについて、GI: グリセミックインデックス
という指標を用いてそれぞれの太りやすさを検証します。

GI:グリセミックインデックスとは

GIとは「グリセミック・インデックス」の略。

koketo血糖値の上昇の度合いを数値化したもので、カナダ・トロント大学のジエンキンズ博士らが1981年に提唱した概念です。

同じ糖質でも、食品の種類や調理法、精製度などによって、食後に血糖値が上昇するスピードには差があります。

食品中に含まれている糖質が体内でブドウ糖になり、血液中に出てくるまでのプロセスに違いがあるからです。

GIは、ブドウ糖50gを摂取したときを100として、各食品に含まれる50gの糖質を摂取したときの血糖値の上昇度合いを表します。

GIが高い食品ほど食後の血糖値の上昇は急激になり、インスリンが過剰に分泌されて太りやすいということです。

逆にGIが低い食品ほど、食後の血糖値の上昇は緩やかになり、インスリンの過剰分泌が避けられるので太りにくくなります。

主な食品のGI 値は?

【パン】フランスパン95 ベーゲル72 食パン70 全拉粉パン69 クロワッサンの67 ライ麦パン65 マフィン62
【米】精白米(日本米)88 玄米55
【パスタ】リングイネ46 カベリーニ45 マカロニ45 スパゲティ(通常のもの)41 スパゲティ(全拉粉)37 フエツトチーネ32
【麺類】うどん85 そば59
【豆類】空豆79 ヒヨコ豆33 レンズ豆29 インゲン豆27 大豆18
【野菜・イモ類】ジャガイモ(焼き)85 カボチャ75 ビート64 スイートコーン55 サツマイモ54
【果物】スイカ72 パイナップル66 パパイヤ58 オレンジジュース57 バナナ53 オレンジ43 リンゴジュース41 洋梨36 リンゴ36 グレープフルーツ25 サクランボ22
【ナッツ類】アーモンド30 クルミ18 ピーナッツ14 

寿司、ラーメン、カレーライスのGIは?

寿司のGIは?

susi

寿司に用いるのは白いご飯(精白米)ですから、玄米よりもGlが高く、肥満の元凶となるインスリンの過剰分泌を招きやすくなります。

寿司のシャリでは白米に酢と塩を加えて酢飯をつくりますが、お店によっては砂糖を加えることが多いのでGIはさらに高まります。

日本人の好きな食べ物として上位にランクインするラーメンとカレーライスも太りやすいです。

ラーメンのGIは?

ra-menラーメンの中華麺は地中海食の乾燥パスタよりもGlが高く、血糖値を上げやすいです。

ラーメンのスープには動物性脂質も塩分も多く含まれています。

インスタントラーメンやカップ麺の大半は麺を一度揚げているので、少量でもカロリー過多になりやすいので注意が必要です。

カレーライスのGIは?

katukareカレーライスは明治期以降に登場した洋食の範疇に入りますが、本場インドのカレーライスとは別物で、英国海軍の船員食であったビーフカレーが原点。

日本版カレーライスは、海外では和食として受け入れられています。

カレーライスにも、寿司と同じく白いご飯を使いますからGIは高くなります。しかも、カレーは油脂が多くて高カロリー。

一生懸命かまなくても食べられるファストフードなので、早食いと過食を誘発しやすいという欠点もあります。

カレーライスのトッピングにトンカツやコロッケなどを追加すると、1皿で1000kcalをゆうに超えてしまいます。

ダイエット中、カツカレーなどには手を出してはならないのです。

ダイエットアドバイザーのコメント

abata_5

和食はヘルシーというイメージが先行していますが、日本人が好きな寿司、ラーメン、カレーライスは食後血糖値の上昇を抑える、糖質制限では好ましくありませんね。
でも、麺好きの私は補助食品である大豆麺ソイドルを利用してストレスなく糖質制限を継続しています。

大豆麺ソイドルが糖質制限の強い味方とは?
 

ソイドル

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁が美味しいわけは?安全性は?美容効果の秘密とは?

関連記事

食べる量が減ったのに太るわけは?朝食抜きが肥満の原因?時間 栄養学への変化とは?

飽食の時代といわれる現代ですが、実は以前に比べて食べる量が減っているという事実をご存じでしょぅか?

記事を読む

大豆タンパク質のダイエット効果とは?健康効果は?「スーパー発芽大豆」の口コミは?

あなたは、大豆製品を食べればダイエットに効果があるってことをご存知ですか? このブログでも以下

記事を読む

アミノ酸ってどんなもの?タンパク質との結合・構成の関係は?その定義は?

既にご紹介しました記事:必須アミノ酸をバランス良く摂ろう!アミノ酸の分類は?筋力維持にBCAAが有効

記事を読む

和食の焼き魚と地中海食の魚グリル|健康によいのはどちら?

世界でも有数の長寿国である日本、一方、地中海沿岸諸国も長寿国が多い。 今、健康やダイエットに優

記事を読む

体内時計をつかさどる時計遺伝子とは何か?その働きとは?リセット方法とは?

既に確認したように、「少食なのに太ってしまう」という不思議な現象が解明されたのは、「時計遺伝子」 の

記事を読む

食後高血糖が危険!糖尿病3大合併症、動脈硬化、ガンの原因は?

糖尿病とガンが密接な関係にあることがわかってきました。 そして、前回、ご紹介した悪しき生活習慣

記事を読む

糖質制限では脂質=悪者は嘘?摂るべきおすすめの脂質とは?

糖質制限食では糖質の摂取減らし、脂質を効率的に使えるカラダにします。 従って、従来からの常識、脂質

記事を読む

炭水化物を食べても痩せる?血糖値の上昇を抑える食べ方、食べて良いもの悪いものは?

炭水化物を食べても痩せる食生活とは? 日本人の食生活はもともと、炭水化物が多い傾向にあります。

記事を読む

でんぷん、タンパク質、脂肪の消化吸収のしくみとは?

わたしたちが食べたものは、どんなしくみで消化され、吸収されるのでしょうか。 じつは、食品の消化・吸

記事を読む

動物性油脂=不健康 説の根拠は?「植物性油脂の方が健康に良い」に疑問あり?

脂質・脂肪酸の種類と働きについては既に、以下の記事で確認し「脂質を食べたら太る」が大きな誤解であるこ

記事を読む

活性酸素の重大な害=がんを防ぐ食べ物とは?活性酸素が増加する原因は?

  記事 テロメアって命の回数券?活性酸素の悪影響を減

パンと ご飯の違い?パンの危険性とは?同じ力ロリーだと交換できるの嘘とは?

食品交換表を用いたカロリー制限による糖尿病の食事療法の最大の欠陥は、食

肥満の本当の原因は?カロリー表示があてにならない、計算が意味ないとは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

栄養素が加熱で壊れる?非加熱食品が慢性病の3大原因を防ぐとは?

あなたは、非加熱食品と加熱食品で栄養価値が異なることをご存知ですか?

加熱食の過食が病気を招く!酵素食の効果とは?加熱食対生食の理想は?

火食とは加熱食のことで、人類は火食を覚えて病気を貰った、と云われていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑