オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。

ここではなぜオリーブオイルが他の植物油に比べてすぐれているのか?について、

まず、コレステロールの意味と運び屋である「リポタンパク」のはたらきを確認したうえで、

動脈硬化の進行を抑止してくれるオリーブオイルのオレイン酸の健康効果を紹介します。

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果は?

オリーブオイルに含まれるオレイン酸の健康効果として見逃せないのは、体内のコレステロールの代謝に好影響をもたらす点です。

コレステロールとは?

%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%90コレステロールは人体に60兆個もあるといわれる細胞の膜や、人体のさまざまな機能を調整しているホルモンの原料になります。

このようにコレステロールは人体に必須“なものなので、肝臓で日々つくられています。

一般的にコレステロールは悪玉扱いされがちですが、それは大きな誤解なのです。

体内のコレステロールのうち、食事からとり入れるコレステロールは20%ほど。残りの80%は肝臓でつくられています。

水と油がまぎり合わないように、コレステロールは、そのままでは血液となじみません。

そこでコレステロールは「リポタンパク」というタンパク質の”運び屋”にとり込まれ、血液の流れに乗って運ばれます。

リポタンパクの種類とは?

%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab1この運び屋には大きさや比重などが違ういくつかの種類があります。

皆さんは健康診断などの血液検査結果で、「LDLコレステロール」や「HDLコレステロール」の値を目にしませんか。

この「LDL」 「HDL」というのが運び屋であるリポタンパクの種類です。

コレステロールを肝臓から体中の細胞に運ぶのがLDL(低比重リポタンパク)。

逆に細胞からコレステロールを回収して肝臓へ運ぶのがHDL(高比重リポタンパク)。

俗にLDLは「悪玉」、HDLは「善玉」といわれますが、運び屋であるリポタンパクの種類が違うだけで、中身のコレステロールはまったく同じものです。

「動脈硬化」の原因は?

LDLが増えすぎてHDLが減りすぎると、血管内に留まるコレステロールが増えてきます。

血管内に留まったコレステロールが活性酸素で酸化されてしまうと、「動脈硬化」の引き金(原因)となります。

動脈硬化とは心臓から血液を全身に運んでいる動脈の柔軟性が落ち、分厚くなって血管の内腔が狭くなった状態のこと。

動脈硬化が心臓で生じると心臓病、脳で生じると脳卒中のリスクが高まります。

%e3%82%a2%e3%83%86%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a0%e6%80%a7%e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96血液中には有害物を処理するために白血球が常時パトロールしています。

酸化されたコレステロールは有害物と見なされ、白血球の一種である「マクロファージ」によって食べられます。

それでも動脈壁内にコレステロールがたまってしまうと、それが粥状の膨らみ(アテローム)となり、血管の内腔が挟まって血液の流れが悪くなります。

これを「アテローム性動脈硬化」と呼びます。

そして、粥状の膨らみがなんらかのはずみで破裂すると、たちまち血の塊(血栓)が生じて動脈が詰まり、恐ろしい心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすのです。

オレイン酸の働きとは?

「人は血管とともに老いる」という名言もあるように、動脈硬化が起こると老化が一気に進みます。

%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%b3%e9%85%b8動脈硬化は加齢とともに徐々に進行しますが、オリーブオイルのオレイン酸はコレステロールの代謝を正常に整えて、動脈硬化にブレーキをかけてくれます。

海外の大規槙な調査により、オレイン酸の摂取は血液中のHDLを減らさずに、LDLの値を上げることがわかっています。

その結果、動脈硬化の進行を抑止してくれるのです。

他の植物油の大半に含まれているリノール酸にもLDLの値を下げる働きがありますが、こちらはHDLも同時に減らしてしまうのです。

従って、他の植物油よりやはりオリーブオイルのほうが効果的なのです。

 

動脈硬化にブレーキをかけるオリーブオイルを購入するならこちら
↓  ↓  ↓


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

腸内環境の悪化で起こる異常とは?便秘、肌荒れ、肥満になる?

腸内環境を整えることは便秘を解消して肥満や肌荒れを防ぐだけではなく、私たちの健康に大きく関わっている

記事を読む

肥満と姿勢の関係|肥満は姿勢の悪さが招く?姿勢を改善する方法は?

肥満と姿勢の関係は? 筋肉は、使わないでいると20代前半の早い時期から衰え始めます。 特に、

記事を読む

朝食抜きは太る!体内時計をリセットし活動モードに変える食事とは?

「あ、今日はもう時間がない!」。あわてて飛び起きて、駅にダッシュする。 「昨日の酒が残って食欲

記事を読む

和食は太りやすい?食品のGI 値とは?寿司、ラーメン、カレーライスは?

和食は太りやすい? 和食はヘルシーフードとして世界的に人気を博していますが、専門的に評価すると栄養

記事を読む

「モリチン」の乱れが便秘の原因?改善する方法は?胃腸のホルモンの種類は?

  前回の記事 『デトックスのダイエット 効果は?メンタル的には?便秘解消が1

記事を読む

食後高血糖が危険!糖尿病3大合併症、動脈硬化、ガンの原因は?

糖尿病とガンが密接な関係にあることがわかってきました。 そして、前回、ご紹介した悪しき生活習慣

記事を読む

ロカボではスイーツもOK?低糖質レシピもおすすめ?人工甘味料の危険性は嘘?

従来のダイエットでは、とかくスイーツは日の敵にされていました。 油やバターなどがたっぷり使われ

記事を読む

酢のダイエット効果とは?糖質の吸収は?脂肪燃焼を促進するか?

酢はダイエットに効果あるか? 酢は昔から魚介類、肉、野菜、さまざまな食品と相性がよく、料理の味を引

記事を読む

セカンドミール効果と朝食の関係は?食後高血糖が昼食、夕食へと波及?改善するには?

前回は、糖質制限の共通の悩みに徹底的に向き合って開発された【糖質スリム】というサプリメントをご紹介し

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

加齢につれ不足する栄養素:肉の健康的な食べ方・血糖値の上昇を抑える食べる順序は?

以下の記事でもお伝えしましたが、私たちの体は、若い時期の「子作りのため

ヨーグルトって整腸 効果なし?あり?プロバイオテイクス+プレバイオテイクスの効果とは?

私は毎朝、100gぐらいのヨーグルトを食べています。 ヨーグルト

善玉菌だけでは健康になれない?日和見菌を増やす納豆のネバネバ 効果とは?

  前回は日本の伝統食である味噌に含まれる善玉菌による

腸内細菌のバランスを整えるポイントは?発酵食 味噌の効果とは?

近年、腸内細菌に関する研究がさまざまな分野で、多くの研究者によって進め

腸内細菌でうつを治療できる?タンパク質を合成する?健康への影響は?

年々深刻化しているうつ病。 日本ではその患者数が増え続け、毎年3

→もっと見る

  • コーヒーでメラメラパワーをGET! エクササイズコーヒーの初回定期コース 新登場!
PAGE TOP ↑