オリーブオイルのオレイン酸の健康効果|動脈硬化の原因を取り除く働きとは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

前回までで、地中海食で多用するオリーブオイルが健康ダイエットに優れていることをご紹介しました。

ここではなぜオリーブオイルが他の植物油に比べてすぐれているのか?について、

まず、コレステロールの意味と運び屋である「リポタンパク」のはたらきを確認したうえで、

動脈硬化の進行を抑止してくれるオリーブオイルのオレイン酸の健康効果を紹介します。

オリーブオイルのオレイン酸の健康効果は?

オリーブオイルに含まれるオレイン酸の健康効果として見逃せないのは、体内のコレステロールの代謝に好影響をもたらす点です。

コレステロールとは?

%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%90コレステロールは人体に60兆個もあるといわれる細胞の膜や、人体のさまざまな機能を調整しているホルモンの原料になります。

このようにコレステロールは人体に必須“なものなので、肝臓で日々つくられています。

一般的にコレステロールは悪玉扱いされがちですが、それは大きな誤解なのです。

体内のコレステロールのうち、食事からとり入れるコレステロールは20%ほど。残りの80%は肝臓でつくられています。

水と油がまぎり合わないように、コレステロールは、そのままでは血液となじみません。

そこでコレステロールは「リポタンパク」というタンパク質の”運び屋”にとり込まれ、血液の流れに乗って運ばれます。

リポタンパクの種類とは?

%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab1この運び屋には大きさや比重などが違ういくつかの種類があります。

皆さんは健康診断などの血液検査結果で、「LDLコレステロール」や「HDLコレステロール」の値を目にしませんか。

この「LDL」 「HDL」というのが運び屋であるリポタンパクの種類です。

コレステロールを肝臓から体中の細胞に運ぶのがLDL(低比重リポタンパク)。

逆に細胞からコレステロールを回収して肝臓へ運ぶのがHDL(高比重リポタンパク)。

俗にLDLは「悪玉」、HDLは「善玉」といわれますが、運び屋であるリポタンパクの種類が違うだけで、中身のコレステロールはまったく同じものです。

「動脈硬化」の原因は?

LDLが増えすぎてHDLが減りすぎると、血管内に留まるコレステロールが増えてきます。

血管内に留まったコレステロールが活性酸素で酸化されてしまうと、「動脈硬化」の引き金(原因)となります。

動脈硬化とは心臓から血液を全身に運んでいる動脈の柔軟性が落ち、分厚くなって血管の内腔が狭くなった状態のこと。

動脈硬化が心臓で生じると心臓病、脳で生じると脳卒中のリスクが高まります。

%e3%82%a2%e3%83%86%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a0%e6%80%a7%e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96血液中には有害物を処理するために白血球が常時パトロールしています。

酸化されたコレステロールは有害物と見なされ、白血球の一種である「マクロファージ」によって食べられます。

それでも動脈壁内にコレステロールがたまってしまうと、それが粥状の膨らみ(アテローム)となり、血管の内腔が挟まって血液の流れが悪くなります。

これを「アテローム性動脈硬化」と呼びます。

そして、粥状の膨らみがなんらかのはずみで破裂すると、たちまち血の塊(血栓)が生じて動脈が詰まり、恐ろしい心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすのです。

オレイン酸の働きとは?

「人は血管とともに老いる」という名言もあるように、動脈硬化が起こると老化が一気に進みます。

%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%b3%e9%85%b8動脈硬化は加齢とともに徐々に進行しますが、オリーブオイルのオレイン酸はコレステロールの代謝を正常に整えて、動脈硬化にブレーキをかけてくれます。

海外の大規槙な調査により、オレイン酸の摂取は血液中のHDLを減らさずに、LDLの値を上げることがわかっています。

その結果、動脈硬化の進行を抑止してくれるのです。

他の植物油の大半に含まれているリノール酸にもLDLの値を下げる働きがありますが、こちらはHDLも同時に減らしてしまうのです。

従って、他の植物油よりやはりオリーブオイルのほうが効果的なのです。

 

動脈硬化にブレーキをかけるオリーブオイルを購入するならこちら
↓  ↓  ↓


【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

短時間のウォーキングで効果ある?おすすめの方法は?スマホで歩数をカウントしよう!

内臓脂肪を落とすために欠かせないのは、まずは食生活の改善、そして運動です。 ただ、「一念発起し

記事を読む

太る油と太らない油がある!ダイエットには高品質オリーブオイルがおすすめとは?

太る油・太らない油とは? 「油は太る」と思いがちですが、油の種類によって成分はかなり違います。

記事を読む

肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ!脂質の代謝過程からわかる事は?

肥満の原因は脂質の摂り過ぎではなかった。 高脂質の食事を続けたら肥満になってしまう? 「糖質制限

記事を読む

ダイエット中のアルコールの影響は?適量とは?守るコツは?

「アルコールは体脂肪に変わりにくい」「ごはんはアルコールで摂る」…… 酒好きは、自分で勝手に理屈を

記事を読む

冷や ご飯 ダイエットとは?保温式弁当箱はNG?冷えた おにぎりは?

糖質制限がダイエットに有効である事はわかっていても、ごはん好きのあなたは「痩せることはできない」と思

記事を読む

空酒は体に悪いか?食べる順番は野菜から?太らないおつまみは?

前回の記事で、内臓脂肪を落とすにはお酒の飲み過ぎを予防する方法をご紹介しました。 ⇒お酒のカロリー

記事を読む

炭水化物を食べても痩せる?血糖値の上昇を抑える食べ方、食べて良いもの悪いものは?

炭水化物を食べても痩せる食生活とは? 日本人の食生活はもともと、炭水化物が多い傾向にあります。

記事を読む

ダイエットに適した食べものとは?

ダイエット中だといっても、なにがなんでもカロリーを減らせばいいというわけではあ りません。 とく

記事を読む

内臓脂肪型肥満が原因で起こる病気は?メタボリック・ドミノの進行は予防できるか?

糖尿病が病気であることは分かりますが、メタボ、すなわち肥満が何故、病気なのでしょうか? まだ理

記事を読む

リバウンドの繰り返しは痩せにくい体に!食べないダイエットの悪影響とは?

ダイエット中は痩せたがダイエットを中断するとまもなく元の体重に戻ってしまった。 このような、いわゆ

記事を読む

脂質の役割とは?「油脂は太る」は嘘?糖質のとり過ぎこそ諸悪の元凶とは?

肥満は、下図のドミノに見るようにさまざまな生活習慣病につながります。

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

→もっと見る

PAGE TOP ↑