好きなものを食べる ダイエットとは?食べるタイミングと食べ過ぎに注意!

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

himan4

太っている人でダイエットに挫折してしまう理由として、「好きなものが食べられなくなるから」という人がいます。

でも、それは言い訳です。

実は、好きなものを食べてもできるダイエットのやり方があるのです。

ここでは、そんなダイエットを成功させるためのちょっとした注意点をご紹介します。

好きなものを食べる ダイエットとは?

himan-horumon

これはダイエットは我慢が当たり前という思い込みです。

実は、そう思っている人ほど、ダイエットを始めてすぐに挫折してしまうことが多いのです。

「食べたいものをグッとガマンする」…

短期問ならそれこそ根性で頑張れても、我慢しつづけることはできません。

確かに、ダイエット中にできれば食べないほうがいい食べ物はありますが、食べてはいけない食品はありません。

ダイエット中でもちょっとした注意で上手に好きなものを食べることができます。

ではちょっとした注意って何なんでしょうか?

 

ダイエット中は食べるタイミングに気をつける?

ダイエットの敵といわれているのはスナック菓子、ケーキ、大福、アイスクリーム、チョコレート、クレープ、シュークリーム、クッキー、あんパンなどです。

これらのおやつ類ももちろんダイエット中なので無制限というわけにはいきませんが、食べるタイミングに気をつけることで、解決できます。

taiming食後すぐに食べるのは避けてください。

なぜなら、食後、血糖値が上昇しているところにさらに血糖値を上げるものを食べると、肥満ホルモンとも言われるインシュリンの過剰分泌を招くからです。

したがって、おやつやデザートは食後すぐではなく、食後に上昇した血糖値が空腹時に戻る2時間半から3時間前後なら食べても大丈夫です。

血糖値が下がった後なら、おやつのスイーツも食べられます。

 

ダイエット中は食べ過ぎには注意!

ただし、食べ過ぎを防ぐために、間食はゆっくり食べつつ10分以内で食べ終わること。

kibarasiguiだらだら食いはいけません。

さらに、ダイエット中を意識して、次の食事では間食で糖質を摂った分、主食を少し減らすなど、ちょっと意識してください。

メインの食事では、脂身が多い霜降り肉や油を使う揚げ物も食べられます。

油脂のカロリーは高いのですが、カロリーを気にするよりは、食べる分量を気にして、よく噛んで味わい、くれぐれも食べ過ぎには注意してください。

まったくNGにしないで、量を減らす。

これが好きなものを食べる ダイエットの心得です。

食べるもの(種類)よりも、食べるタイミング、食べる分量に注意することで、なんでも好きなものが食べられます。

 

ダイエットアドバイザーのコメント

似顔絵データ100
 

ここで紹介したやり方は健常者のダイエット方法です。
もし糖尿病方が食事療法で行うのでしたら、食後、血糖値を上げる糖質を含む食品は制限すべきです。
なぜならば、糖尿病の方が糖質を摂ると、インスリンの分泌が遅れたり、分泌が少なかったりして、高血糖状態が続くからです。

ちなみに、一度糖尿病になったことのある私は補助食品を上手に利用しながら糖質制限を継続中です。

現在、主食に代えて、あるいはおやつで食べている補助食品は蒸し大豆です。
↓ ↓ ↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

体内時計と睡眠、睡眠時間と肥満度の関係は?生活 リズムを整えるには?

体内時計と睡眠の関係は? 前回の記事 自律神経が乱れると太る?体内時計の乱れの原因と整える方法は?

記事を読む

マーガリンよりバターが太らない!トランス脂肪酸は危険?ショートニングも?

かつては、「バターは動物性脂質、マーガリンは植物性脂質だから、マーガリンのほうが健康的」とされていま

記事を読む

ダイエットに成功する食事のコツは?不規則な食事、夜遅い食事はどうする?

遅い夕食、アルコールとおつまみでカロリーオーバーと、ビジネスマンの食生活はおよそダイエットには不向き

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

短時間のウォーキングで効果ある?おすすめの方法は?スマホで歩数をカウントしよう!

内臓脂肪を落とすために欠かせないのは、まずは食生活の改善、そして運動です。 ただ、「一念発起し

記事を読む

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たった3日で、◎キロ減! ウエスト

記事を読む

ダイエットの目的とは?太りやすい生活をチェックして生活習慣病を予防しよう!

あなたは太りやすい生活、していませんか? ここでは、まず、ダイエットの真の目的を確認した上で、

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

メタボの腹囲基準の男女差は?内臓脂肪は女性も注意?落とし方は簡単?

前回紹介したメタボの診断基準の第1の基準である腹囲については男女差があります。 男性85センチ

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑