運動苦手でもダイエットできる?基礎代謝アップ法は?運動習慣化のコツは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

あなたは自分は運動オンチだからと言ってダイエットを諦めてはいませんか?。

「運動が苦手だからダイエットできない」というのは思い込みに過ぎません。

ここでは、運動が苦手でもダイエットできる方法をご紹介します。

キーワードは基礎代謝のアップ習慣化です。

運動が苦手でもダイエットできる?

%e9%81%8b%e5%8b%95%e8%8b%a6%e6%89%8bあなたは、自分は運動が苦手だからダイエットできないと思っていませんか?

大丈夫!実は、運動が苦手でもダイエットできます。

運動ではなく、生活のなかで活動量を増やせばいいのです。

運動と聞くと拒否反応がある人に限って、つらいとか疲れると言ったイメージを持っていますが、頑張ってハードなトレーニングをすることだけが運動ではありません。

たとえば、仕事で立ったり座ったり、通勤で歩いたり階段を上ったりなど、日常的に休を動かす活動も広い意味では運動です。

競技のために体を鍛え、心肺持久力や筋力をアップさせることも、体力維持と増進のためのトレーニングも、健康のための体力づくりも、みんな「運動」なのです。

基礎代謝をアップする方法は?

消費力ロリーの約70%は基礎代謝で使われます。

基礎代謝とは呼吸、心拍、血流、体温保持などの生命活動に必要なエネルギーです。

基礎代謝のうち、筋肉(骨格筋)の代謝は22%だけで、あとはほとんど内臓の代謝です。

kisotaisya

基礎代謝を上げるためには、筋トレにこだわらず、毎日の活動を少し増やすこと。

これだけで血流がよくなって内臓機能が高まり、基礎代謝はアップします。

ダイエットが目的ならば、それほどハードな運動は必要なく、毎日の活動量を増やすだけで十分なのです。

運動を習慣化するコツは?

%e6%97%a9%e6%ad%a9%e3%81%8d運動習憤を日常生活に組み込む場合にも、特別な運動時問をつくらなくても、自宅から駅まで歩くとき少し歩幅を広げて早歩きして時制を1分間短縮させるだけでもよいのです。

また、自宅では歯磨きやキッチンに立っているときにかかと上下運動を10回するだけでもよいでしょう。

いづれの場合も、継続は力なりで、効果はてきめんです。

そのうち慣れてきたら、駅ではエスカレーターを使わずいつも階段を利用したり、

自宅では腹筋やスクワットなどをマイペース(各5回だけでも可)で続けているうちに、

いつの問にか運動習憤がついてきます。

 

ただ、この一歩が踏み出せない人が多いのです。

あれこれ考えすぎてやらないより、まず足踏み10回でもやってみてください。

 

似顔絵データ100

 

ここではあの、カリスマブロガーのあいにゃんが衝撃の美ボディになったというダイエットサポートサプリCUTEMEと一緒に手に入る

CUTEME(キュートミー) エクササイズを動画でご紹介します。

なお、CUTEMEの購入については、コチラの記事を参考にしてください。
↓ ↓ ↓
「CUTEMEサプリの危険な罠」これだけは絶対にやってはいけません!

 

ダイエッターサポータサプリCUTEMEの公式ページは

↓↓こちらをクリック↓↓

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

ウオーキングが有酸素運動に最適!時間の目安は?効果的な歩き方は?

ちょこまか運動には、インスリンの効きをよくしたり、基礎代謝の低下を抑える「有酸素系」と、筋肉に働きか

記事を読む

40代からの老化現象サルコペ二ア肥満 とは?原因は?太らない方法は? 

あなたはメタボよりも怖いと言われるサルコペ二ア肥満をご存知ですか? サルコペ二アとは、筋肉が減

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

短時間のウォーキングで効果ある?おすすめの方法は?スマホで歩数をカウントしよう!

内臓脂肪を落とすために欠かせないのは、まずは食生活の改善、そして運動です。 ただ、「一念発起し

記事を読む

ダイエット時、運動で体脂肪は減らない?運動の効果は?健康には?

「運動すればメラメラと脂肪が燃える!」と、過剰な期待をもってはいけない。 運動だけでは、期待してい

記事を読む

ダイエットのための運動はいつやると効果的?食後or食前?リバウンド 防ぐには?

ダイエットのための運動をするとしたら、ウォーキング程度から始めるのが一番です。 では、いつやる

記事を読む

ダイエットの運動は何をすれば良い?消費エネルギーや自律神経の関係は?

ダイエット目的で運動を始めるなら、やはりフィットネスクラブに入会したほうがいいのでしょうか。 たし

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

太る原因とカロリーは?カロリー制限が継続困難な理由は?糖質制限の利点は?

前回の記事で、全ての生活習憤病の原点は、肥満であり、中年以降の肥満は、若い頃の肥満とは異なり、既に病

記事を読む

たるみ対策が必要なわけは?40代のたるみの3つの原因と改善方法は?

たるみ対策が必要なわけは? 40代からのダイエットはただ体重を落とすだけでは不十分です。 筋

記事を読む

免疫力を上げる 酵素生活とは?酵素の種類と働きは?酵素不足の症状は?

今、酵素がブームとなっています。 私たちの休の中には、必ず酵素が

三大栄養素の働きは?体は栄養素だけでは作れない?酵素が必要な理由とは?

「最近、よく『酵素』という言葉を耳にするな」と思った人もいるでしょう。

肥満の原因は?カロリー 制限で痩せないわけは?カロリー計算は意味ない とは?

肥満やメタボが世界的に増えています。 私たちが太るのは、摂取カロ

食物繊維の健康効果|水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の最適摂取バランスとは?

食べても太らないヤセ体質を手にするには、あなたの腸に住んでいるヤセ菌を

ニンジン、リンゴ、バナナの整腸作用とは?

ビフィズス菌を増やすために、前回の記事 痩せ菌を増やす

→もっと見る

PAGE TOP ↑