小太りの方が長生きって本当か?BMI判定の限界は?肥満の判定は体脂肪率で!とは?

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

%e5%b0%8f%e5%a4%aa%e3%82%8aあなたは、小太りくらいの方が長生きできるから・・・と思ってメタボを放置していませんか?

事実、新聞記事でも「小太りくらいの人の平均余命が最も長い」との記事を目にした方も多いかもしれません。

でも、それって本当でしょうか?

思い込みにすぎないのではないでしょうか?

そこで、ここではその真偽について検証しました。

小太りの方が長生きするって本当か?

厚生労働省研究班が宮城県内の40歳以上の住民約5万人を対象に調査した平均余命の研究が2009年6月に発表されました。

それによると、「40歳時点の体格によってその後の余命に大きな差があり、 太り気味の人が最も長命であることが分かった」そうです。

%e4%bd%93%e6%a0%bc%e5%88%a5%e5%b9%b3%e5%9d%87%e4%bd%99%e5%91%bd確かに、少し太り気味【過体重】の方が長生きという結果が出ていますね。

この発表によると、確かに、少し太り気味の方が長生きという結果が出ていました。
 
ここで体格は体格指数(BMI)で表現しています。

体格指数(BMI)とは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表すものです。 BMI=体重kg÷(身長mx身長m)

しかし体格指数(BMI)では体脂肪率が反映されていません。

BMI判定の限界とは?

そもそも、多様な肥満の病態を、身長と体重の関係のみに抽象して算出されるこの指数には自ずから限界があります。

体型が全く同じ相似形であっても、身長が大きくなれば、BMIはそれに比例して大きくなります。

体脂肪率は考慮されていないため、筋肉質で高体重で体脂肪率は低い場合は「肥満」と判定されます。

そして、逆に隠れ肥満のような、体脂肪率は高いが低体重である場合には「痩せ」と判定されてしまいます。

また、メタボと判定された人が運動を行って脂肪を筋肉に変えると、体重は増加し、BMIは増加して、肥満は悪化したと判定されてしまいます。

よって、肥満の判定を体格指数(BMI)だけで行うのは妥当ではありません。

これは言い換えると、肥満は見た目や体重だけで評価するのはよくないということです。です。

肥満の判定は体重ではなく体脂肪率で

%e4%bd%93%e8%84%82%e8%82%aa%e7%8e%87

肥満の判定は体重ではなく体脂肪率で行うべきです。

体重が重くても体脂肪率が低ければ肥満ではありません。

体重が軽くても体脂肪率が高ければ、かくれ肥満といって疾病リスクは高くなってしまいます。

また、体重が標準以下でも、筋肉量が極端に少なく体脂肪の比率が多い場合も同様に体への負担が増し、どちらも疾病リスクは高くなります。

体脂肪率の標準値は、成人男性14~23%、成人女性17~27%と推測できますが、男性25%以上、女性30%以上が肥満と考えられます。

見た目や体重だけではなく、体脂肪率で判定すると小太りが長生きするとは限らなくなります。

【注目記事】「すっきりフルーツ青汁」で痩せる効果的な飲み方とは?

【人気記事】すっきりフルーツ青汁で短期間で痩せる!とっておきの飲み方とは?

関連記事

太る原因は糖質!糖質制限食は主食をカットしたんぱく質と脂質をしっかりとる!

従来の常識では太る原因は摂取カロリーが消費カロリを上回ることと考えられていました。 ところが、

記事を読む

メタボの腹囲基準の男女差は?内臓脂肪は女性も注意?落とし方は簡単?

前回紹介したメタボの診断基準の第1の基準である腹囲については男女差があります。 男性85センチ

記事を読む

「ダイエット中」の勘違いとは?ダイエットと禁煙を比較すると?本当に痩せる ダイエットとは?

「ダイエット中」の勘違いとは? あなたは「今、ダイエット中だから食べられない」とか「ダイエット中は

記事を読む

肥満と姿勢の関係|肥満は姿勢の悪さが招く?姿勢を改善する方法は?

肥満と姿勢の関係は? 筋肉は、使わないでいると20代前半の早い時期から衰え始めます。 特に、

記事を読む

睡眠は時間より質!睡眠の質を高める生活習慣とは?体内時計を治すには?

睡眠は時間より質を重視すべき? 睡眠の質や時間と肥満の関係について取り上げた記事 睡眠の質と

記事を読む

有酸素運動と無酸素運動のどっち?代謝を上げるには?筋肉を増やすには?

健康的にダイエットするには運動が欠かせませんが、 ひと口に運動といっても「有酸素運動」と「無酸素運

記事を読む

朝・昼・晩。時間帯に合わせて必要な栄養を!朝はタンパク質不足、夜は糖質過剰とは?

美容あるいはボディメイクのためには、「朝・昼・晩のそれぞれのタイミングで摂ると良い栄養は異なる」って

記事を読む

太らない食べ方、順番は?ダイエットの外食は定食、野菜→おかず→主食の順が良い?

太らない食べ方、順番とは? まずは野菜。最後に炭水化物を食べるほうが太らない事がわかっています。

記事を読む

コーヒーに入れるなら砂糖よりミルク?清涼飲料水のカロリーに注意!

飲み物でなるべくカロリーを取らないのも、内臓脂肪を予防するポイントです。 たとえば、コーヒーや

記事を読む

痩せるための食品とは?肥満の原因は脂肪細胞?高タンパクは太らない?

食品の消化・吸収は、ダイエットにとってたいへん重要なことです。 ダイエットで、痩せるためにはどんな

記事を読む

サプリを続けるコツは?栄養素はグループで効く?すっきりフルーツ青汁はなぜ青汁か?

  ダイエットで食事制限をすると、体に必要な栄養素が足

タンパク質 不足の影響は?コレステロールって悪玉?不足するとどうなる?

  記事「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂って

「タンバク質」不足で老化が進む?しっかり摂っている女性は太らないとは?

毎年新しいダイエット法が話題になります。 テレビなどでは、「たっ

リバウンドの原因はストレスぎれで起こす過食?それを防止できるダイエットとは?

長年ダイエットをしてきた人なら、だれでもリバウンドの経験があると思いま

過剰な糖質が太りやすく、やせにくい体をつくる理由とは?

糖質の 摂り過ぎの現状 あなたの食事の糖質の量は? あなたは、きょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑